「蘭著待(らんじゃたい)」と「一木四銘香(いちぼくしめいこう)」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

04-ranjatai

 

 

日本最大の香木

さてさて、前回は香木の分類「六国五味」を御紹介しました。
今日は名香のお話です。

 

今日の写真御覧になって、一瞬「これはなんじゃいな?」
と思うでしょう?

 

実はこれ、正倉院にある香木なんですよ。
現在日本にある香木で最も大きいもの。
名前は「蘭著待(らんじゃたい)」といいます。

 

もっとも「蘭著待」という名前はこの香木の
雅号であって、正倉院での宝物目録の名前は
「黄熟香(おうじゅくこう)」というそうです。

 

大きさは1メートル50センチほどもあるそう。
直径は一番大きい所で37,8センチ。
重さがすごいです、11,6キログラムもあるそうですよ。

 

 

130312ginyou

 

 

 

誰かが持って行っちゃったから……

こんなに大きいのですが、それでも最初からみると
2キログラムほど、減っているといいます。

 

なぜかといえばね、権力者が少しずつ削って
持っていってしまったから。

 

権力者とは、足利義満、足利義教、足利義政、
織田信長、明治天皇らだそうです。

 

それぞれが、どの部分を削っていったか
という記録まで残っているそうな。

 

2006年の大阪大学の米田該典(よねだかいすけ)准教授の
調査により、合計36カ所の切り取り跡があることが
判明しています。

 

 

130312monkou

 

 

 

「蘭著待」って面白い形をしているね

木の中心あたりがごっそりとなくなっているのは、
権力者たちが削り取った跡ではないそうです。

 

これは香木が樹脂化していない
香木としての質が劣る部分ですので
あらかじめノミで削って中空にしているのだとか。

 

ただし、この「蘭著待」は残念ながら
一般の人は見ることができません。

 

もっとも、もしこの香木が、その辺に転がっていたら
「ボロボロの木……」と思うだけかもしれませんが。

 

それに何とも形がヘンで、まるで捕獲してきた水鳥の
木彫で作っている最中、とでもいうような感じがしませんが?
左の方がくちばしっぽくて。

 

 

130312takigara

 

 

 

「蘭著待」の中にかくれんぼ

そうそう、いい忘れてしまいました。
これが一番いいたかったことなのに……。

 

「蘭著待(らんじゃたい)」という名前のことなのです。
「蘭著待」の3つの文字を見てね。

 

「蘭」のなかには「東」という字が入っているでしょう?

 

「著」は、ちょっとわかりにくいのですが
真ん中あたりに「大」の字。

 

そして「待」はすぐわかりますね、右に「寺」の字。

 

この「蘭著待」の中に隠れていた文字をつなげると
「東大寺」となるというわけでした、終わり。

 

 

131005sougetukaikan5fsekitei          赤坂「草月会館」5階日本間

 

 

 

一つの香木に四つの名前

お次は、名香中の名香といわれるお香のお話。

 

先ほどの「蘭著待」は、名前の中に東大寺という文字が
隠れている名香でしたが、今度御紹介する名香は、
4つもの名前を持っている香木です。

 

香木は普通、一木一銘ですが、この香は
一木四銘香(いちぼくしめいこう)です。
もちろん、最上級の香りということですので「伽羅」の香木。

 

この名香と呼ばれる香木は、
17世紀に初頭に長崎に輸入されたといいます。

 

その後、いろいろありまして香木は分けられることとなり
名家三家と宮中にいくことになりました。

 

それらの名香は現在でも、それぞれのお家で
大切に守られているということです。

 

 

spring_2-250x149

細川家所蔵「白菊」
(写真/「永青文庫美術館」

 

 

 

「初音」「芝舟」「藤袴」「白菊」 

加賀前田家の所持の香木は
「初音(はつね)」と名付けました。
仙台伊達家所持の香は「柴舟(しばふね)」。

 

宮中では「藤袴(ふじばかま)」
肥後細川家、所持の香は「白菊」と
それぞれが風雅な銘をつけられました。

 

「藤袴」は「蘭」という銘だともいいますし、
四つの家にある香木の銘は、これとは違うという説もあります。

 

はっきりいって、どちらのお家にどの銘の香があるのかは
わかりませんが、どちらにしても、もとは同じ香木です。

 

 

 

 

「目利き」ゆえの執着 

こうして一木四銘香は、いずれにせよ風雅な銘を
持つことになりましたが、この香木を巡って
風雅ではないことも起こっています。

 

この香木の買い取りを巡って、家来同士の意見が合わずに
なんとついに一人の武士が相手を斬り殺してしまったといいます。

 

人を斬り殺してしまった人は、のちに自責の念で
結局、自ら切腹をしたそうです。

 

いかに名香といわれる香木であっても、そのために
2人の人が命を落としているとは……。

 

 

121015sougetukaikan5F

赤坂「草月会館」5階日本間

 

 

 

美しさを愛しんでもとらわれない心

以前、読んだ小説の中に書かれていたことで
とても共感を覚えたことがあります。

 

そのお話は、瀬戸物の話でしたが、いわゆる「目利き」
という人について書かれたものでした。

 

目が利く、他の人よりも良いものがわかる、
あるいは本物がニセモノかの見分けがつく、

 

ということは普通は良いこととして考えられていますし
また事実そうでもあります。

 

ところが、その良いものがわかるという能力があるが故に
良いもの、本物である素晴らしいものを手に入れたい
という欲も、同時に生まれてしまうのです。

 

それをお説教風ではなく、少々そら恐ろしいと感じるほどに
巧みに表現されていた小説でした。

 

その時に私は、本物を見分けることができる目とともに
また、それへの所有欲の空しさも忘れないでいようと
思ったことを覚えています。

 

美しいものに対して、誰もが持つ憧れと愛着。
しかし、それが執着にはならないようにと。

 

 

blog_import_515364a84bed0

泉屋博古館所蔵「犬張り子香合」
こんなかわいい香合が欲しいです。おっとっと……

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください