双方の信頼で成り立つネットショップ 「本物」「ニセモノ」14

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140416azabuhanamizuki

 

 

 「デコポン」さんから来たメール

前回は、柑橘類の「デコポン」のお話をしましたが
以前、ローゼンタール〈魔笛〉のショップに
「デコポン」という名前でお問い合わせの
メールをいただいたことがありました。

 

「デコポン」さんは東京にお住まいのようでしたが
自分はアナログ人間なのでネットショップでの
注文は苦手だと書いていらっしゃいました。

 

ローゼンタール〈魔笛〉のネットショップ
「アプリ」に注文をするのではなく
実際に品物を見みてみたいとのことでした。

 

 

 

 

指定の場所にティーカップを持ってきてもらう
ことは可能でしょうか、という御依頼でした。

 

その方のお知り合いの方が、ネットショップ
で購入した食器がニセモノだった
という経験をされたのだそうです。

 

そんなこともあり、実際に見て本物と
わかったら購入したいということでした。

 

 

 

 

そのような御依頼は初めてのこと
でしたので、私は少々戸惑いました。

 

ショップ作りを共に学んだ同期生に
相談してみたところ、答えてくれた
全員が、断るようにとの回答でした。

 

なかには、そのようなお客様の御依頼が
あった時には丁寧に説明してお断りをした、
という人もいました。

 

 

 

 

 

「ウソ」を書いて売っているショップも…

確かにネットショップの中には、

 

「ローゼンタール〈魔笛〉は現在、作られて
いないので、この食器を手に入れることは
難しいです」

とか、

「現在、ローゼンタール〈魔笛〉は
作られていないので、この食器は幻の逸品です」

 

というウソを平気で書いて「激レア商品」
「入手困難」等々煽り、中古品をヤフオク等で
売っているオンラインショップも多々あります。

 

(上記のお店は、ネットショップだけ
ではなく、実店舗を都内で50年近く
営業しているお店でもあります)

 

 

 

 

「デコポン」さんのお友達のように
送られてきたものがニセモノだったり、
箱のないリジェクト品という可能性も
ゼロとはいえないでしょう。

 

(リジェクト品というのは、
作った工場で「1級品」と認められずに
はねられた「2級品」のことです)

 

 

 

お客さんの側の「ウソ」も……

また、これは実際の知り合いの話では
ないのですが、ネットショップをして
いる方がこんな経験を書いていました。

 

 

 

 

有名ブランドのバッグを扱っているショップの
方なのですが、そのネットショップで購入した人
から「届いたバッグがニセモノだった」
というクレームがきたそうです。

 

ショップのオーナーは、バッグは本物だと
自信がありますので、

 

「そうお思いでしたら、『◯◯』という
真贋を鑑定するお店がありますので
そのお店で見てもらってはいかがですか」
という返事をしました。

 

 

 

 

しばらくしますと、そのお客さんから連絡がきて
「『◯◯』でみてもらいましたが、
やはりニセモノでした」とのこと。

 

ショップのオーナーは、その品物を返品する
よう依頼して、バッグの代金を返金しました。

 

返品されてきたバッグを見て、驚いたそうです。
そのバッグは、ショップから送られたもの
ではなく、ニセモノのバッグだったからです。

 

 

 

 

「本物(!)のニセモノのバッグ」
だった、とわけのわからない
文章になってしまいましたが。

 

つまりそのショップのオーナーは
「本物のバッグ」をお客さんに送ったのですが、
お客さんはすでに持っていた「そのバッグの
ニセモノ」を鑑定に出したというわけです。

 

その後ショップに、鑑定に出した方の
ニセモノのバッグを返品して
支払った代金も返金してもらったのです。

 

この場合は、完全にお客さんの側の詐欺行為です。
ネットショップの側の詐欺行為もあれば
お客さんの側の詐欺行為もあるというわけですね。

 

 

 

 

 

お互いの「信じる心」 

ネットショップは、といいますか他のこと
でもそうなのだと思いますが、何事も双方の
信頼があって初めて成立するものです。
逆に言えば、信頼関係がないと成り立ちません。

 

ほとんどの人は、詐欺行為などは
せず誠実に対応しています。

ですがほんの一握りの悪いことをする
オンラインショップや、お客さんも
いることは残念ながら事実です。

 

 

 

 

そうそう、先ほどの「デコポン」さんという
お客様の御依頼のことですが、私は今回だけは
お受けすることにして、今後はそのような
御依頼はお断りをすることにしました。

 

とは決めましたが「デコポン」さんと、
何度ものメールのやり取りをしているうちに
結局、お断りすることになってしまいました。

 

 

 

信じてくださるお客様に感謝を! 

お断りをすることになったのは、「デコポン」さんと
待ち合わせの約束をしたときのことです。

 

 

 

 

「デコポン」さんが指定したのは新宿のカフェでした。
「目印としてグッチのバッグを持って行く」とだけ
しか書いてなかったので、名前と連絡先を教えて
頂きたい、と私はお願いしました。

 

ところが「デコポン」さんの返事は、
「会ったこともない人には、教えられない」
とのことでしたので、申し訳ありませんが
お断りをすることにしました。

 

確かに、一度も会ったこともない人に
住所氏名を教えることに、ためらう気持ち
はわからないでもありません。

 

 

 

 

ただ、万が一、指定された新宿のカフェに
行く直前や、途中で事故等があり、時間に
行けない状態になるかもしれません。

 

また悪く考えれば、グッチのバックを持った人、
というだけの情報で指定された新宿のカフェに
行っても、「デコポン」さんが現れなかった
ということもあり得ることです。

 

もちろん、「デコポン」さんが住所等を教えて
くれたとしても、それが本当のものか否かは
わかりません。

 

ではあっても私は、それを信じて
出かけるつもりでいました。

 

 

140416dogokazabu麻布十番にある「ドッグカフェ」

 

 

結局「デコポン」さんは、ネットショップでの
お買い物には向かない方だったのだと思います。

 

そう考えますと、初めてのネットショップを
信頼してくださるお客様の存在は
本当に心から有り難く思います。

 

その信頼におこたえすることのできるショップで
ありたいと改めて思わずにいられません。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください