息の仕方ってどうするんだっけ?「痕跡〜内藤陳がいた」イメージフォーラム・フェスティバル

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

imageforumfes2014          (写真/「OUTSIDE IN TOKYO」

 

 

私にとっては「啓蟄(?)」の
「イメージフォーラム・フェスティバル」

5月2日に「イメージフォーラム・フェスティバエル」
行って参りました。

 

「イメージフォーラム・フェスティバル」とは
世界中から、作家性、芸術性、創造性の高い映像作品を
集めて上映する映像アートの祭典のことです。

 

1987年から始まっていますので、今年は28回目ですね。

 

東京会場は新宿パークタワーで、ゴールデンウイーク
突入の4月27日から今日、5月6日まで。

 

その後、京都、福岡、名古屋、そして6月29日の
横浜美術館で終了まで、約2か月間にわたって開催されます。

 

 

kawanakanobuhiro       (写真/「ImageForumFestival2014」

 

 

 

 

『痕跡』

というわけで今回、見た作品はかわなかのぶひろの
『痕跡(imprint)内藤陳がいた』。

 

2011年に亡くなった友人の内藤陳さんについての
かわなかのぶひろの映像エッセイです。

 

上の写真ではほんの一部しか写っていないのですが
次の写真を御覧頂きますと、壁全体が本、本、本……。

 

 

naitoutinhon      内藤陳の本棚(写真/「松岡正剛の千夜千冊」

 

 

内藤陳さんはコメディアンや書評家として活躍し
1981年に作った「日本冒険小説家協会」の会長として
優れた作品を世に知ろしめた方でもあります。

 

プロレタリア文学作家の内藤辰雄さんを父に、
記者をしていた母をもつ内藤陳(本名の読み方は「のぶる」)は
『読まずに死ねるか』等々の著作でも有名。

 

 

yomazunisuneruka     (写真/「空白つれづれ草〜漂えど沈まず〜」

 

 

日本冒険小説協会の事務所兼、会員のたまり場として
新宿ゴールデン街に「深夜+1」を作りました。

 

「深夜+1(しんやプラスワン)」という「マクツ」 には
尋常ではない本好きたちが集まったといいます。

 

「深夜+1」というお店の名前も
ギャビン・ライアルの作品の名前からとったものだそう。

 

 

sinyapurasuwan      (写真/「空白つれづれ草〜漂えど沈まず〜」

 

 

 

「今日はここにいろ」

『痕跡(imprint)内藤陳がいた』という作品は
プログラムでは80分となっているのですが
実際は100分になってしまったというかなり長い作品。

 

その最後の方の、内藤陳さんを看取った「深夜+1」の
スタッフである須永祐介さんのお話が印象的でした。

 

内藤陳さんの入院している病院に、最後の日となってしまった
2011年12月28日に行った時のこと。

 

「そろそろ『深プラ(深夜+1のこと)』に行きます」と
須永祐介さんが言うと
「今日は店を開けなくていいからここにいろ」と。

 

 

naitoutin    偉そうにするお客さんは追い出されたという「深夜+1」

 

 

それでは何か食べるものでも買ってきしょう、と彼は
内藤陳さんが散歩の時に見つけたというお肉屋さんで
コロッケ、メンチカツ、アジフライを買ってきます。

 

新聞紙に広げて食べ始めるのですが、メンチカツ一枚が
重くて持ち上げられない、という内藤陳さんに
須永祐介さんはメンチカツを小さく切ってあげました。

 

「それでもアジフライは、まるまる一つ食べたんじゃないかな」
という食事の後、内藤陳さんはトイレに行きたいといいます。

 

「車いすに乗せてそのまま行けば簡単なんですが
自分で歩いて行きたいと」

 

壁伝いに少しずつ歩きトイレをすませた後、
病室の外の 好きだった場所で車いすにすわる内藤陳さん。

 

「息の仕方って、どういう風にするんだっけ?」という 言葉は、
最初は冗談かと思ったという須永祐介さん。

 

それでも、「鼻で吸って……」「口からはいて……」と
実際に自分でしてみせると、内藤陳さんも真似をします。

 

2.3度繰り返した後に息をはかないので須永祐介さんは
「会長、息をはいて、はいて」と促し……。

 

すると内藤陳さんは少しずつ息をはき終わります、
その後、にこりと笑って、須永祐介さんの言葉によれば
「いつものようにニヤリと笑って」息絶えたのだそうです。

 

日本冒険小説協会は、内藤陳さんの亡くなった3か月後の
2012年3月24日、三十周年記念をもって会を閉じています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す