少年鑑別所に行った社長の御曹司

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140411shugiindai

 

 

最後に一緒に飲みましょうか

先日、私の住むマンションの理事会関係のことで
そのメンバーでは初めて飲む機会をもちました。

 

私は今の家に越してきて、1年もたたないうちに
当番理事の順番がきて数年間、理事を続けています。

 

私を含めて4人で飲んだのですが
そのうちお二人は、何十年という単位で理事をされている
女性たち、もう一人は管理会社の担当フロントマン。

 

唯一の男性だったAさんは、50代の半ば。
数ヶ月前に、今まで勤めていた会社をやめて
現在の会社に入社しています。

 

 

12.5.26.ark

 

 

職種は同じなのですが、Aさんが前に働いていた会社は
数日前の記事にも書きましたが、日本で
たった0,3パーセントの中に入る大企業。

 

現在の会社は、99,7パーセントの方です。
ですが、その日一緒に飲んだ3人は
Aさんが現在働いている会社をかっていました。

 

今日の話とは関係ありませんが、種々の事情により
マンションの管理を今までのAさんの会社ではなく
別の大きな会社に任せることが決定していたのです。

 

そんなこんなで最後に一度、4人で飲むことに。
その時にAさんが、話してくれた話です。

 

 

12 10 5 roppongihiruzu mouri

 

 

 

笑顔で迎えてくれた男性の意外な過去

Aさんが今の会社に入ったばかりの時に、彼を笑顔で
あたたかく迎えてくれた、若い男性社員がいたそうです。

 

しばらくしてその男性社員と話してみると
彼、B君はAさんの息子と同じ年の27歳でした。

 

B君は、同期で入社してやめたいと悩んでいる人の
相談にのるなど、誰に対しても気配りが出来る人。

 

Aさんは、彼をかっています。
「B君がいる限り、この会社を絶対にやめない」
「B君は、将来この会社を背負っていく人だ」と。

 

 

12.5.26.randy

 

 

入社後しばらくして、Aさんは知りました。

 

B君は、二人が勤めている会社の
一番大きな取引先の会社の息子さんだったのです。

 

そんなB君とAさんが一緒に飲んだ時に、B君が話しました。
少年鑑別所に入所していたことがあると。

 

Aさんは、
「おじさんなんか、ちゃんとした刑務所に入ったことがあるよ!」

 

と、まあ自慢とも何ともつかない話ですが
けんかをして刑務所に入ったことをB君に話したとか。

 

 

blog_import_5153673fa55d0

 

 

 

2度とサッカーは出来ない……

B君はサッカーで有名な学校に通い
サッカーに明け暮れる高校生活を送っていました。

 

ところがある日、B君は3人のサッカークラブの
メンバーに、暴力を振るわれます。

 

その結果、B君は2度とサッカーが
出来ない体にされてしまいました。

 

その後、B君はその3人に仕返しをしたのです。
3人をボコボコにしました。

 

そして、当然の結果として少年鑑別所へ行くことに。

 

 

130320mid1

 

 

 

彼がそうした理由は?

B君は、3人に暴力を振るった理由について
最後まで誰にも、一言も言いませんでした。
Aさんは、それに感動して私たちに話してくれたのです。

 

暴力は、何があってもいけないものです。

 

卑怯な暴力への仕返しは、一時的にはすっきりするかもしれません。
ただ、時間が経っても、それはそうあり続けるのかは
私にはわかりません。

 

B君は、言い訳は一切せずに仕返しをしました。
まわりから見たら、B君が一方的に3人に暴力をふるって
少年鑑別所に入った、としか見えないわけです。

 

それでもいいから、仕返しをしたい、という選択をしたB君を
手放しで感動するともいいきれない部分が私にはあります。

 

色々書きたいことはありますが
あえて書かないことにしましょう。

 

皆さんは、これをどのようにお感じになるでしょうか?

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください