フロマージュアラクレームストロベリー「チェスコ」やまや赤坂店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140415kurimutizu

 

 

ヨーグルトじゃないよ

カップに入ったクリームチーズを
やまや赤坂店で買いました。
一見、ストロベリー味のヨーグルトのようにも見えます。

 

名前は「フロマージュ アラ クレム ストロベリー」。

 

「フロマージュ アラ クレム(fromage a la creme) 」とは
フランス語で「クリームチーズ」という意味だそう。

 

で「ストロベリー」なのですから
ストロベリー味のクリームチーズということですね。

 

小ぶりのカップに、65グラム入っています。
原産国は日本で、チェスコが販売しています。

 

ナチュラルチーズタイプ、フレッシュで
使われているミルクは牛のもの。

 

「フロマージュ アラ クレーム ストロベリー」の原材料は
ナチュラルチーズ、砂糖、いちご、食塩、安定剤(増粘多糖類)、
酸味料、香料、紅麹色素、ph調整材、ゲル化剤(乳酸Ca)。

 

 

 

工場で入れた時の模様がついてる!

「フロマージュ アラ クレーム ストロベリー」の
ふたをとると、中はこんなふうです。

 

 

kurimutizu470

 

 

真ん中1つと、まわりが8つの、以前紹介した
家紋の九曜紋のような模様が現れます。
これね(↓)。

 

 

130210mimitoma

 

 

きっと工場で、機械でこんなふうに入れるのでしょう。
ヨーグルトのような柔らかさではありませんので
そのかたちがはっきりと残っています。

 

この「フロマージュ アラ クレーム ストロベリー」は
2012年の3月1日に発売されたということですので
もう既に2年以上はたっています。

 

ですが、私はあまり見かけないような気もしますし
ネットでもほぼ情報がありません。

 

まあ、私はこのようなものはあまり好きではないので
売り場にあっても、気づかないということも充分に考えられますが。

 

なぜ今はあまり買わないかといえば、現在はクリームチーズに
ちょっと飽きてしまったからというのが第一の理由。

 

次の理由としては、この手のものにはなぜか私は
「お塩の味」を感じてしまって苦手なのです。

 

「お塩の味」というのは「塩分」という意味ではありません。
「フロマージュ アラ クレーム ストロベリー」の原材料にあった
「調整剤」や「安定剤」等の味なのかもしれませんが……。

 

 

 

これを何に使ったかは明日ね〜

チェスコのサイトには「フロマージュ アラ クレーム
ストロベリー」の食べ方の例として、こんなふうな写真が。

 

 

huromajuarakuremu        (写真/「チェスコ」

 

 

「フロマージュ アラ クレーム ストロベリー」は
朝食やおやつ、ティータイムに手軽にお楽しみください
と書かれています。

 

ほんとうにクラコット、パン等にのせるだけで
そのままいただけますから便利ですね。

 

あまり好きでない「フロマージュ アラ クレーム
ストロベリー」をなぜ私が買ったのかという理由は……。

 

明日見てね〜!
(これだよ ↓  )

 

 

140415koikabuto

 




スポンサードリンク



コメントを残す