マクドナルド 各国の「お店」とおもしろ「広告」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

bankubamagudonarudo

 

 

日本のマクドナルドに日本語表記はある?

5月21日のブログに出てきた「DELL & Baking, CO」という
お店は、実際の店舗にも、またネット上での説明にも
お店の名前について日本語表記が一切ありませんでした。

 

そういえば、日本にあるマクドナルドのお店には
日本語が書いてあったっけ?、と。

 

そこでググって見つけたのが次の写真です。
日本にあるマクドナルドは
ほとんど日本語表記がされているようですね。

 

 

makudonarudo1

 

 

この写真を見るまでは、全く意識したことがありませんでしたが
カタカナで「マクドナルド」と書いてありました。

 

むしろ「MCDONALD’S」の表記がないのですね。
ちょっと驚き。

 

新しい店舗には「マクドナルド」表記はなく
「McDonald’s」のみのようなもお店もあるようですが。

 

 

中にはこのようなお店もありましたよ。

 

 

makudonarudo「マクドナルド」いわき市湯本店
(写真/「みんカラ」)

 

 

こちらは国道6号線沿いにある、マクドナルドいわき市湯本店。
御覧の通りマックポテトの形をしています。

 

「McDonald’s」とだけで、いわゆるマクドナルドの
「M」のマークすらもありません。

 

このお店は、国道沿いにあるということですので
文字よりも全体の形で「マックポテト=マクドナルド」を
アピールしているのでしょうか。

 

 

 

外国のマクドナルドの店舗

今までは日本のマクドナルドのお店の写真でしたが
外国のマクドナルドのお店も、おもしろいですよ。

 

 

huransu     フランスのマクドナルド(写真/「KOOさんの休日」

 

 

まずこちらは、フランスのマクドナルド。
これはいかにもフランス、という感じがして
まあ想定内ですね。

 

そういえば私のパリでの初めての食事は
マクドナルドだったという、ちょっと悲しい思い出も……。

 

そしてお次ぎはスイスのマクドナルド。

 

 

suisu          スイスのマクドナルド(写真/同上)

 

 

こちらも本当にスイス、スイスして
ちょっと笑っちゃうくらいの、スイスのマクドナルド。

 

ここまでは余裕でしょう?
でも次からはちょっと、ちょっとですよ。

 

 

erusaremu       エルサレムのマクドナルド(写真/同上)

 

 

う〜ん、エルサレムなんだね。
一度も行ったことがなくて、なんだかよくわからないけど
エルサレム、なんだね〜、というマクドナルド。

 

さて、極め付きはこれ!

 

「ふふふっ、どうだ、参ったかッ!」と
わけもわからず興奮してしまいそうなノルウェーのマクドナルド。

 

 

noruwe        ノルウェーのマクドナルド(写真/同上)

 

 

敬意を表して、写真もその他よりデカメにつけてみました。

 

でも、すごいですよね、これマクドナルドなんですから。
私は「連邦なんたらかんたら」風の建物かと思っちゃいましたよ。

 

ノルウェーも、私は一度も行ったことはありませんが
ノルウェーって、このような建物がゴロゴロしているのでしょうか?

 

「FOR  RENT」とか書いてあって。
って「FOR  RENT」ではないですな、言葉わかりませんが。

 

 

 

各国のマクドナルドの「広告」
〜ストレート編〜

マクドナルドの各国のお店の紹介はここまでにして
次はマクドナルドの各国の広告を御覧下さいね。

 

 

makudonarudo3フィンランドのマクドナルドの広告
(写真/「AOTW」

 

 

この2枚組の写真は、フィンランドの広告。
マクドナルドのお店がリニューアルオープンします、
という広告だそう。

 

二つの黄色の「M」が、新しいマクドナルドを
作っているというストレートでシンプルな広告ですね。

 

 

 

〜バス停篇〜

そして次のマクドナルドの広告ですが
みなさんすぐわかりました?

 

私は一瞬、どころかかなり長い間、
見ていてもわかりませんでした。

 

 

basuteiマクドナルドのお店のようなバス停
(写真/「Articles of Interest」

 

 

 

マクドナルドの店舗、そのままだと思ってしまいました。

 

ですが、左の方にある長いものを見ればおわかりのように
これはバス停なんですよね。

 

正面のマクドナルドのカウンターのように見える部分は
単に写真ではなく、実際にすこしだけ
立体的に出来ているようにも見えます。

 

こんなバス停でバスを待っているのって、どんな気持ちかな?

 

そして次もバス停なのですが、この写真は夜のバス停ですね。

 

 

sidonimakudonarudoシドニーのマクドナルドの広告
(写真/「TOXEL.COM」

 

 

これはシドニーでのマクドナルドの広告です。
深夜も営業するようになりました、というお知らせ。

 

昼間の写真はついてないのでわからないのですが
夜になると、ライトが「M」の字の半分
(向かって右の部分)を浮き上がらせます。

 

それが左に見える鏡(ガラス?)に写ることにより
「M」の字を完成させています。

 

む〜ん、なかなか。

 

 

 

〜ここまでやっちゃうか編〜

おもしろいといえば、次のもおもしろいですよ。
こちらはバンクーバーのマクドナルドの広告。
今日の冒頭につけた写真です。

 

 

bankubamagudonarudoバンクーバーのマクドナルドの広告
「写真/「adeevee」

 

 

バンクーバーのダウンタウンにあるそうです。
歩道にあるカップに、コーヒを注いでいるようにみえる街灯。

 

ここまでやっちゃう、というのがおもしろいです。
日本では多分ありえないでしょうね。

 

 

次はアメリカ、シカゴにある日時計(?)広告。

 

 

hidokeiシカゴの日時計風のマクドナルド広告
(写真/「CRAIN’S」

 

 

これはちょっとわかりにくいのですが、右の上の方に
マクドナルドの「M」が地面と水平に寝た形であります。

 

写真で見ますと、「M」には見えず三つの点のように見えますね。
赤い部分に「M」の影が写ることによって、初めてそれとわかります。

 

時間によりサービスされている商品が異なり
その時間にサービスされている商品に「M」のマークの
影が当たるように出来ているようですね。

 

これはかなり凝った作りの広告で、時間通りに
「M」の影を落とすのが大変だったようです。

 

 

 

〜不思議篇〜

そして次は、スウェーデンのマクドナルドの広告。
マクドナルドの新しいサンドイッチが
発売された時の広告だそうです。

 

 

makudonarudo4スウェーデンのマクドナルドの広告
(写真/AOTW

 

 

私は最初、下の男の人が見ている新聞に写っている
サンドイッチを食べている人は
新聞を読んでいる男性自身だと思いました。

 

しかも、その部分は新聞の写真ではなく
新聞の枠だけあり、サンドイッチを食べている男性が
透けているように見えたのです。

 

ですが、違いますね。
写真の上半分に写っている、多分、女の人(?)が
下の新聞に写っている人なのですよね。

 

全然違う人なのに、全く違和感がないというのは
技術なのでしょうか?

 

このブログに載せたサイズではなく、もっと大きな写真で
見れば見るほど、そのように見えてしまう写真です。

 

 

 

〜個人的に一番好き編 〜

そして、今日の最後のマクドナルドの広告ですが
これもバスの待ち合い場所に置かれた広告だそう。

 

 

makudonarudo5       Wiener Platzで(写真/「The Inspiration Room」

 

 

「マクドナルドのサラダはこんなに新鮮!」
という広告なのでしょうね。

 

これは今までのようなひねりのようなものはあまり感じませんが
私は個人的に、美しくてかなり好きです。

 

ドイツのマクドナルドで作られたようです。
このポスターはハイドハウゼン、ミュンヘン、
ウィーン・プラッツ等に設置されました。

 

この野外広告は、
2008年6月、カンヌ国際広告祭で銀獅子賞を、
2009年4月にモントリオールメディアフェスティバルで大賞を
受賞したそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す