「スナックエンドウ」ではなく「スナップエンドウ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140429sunappuendou

 

 

「スナップエンドウ」or「スナックエンドウ」?

私は、エンドウ豆を栽培するのも食べる方も大好きです。
なかでも今日、御紹介する「スナップエンドウ」は特に好き。

 

「スナップエンドウ」は1970年代に
アメリカから来た新野菜なのだそうです。

 

140429sunappuendou430

 

この大好きな「スナップエンドウ」ですが
「スナックエンドウ」とも言ったりしてしますよね?

 

本当はどっちなの?、あるいは別の種類なのでしょうか。

 

と思っていましたら農林水産省が、1983年に
「スナップエンドウ」に統一すると決めたのだそうです。
ですので現在の正式名称は「スナップエンドウ」。

 

農林水産省は、この他にもいくつかの名前があって
紛らわしい野菜の名称を、一つに統一しています。

 

 

 

名前を統一した野菜たち

たとえばこのような野菜がそうです。

 

「チョウセンアザミ」 → 「アーティチョーク」
images       アーティチョーク(写真「Simply Recipes」

 

 

「ウォータークレソン」
「ウォータークレス」 → 「クレソン」
「ミズガラシ」
kureson       クレソン(写真/「カワチのクレソン」

 

 

「フローレンスフェンネル」 → 「フェンネル」
「イタリーウイキョウ」
Fennel16m       フェンネル(写真/「旬の食材百科」

 

などなどです。(「東京ガス 食の生活110番」

 

 

 

「ゴーヤ」は「ニガウリ」より優勢かも?

ここにあげた3つに関しては何となくわかりのですが
一つ不思議だと思ったものもあります。

 

それは「ソルレイシ」と「ゴーヤ」が
「ニガウリ」に統一されたと書いてあるのです。

 

たしかに「ニガウリ」はよく聞きますが
それ以上に「ゴーヤ」と呼ぶことの方が
私には圧倒的に多いようにも感じるのですが。

 

このようなものは一応統一はしても、結局人々が
それをどのように呼ぶようになるかはわかりません。

 

何十年間のあとでは、統一して決めた名前ではない方が
普通になっているということもあるのかもしれませんね。

 

言葉は生きていますからね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す