ドイツ・アメリカの動物保護の取り組み 「No Kill(殺さない)」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130830hitotodoubuga

 

 

ドイツの動物保護事情 

ロンドンのダウニング街の首相官邸で暮らしている
ネコのラリー(Larry)です。

 

 

140415igirisuneko

 

 

いやいや、昨日は途中で失礼してしまいまして失敬失敬。
いや、猫の手も借りたいほど忙しくてね……。

 

それで昨日は、どこまでお話ししましたっけ?
ああそう、イギリスの事情を大まかにお話ししたのでしたね。

 

それでは今日はドイツからいきましょうか。

 

 

doitu

ロシアのソチでドイツのアンゲラ・メルケル首相と
ウラジミール・プーチンロシア大統領の会談に
乱入したプーチン大統領の愛犬コニー(Connie)
2007.1.21(写真/「AFP」

 

 

ドイツには「動物保護・犬規則
(Tierschutz-Hundeverordnung)」があります。

 

犬の飼育や繁殖について具体的な方法を、事細かに決めていて
違反した場合は罰則(罰金)があります。

 

ほんの一、二例をあげてみますと……。

 

例えば体高50センチ未満の犬の場合は
おりの床面積は6㎡以上ないといけない。

 

あるいは、生後8週間以下の子犬を
母犬から引き離すことを禁止する等々。

 

こういうことは、具体的な数字をあげないと
いくらでも逃げることができますのでね。
結局、実質なしということになっては困りますから。

 

 

 

ドイツの犬保有税は一般財源

またドイツでは犬を持つものに対して
「犬保有税(Hindesteuer)」が課税されるのが有名ですね。

 

市町村税ですので、税額は一律ではありませんが
2頭目や、危険な種類の犬に対しては高額になるそうです。

 

例えばベルリンの例でいいますと、1頭目は120ユーロで
2頭目以降は180ユーロになるというようにね。

 

これらの税金の使いみちは、犬のために使われるといると
ドイツ人でも誤解している人もいるようですが
そうではなくて一般財源ですのでお間違えのないように。

 

「ドイツ動物保護連盟(Deutscher Tierschutzbund e.V)」
という民間の全国組織がドイツにはあり
16の州支部と、各地に700以上の動物保護協会があります。

 

各地の協会は、合計で80万人以上の会員を
有しており、500カ所以上の「ティアハイム」
と呼ばれる動物保護施設を運営しています。

 

この「ティアハイム」では捨てられた犬猫の収容、
飼い主への返還、あるいは新たな飼い主探しを行っています。

 

ドイツ動物保護連盟が策定した「ティアハイム規則
(Tierheimorgung)」によりますと、
原則として安楽死(殺処分)は行わないとされています。

 

これは特筆すべきことですね。

 

 

busshu

ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)大統領と
愛犬バーニー(Barney) ホワイトハウスで
2007.8.28(写真/「同上」

 

 

 

州によりペットショップでの動物販売は
禁止しているアメリカ

アメリカでは、ロサンゼルス市などで
「商業的に育成された犬、猫、ウサギの販売を
店舗で行うことを禁ずる」条例が2012年に可決しています。

 

「パピーミル(子犬工場)」といわれるペットの劣悪な環境での
大量繁殖とそれに付随する殺処分を減らす目的で作られました。
個人がブリーダーから直接購入するのは認められています。

 

ペットショップでの販売は、保健所や動物愛護団体から
引き取ったペットのみに限定されています。

 

もし違反をした場合は、250ドル以上の罰金を課せられますが
このような条例はアメリカの30以上の市で制定されているようです。

 

 

kurintonsokkusu

ホワイトハウスへ戻る途中のソックス
(Socks)とビル・クリントン(Bill Clinton)
1994.4.14(写真/「同上」

 

 

また、アメリカの最大級の動物保護団体
(Best Friends Animal Society)は8000ヘクタール以上もある
広大な保護施設「サンクチュアリ」を持っています。

 

収入は、2012年度で6400万ドルですが
こちらも8割以上が個人の寄付。

 

「No Kill(殺さない)」「Save Them All(全てを救う)」を
掲げて新たな飼い主探しや去勢等の活動をしています。

 

予算削減で運営が困難になっていた市営の
動物保護施設を共同運営するなど、
やはりアメリカでも民間団体の力の強さを感じますね。

 

 

kurinton

朝のジョギング後、ソックスを肩に乗せている
クリントン1993.3.25(写真/「同上」

 

 

 

刑務所での犬の訓練がうみだす様々なもの

またアメリカでは刑務所で犬の訓練をするという試みもあります。
受刑者が、時間をかけて盲導犬や介助犬を育成しているとのこと。

 

これらの犬は、動物保護施設にいた引き取り手がない犬たちで
このままでは殺処分になるという状況に置かれた犬たちです。

 

盲導犬や介助犬の訓練は、時間と労力がかかるものですが
刑務所ではそれが可能であることと、受刑者が
それらの技術を学ぶことにもなりますので一石二鳥といえます。

 

そしてこの訓練を行った受刑者の再犯率も少ないと
いわれていますので一石二鳥ではとどまらない効果があるそうです。

 

以前、私もこの様子をTVで見たことがありましたが
とても興味深いものでしたよ。

 

一言で説明することはできませんが、受刑者の表情が
変わっていく様子が深く印象に残っています。

 

 

 

ロンドン、ダウニング街10番の
首相官邸で待っていますよ!

とまあ、動物保護についてほんの入口にしか過ぎませんが
欧米での取り組みのお話しをさせていただきました。

 

皆さんがロンドンにいらしたら、是非、私のところいらして下さいね。
重要な会議があってもキャンセルしますから。

 

日本が、欧米をまたたく間に追い越して
「ペットの殺処分ゼロ」を達成したという嬉しいお知らせを
一日も早く聞かせて頂くことができますように……!

nekonikkyuラリー・キャメロン(Larry Cameron)

 

 

obamausiro

ホワイトハウスで愛犬ボー(Bo)と走る
バラク・オバマ(Barack Obama)
2009.4.13(写真/「同上」

 

(参考/「犬猫殺処分をめぐる諸外国の取り組み」
国立国会図書館 調査及び立法考査局
農林環境科 遠藤真弘 1994年4月11日)

 

 

〜〜〜日本の現状〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

環境省自然環境局の報告によりますと、2012年度の犬猫殺処分数は
16万1864。(「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」)

 

現在実施されている二酸化炭素を使用した処分方法では
意識を失うまでに数分から数十分かかることもある。
動物はその間中、苦しみ続けるといい「安楽死」とはいえないという。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

39ea626d-336x299

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す