かいわれ大根は「大根」になるか? かいわれ大根「びっくり屋」麻布十番 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140429kaiware

 

 

「かいわれ大根」もスプラウト 

麻布十番の「びっくり屋」で買った「かいわれ大根」です。

 

「かいわれ大根」に限ったことではないのですが
ブログを書く前は、買ってきたものの包装を
パサパサととって、あまり見もせずに捨てていました。

 

ところが「あぷりのお茶会」を始めてからは
おかげさまで、ちょっとだけ(!)いろいろなことに
注意をするようになりました。

 

 

03factory_b3     ここに「かいわれ大根」のタネが蒔いてあります

 

 

このような「かいわれ大根」をいれ物から出す時にも
そこに印刷されている産地や会社名を見るとかね。

 

今回、麻布十番のびっくり屋で買ってきた「かいわれ大根」は
埼玉県蓮田市にある「三和農林株式会社」で作られたものでした。

 

 

03factory_b4          ちょっと芽が出てきたところ

 

 

 

「かいわれ大根」大きくなったら大根?

その会社のサイトに書いてあったのですが、昨年
TVで「かいわれ大根」を取り上げた番組があったそうです。

 

その番組の中で使用した「かいわれ大根」を
三和農林株式会社が提供したのだとか。

 

そのTV番組で取り上げたこと
というのが、ちょっとおもしろいです。

 

この「かいわれ大根」をこのまま育てたら本当に
大根になるのだろうか?、という実験。

 

 

 

3つのグループが挑戦

実験は、3つのグループで別々に
「かいわれ大根」を栽培しました。

 

1つのグループのものは、実験をした時期が
夏だったせいもあり、「かいわれ大根」は
大きくなることもなく腐ってしまいました。

 

もう1つのグループは、大根になったはなったのですが
かなり細い、ひょろひょろとしたものだったそう。

 

そして残る1グループですが、なんとめでたいことに
「かいわれ大根」は、きちんと大根に成長しましたとさ。

 

 

03factory_g2      収穫直前のもの(写真はすべて三和農林株式会社)

 

 

1パックに何本入っているのかな?

私はあまり考えたこともなかったのですが
1パックにこんなにたくさん入っている「かいわれ大根」が
それぞれ立派な大根になるはずの芽(?)だったのですね。

 

1パックには、「かいわれ大根」は一体
何本入っているのでしょうか?

 

数えたことはありませんが、その数だけ、ということは
今日の一番最初の写真の数だけ、ということですよね。

 

これが全部大根だったら、すっごいです。
これだけの数の大根が、部屋の中にあったとしたら壮観!

 

と思いますと、なにかちょっと
大根の未来を奪ってしまったような罪悪感も……。

 

ありがとう、「かいわれ大根」!
おいしく頂きました!

 




スポンサードリンク



コメントを残す