「チータラ」と「チーズ鱈」の違い チータラ「株式会社なとり」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140510kabukiagetitara

 

 

「チータラ」

なとりの「チータラ」、これも最近買ってなかったな〜、
と思いながら買ってきました。

 

「チータラ」を買っていたのは10年近く前の
ことかもしれません。

 

この写真ですと、右の上の方の
おせんべいじゃないほうが「チータラ」ね。

 

 

 

ペットの柴犬のおやつ

そもそも私が、なとりの「チータラ」なるものを知ったのは
お友達のペットの犬が食べていたからです。

 

彼女の家に遊びに行くと、柴犬のランちゃんが
おやつとして「チータラ」もらっていました。

 

そこで私も柴犬のランちゃんのおすそわけということで
食べてみますと、う〜ん、結構おいしい、と。

 

その後、自分でも時々買うようになったのでありました。

 

と書いていて思ったのですが、柴犬のランちゃんが
食べていたのは「チータラ」という名前では
なかったような気がしてきました……。

 

 

140510titara-376x299

 

 

 

「チータラ」「チーズ鱈」共になとりの製品

と思って調べてみましたら、わかりました。
「チータラ」ではなくて「チーズ鱈」という名前でした。

 

「チータラ」と「チーズ鱈」は両方とも
株式会社なとりの製品です。

 

どちらかがどちらかに変わったというわけでもなく
両者とも現在も販売されている商品です。

 

この「チータラ」の作り方というのは、魚のすり身を
シート状にして、株式会社なとりの独自の製法で
チーズをサンドして作ってあるものだそう。

 

ですので「チータラ」も「チーズ鱈」も
同様の製法で作られています。

 

 

 

違いは……

そこで「チータラ」と「チーズ鱈」の違いですが、

 

「チータラ」は原材料——「魚肉のすり身(たら、ホッケ)」
であるのに対して

 

「チーズ鱈」の原材料——「たらすり身のみ」
ということなのだそうです。

 

つまり「チーズ鱈」は名前の通りに「鱈」だけで作られている
のに対して、「チータラ」はホッケも入っているということ。

 

お値段でいいますと「チータラ」よりも
「チーズ鱈」のほうが100グラム当たりで100円ほど高いよう。

 

食べ比べた人の話では、家族の人も含めて
味の差がわからなかったという感想もありましたが……。

 

そうだったんですね。

 

ということは、柴犬のランちゃんは私より高級な「チーズ鱈」
の方を「召し上がっていらした」というわけなのですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください