「マカダミアチョコレート」三つ巴 「グリコ」はちょっと違うけど「明治」と「ロッテ」は味以外は激似

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130225makadamia3shu

 

 

「グリコ」の「マカダミアチョコレート」がみつからない

一昨日(「マカダミアチョコレート『明治製菓』」)、
昨日(「マカダミアチョコレート『ロッテ』」)と、「明治」と
「ロッテ」の「マカダミアナッツチョコレート」を紹介してきました。

 

その2つだけではなく、実はもう一つ「グリコ」からも
「マカダミアナッツチョコレート」が出ているのだそうです。

 

それを知った私は、是非「グリコ」も手に入れて
3つを揃えたいと思って探してみました。

 

ところが「グリコ」の「マカダミアチョコレート」
これがなかなか見つかりません。
置いてあるお店が少ないのでしょうか。

 

そもそも「明治」と「ロッテ」の「マカダミアチョコレート」を
ググっていて「グリコ」を見つけるまで、私は「グリコ」の
「マカダミアチョコレート」の存在自体を知りませんでした。

 

 

 

3種類揃ったところで記念撮影

そんなこんなと探しているうちに、「グリコ」の
「マカダミアチョコレート」がやっと手に入りました。

 

そこでめでたく3者勢揃いの記念撮影。
それが今日の冒頭の写真です。
上から「明治」「ロッテ」「グリコ」の順。

 

箱の形でいいますと、「明治」と「ロッテ」は
ほぼ同じ大きさですね。

 

「グリコ」だけが他の2つより
縦長で横幅が狭いという感じ。

 

そして次は、箱から出した「マカダミアチョコレート」を
お皿にのせてみた写真です。

 

位置関係は、上の写真に置いてある箱の位置と同じ順番で
それぞれを一粒ずつ置いてみました。

 

130225sanmakada

 

一番上が「明治」、右にあるのが「ロッテ」、
そして左下が「グリコ」です。

 

こうして置いてみましたが、私が置いた位置を間違って
書いたとしてもわからないほど、外見は3者(3社?)そっくり。

 

 

 

「グリコ」のターゲットは大人?

一昨日きのうと、マカダミアナッツの扱いについて
「明治」と「ロッテ」の違いを見てきました。

 

「グリコ」のマカダミアナッツは
どのようなこだわりがあるのかと調べてみましたら……。

 

「うっすらと塩をかけて香ばしくローストした」
《ソルティーロースト》と描いてあります。

 

この《ソルティーロースト》もそうですが
「グリコ」の「マカダミアチョコレート」の
位置づけは、「大人グリコ(OTONA GLICO)」ということ。

 

そういえば、パッケージも「明治」「ロッテ」とは
少々異なって「グリコ」は大人っぽいかな?

 

 

121027cof

 

 

 

3社、大きさはほぼ一緒

パッケージは大きさイメージともに
「グリコ」だけが少々異なっていますが
形と大きさは御覧の通りほぼ一緒ですね。

 

このお皿にのっている写真ですとわからないのですが
(って、実物を見ていてもわかりませんが)
「グリコ」だけが「明治」「ロッテ」よりほんの少し小さめ。

 

「グリコ」「1粒あたり7.2グラム」との
表示で、1箱には12粒入っています。

 

それに対して、「明治」と「ロッテ」は、ともに
「1箱あたりで標準67グラム」で
両方、1箱9粒入りですから、当然1粒は同じです。

 

「明治」「ロッテ」組は1箱に9粒入ですので
全体で67グラムを9で割りますと
「1粒あたり約7.4グラム」ということになります。

 

「グリコ」が1粒あたり7.2グラムでしたから、0.2グラムの差です。
となるこれは、肉眼で見ても、あるいは手に乗せて
重さを量ったとしてもわからない方が普通でしょうね。

 

 

121225meijimaka       明治の「マカダミアナッツチョコレート」

 

 

ということは全体量で言いますと
「明治」・「ロッテ」は67グラムで
「グリコ」は(7.2×12)ということで合計では約88グラム。

 

全体量はグリコが約21グラム多いということになります
(ひっ〜、細かい!)

 

 

1粒(グラム)    個数    全体量(グラム)

明治   7.4       9      67 

ロッテ  7.4       9      67

グリコ  7.2         12        88

 

 

なにか、せっかく3種類揃えたのだからということで
少々ムキになって計算している感も否めませんが……。

 

私の注目ポイントは、やはり「明治」・「ロッテ」の
あまりに同じで、似過ぎている「マカダミアチョコレート」
ということになるでしょうか。

 


121225rottemaka       ロッテの「マカダミアナッツチョコレート」

 

 

 

カロリー、その他もほぼ一緒

あえて、本当にあえて違いを探すとすれば
ポリフェノールやタンパク質の数字が少々違うということ。

 

でもこれは違いというほど数値が異なっているわけでは
ありませんので、結局は同じですね。

 

カロリーにいたっては、

「明治」が1箱あたりで410キロカロリー。

「ロッテ」が1箱あたり414キロカロリー。

 

1粒ではなく1箱あたりで、たった4キロカロリーの差です。
ともに1箱9粒入りなのですから、1粒に換算したら
0、5キロカロリー以下で、この数字はもう無視してもいい数値。

 

 

130119butapot

 

 

とぐたぐた申しましたが、結局何か言いたいのか
といいますと、「明治」・「ロッテ」は
ほぼ同じだよね、ということなのです。

 

なんでこんなに似ているの?
と不思議なくらいに似ていますよね。

 

同じ所で製造したものを、3つの会社で
別々に販売しているのでしょうか。
というのはもちろん冗談ですが。

 

ですが、そんなことを言いたくなるほどに
これらの3つの「マカダミアチョコレート」は
瓜二つ、いえ、瓜三つというほど似ているのです。

 

 

130119buta

 

 

 

形も極似だけど、味は違うよ

昨日もお話ししましたように「明治」が
割ったマカダミアナッツをチョコレートに入れているのに対し
「ロッテ」は一粒丸ごとが入れてあります。

 

中身の大きさが違うのですから、チョコレート自体の
大きさが違ってもいいのではないかとも思うのですが…….。

 

しかもわからないのは、表面の模様というか
かたちまでが同じなのです。

 

偶然同じで「不思議」というよりは
ちょっと「不自然」なほど似ている
「マカダミアチョコレート」三つ巴でした。

 

ですが肝心のお味は違いましたよ!

 

私はナッツ好きなので、マカダミアナッツが
丸ごと1つ入っている「ロッテ」がいいかというとそうでもなく
「明治」がおいしいと思いました。

 

味覚は個人差がありますが、3社のうちでは
「明治」が圧倒的に人気のようですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す