イギリスの動物保護の取り組み(We Never destroy a healthy dog)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

140415igirisuneko               (写真/「AFP BBnews」)2011.4.28

 

Hello! 

日本の淑女紳士のみなさん、はじめまして!
御機嫌いかがでしょうか。
私はラリー(Larry)と申します。

 

お洒落な蝶ネクタイを御覧いただければ
私がどこの国のネコだか、もうおわかりですね?

 

そう、英国国旗で出来ている特別なネクタイなのですよ、これは。
似合っているでしょ?

 

ここは、ロンドンはダウニング街10番ににある首相官邸。
私が歩いているのは閣議をするテーブルです。

 

ああ、言い忘れてしまいました。
私はデービット・キャメロン首相と一緒に暮らしています。

 

彼は今からちょうど4年前の2010年5月11日に
首相に就任しました。

 

 

 

igirisuerizabesu-251x299

静養先のスコットランド・パルモラル城から
ロンドンのキングルクロス(Kings Cross)駅に
ペットの4匹のコーギーとともに到着した
エリザベス女王(写真/「同上」)1969.10.15

 

 

最近、漏れ承りましたところによりますと
日本では我々の仲間が多数「殺処分」をされているとか。
何と悲しいことでしょう。

 

礼儀正しく、常に相手を思いやる心優しい日本人が暮らしている国で
よもやそのようなことはあるはずがないと私は思っているのですが……。

 

でもせっかくの機会ですから、自戒を込めて私どもの国や
その周辺のことをお話しするのも、悪くはないかと思った次第で。

 

御覧とおり、私も閣議のテーブルをチェックしたりと
多忙ではありますが、ことは命に関わることですのでね。

 

 

 

1992年「ペット動物に関する欧州条約」発効
2006年 イギリス「動物福祉法」 

我々が住むヨーロッパで「ペット動物の保護に関する欧州条約」
が発効したのは1992年のこと。

 

まだ20年ほどしかたっていません。
本当に恥ずかしいことですが。

 

2006年になりますとイギリスでは「動物福祉法」
(Animal Welfare Act 2006)ができました。

 

これはペットを飼育するにあたり適切な手段(環境や食事等)を
講じない場合は改善通告を受け、それに従わないと禁固、
罰金のほか保有権の剥奪等を命令することができる法律です。

 

 

 

erizabesu

エリザベス女王の結婚32周年記念
左から、エドワード王子、チャールズ皇太子、
エリザベス女王、アンドリュー王子、
フィリップ殿下(写真/「同上」)1979.11.20

 

 

 

民間動物保護団体の果たす役割が大きい
欧米諸国

またイギリスに限らず欧米全体のことですが、民間の動物保護団体が
果たす役割がとても大きいというのも特徴といえますね。

 

もちろんこれは、民間に丸投げして国が動かない
ということではありませんので、念のため。

 

動物愛護団体は、飼育放棄を減らすための去勢、マイクロチップ装着、
責任あるペット所有の啓発に真摯に取り組んでいます。

 

それでも飼育放棄をする人はおりましてね……。
2009年度ではイギリスの動物保護団体と地方自治体は
20万頭以上の犬の新しい飼い主探しを実施しました。

 

英国最大級の犬の保護団体は「Dog Trust」は
「We Never destroy a healthy dog」というスローガンを掲げています。

 

安楽死しかないような重い病気等の
状態にある犬以外は殺さない。

 

つまり健康に何の問題もないのに飼い主に捨てられ
次の飼い主が見つからないという理由では犬を殺しません、ということ。

 

当たり前のことですが、殺しちゃいけませんやね、殺しちゃ。
言うまでもないことですが。

 

この団体が2012年度は17,000頭ほど預かったそうですが
死亡、または安楽死は199頭だといいます。

 

新たな飼い主探し—— 年間 約1,5万頭
去勢—————————   約5,5万頭
マイクロチップ装着ー     約11,5万頭

 

この他「訓練、しつけアドバイザー」(TBA)という専門知識を持つ
職員の育成をし、保護している犬が飼い主のもとに戻れるように
訓練したり、子どもへの教育活動も行っています。

 

 

 

erizabesukogi

ロンドンのバッキンガム宮殿でラグビーニュージーランド代表
オールブラックス(All Blacks)のメンバーたちの訪問を受ける
エリザベス女王とコーギーたち(写真/「同上」)2002.11.5

 

 

 

動物保護団体を支える一般からの寄付

イギリスを代表する王立虐待防止協会(RSPCA)は
運営資金を寄付等によりまかなっています。

 

運営資金を寄付等で賄うということも、この協会に限らずに
欧米ではほ同様に行われていることです。

 

2012年度の王立虐待防止協会をみますと、総収入は1,3億ポンド、
遺贈や寄付が占める割合は84.3パーセントです。

 

これらの資金で57カ所の動物救助センター、または診療所の運営、
寄付集め、新たな飼い主探しを実施しています。

 

アニマルポリスと呼ばれる専門の訓練を受けた調査員を擁し
現場での調査も行っていますよ。

 

どの団体も、安楽死という名の「殺処分」を
なくすことをめざしています。

 

他の国のこともお話ししたいと思ったのですが
私もちょっとしなくてはいけないこともありますので
続きは明日にでもいたしましょう。

 

(参考/「犬猫殺処分をめぐる諸外国の取り組み」
国立国会図書館 調査及び立法考査局
農林環境課 遠藤真弘 1994年4月11日)

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す