特許品の「緑茶ペースト」が欲しい「株式会社タカ商」 クーベルチョコサンド(抹茶)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140510hezerumidori

 

 

クーベルチョコサンド

「クーベルチョコサンド(抹茶)」
を赤坂のドンキホーテで買ってきました。

 

作っている「株式会社 タカ商」のサイトには
パン、食品、お茶を扱っていると書いてあるのですが
それらは全て業務用だとのこと。

 

なぜ赤坂のドンキホーテにあったのでしょう?

 

 

 

140510mido

 

 

 

意味もなく買ってみたい「緑茶ペースト」

そもそも「株式会社 タカ商」は、1983年に会社となる前は
1979年に日本茶卸業として個人創業を始めたそうですので
お茶はお手のもの。

 

また、パンの製造もしていますので「クーベルチョコサンド」
を作るにいたったのかもですね。

 

「株式会社 タカ商」のサイトに「緑茶ペースト」なるものが
でていました。
ちょっと何だかわからないと思いますが。

 

 

ryokutyapesuto         緑茶ペースト(写真/「株式会社タカ商」

 

 

お菓子類はもちろん、パスタ、スープなどに使えるそうですが
私が一番驚いたことは着香料、着色料、合成保存料など
一切使用していないこと。

 

高温パッキングで加工してあるために
常温で18か月保存が可能で、しかも退色しにくいそう。

 

植物の葉緑素は色が変化しやすい不安定な物質ですが
この退色は、葉緑素に含まれるマグネシウムが
失われることにより起こります。

 

「株式会社タカ商」の特許品である緑茶ペーストは
亜鉛や銅を含むミネラル酵母を使って高温で練りあげペースト状に
しているため葉緑素のみどり色を保つことができるのだそうです。

 

私は、何を作りたいというのでもないのですが
思わず買いたくなってしまいました。
とはいえ、小売りはしていないよう。

 

 

 

「クーベルチョコサンド」新旧パッケージ

株式会社タカ商のサイトに載っている
「クーベルチョコサンド」の写真はこちらです。

 

 

kuberutyokosando          (写真/「株式会社 タカ商」

 

 

ですが今回、赤坂のドンキホーテで買った株式会社タカ商の
「クーベルチョコサンド」はこんなパッケージ。

 

 

140510midori-297x299

 

 

リニューアルしたのですね。
確かに、以前のパッケージは、ちょっと日本茶が
入っているような気がしないでもないですね(ごめん)。

 

 

 

高品質のクーベルチョコレート使用

使用しているホワイトチョコレートは
クーベルチュールチョコレートを使用しています。

 

写真で御覧の通り、生地の間に挟まれているのはみどり色ですが
当然のことながらベースはホワイトチョコレート。

 

普通のチョコレートでしたら、お抹茶を入れても
みどり色が出ませんから。

 

 

140510mido

 

 

クーベルチュールチョコレートとは
国際規格でおいしさが守られているチョコレートのことです。

 

「総カカオ固形分35パーセント以上、カカオバター31パーセント以上、
無脂カカオ固形分2.5パーセント以上、
カカオバター以外の代用油脂は使用不可」

 

との基準が定められているチョコレートです。

 

 

140510mido450

 

 

「クーベルチョコサンド」のクッキーはサクサクしますが
これは生地に、アーモンドペーストとヘーゼルナッツの
粉末が入っているからだそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す