イチゴのヘタと先端は、どちらが甘い?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130518itigo

 

 

 イチゴはレモンよりもビタミンCが豊富

イチゴは可愛くておいしくてみんなに愛される果物ですね。
でもこのイチゴ君、可愛いだけじゃないのです。
ビタミンCが豊富な果物でもあります。

 

イチゴは中位の大きさのものでしたら,一日に5つから6つ
食べれば一日に必要なビタミンC、100ミリグラムを
とることができるそう。

 

ビタミンCときくと、ついレモンが思い出されますが
イチゴの方が含有量が多いそうです。
ビタミンCイコール、酸っぱいではないのですね。

 

比較的あまいイチゴ、ちょっと酸っぱいイチゴとさまざまですが
一粒のイチゴの中でも、甘い部分とそれよりは
酸っぱい部分があります。

 

 

9ac7176e926f9569443071685534e75d-300x210

 

 

 

イチゴはどの部分が甘いのかな?

ヘタの部分と先端の部分、どちらが甘いか御存知ですか?

 

実は、先端の方が甘いのだそうです。

 

イチゴを食べる時は、ヘタを手にもってそのまま口に入れる
というイメージが何となくあります。

 

ですが、甘さをより感じるためには
反対の食べ方の方がよいそうです。

 

つまり、甘い先端を先に食べてしまうと、その後の
ヘタの部分は先端より甘味が薄れていますので、
ちょっと酸っぱく感じてしまうということなのですね。

 

 

itigo_mi1               「とよのか」

 

 

 

「東の女峰、西のとよなか」

少し前は「とよのか」「女峰」という名前のイチゴを
スーパーなどでよく見かけたように記憶していますが、
最近は「とちおとめ」「あまおう」などが店頭によく並んでいますね。

 

ちなみに「とよのか」は1984年(昭和59年)に
品種登録をされていて、「女峰」は1985年(昭和60年)です。

 

この「とよのか(豊の香)」と「女峰」は
「東の『女峰』」、「西の『とよのか』」といわれるほど
日本のイチゴを二分するほどの人気だったそうですよ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA       「女峰」(写真/「なんとなくしあわせ」)

 

 

そして「とちおとめ」になりますと平成になってからの品種登録で
1996年(平成8年)。

 

「あまおう」はこの4つの中では一番遅く
21世紀になってからの2005年(平成17)ということになります。

 

これは、イチゴは10年から20年で世代交代をしているので
次々に新しい品種が生まれてくるためなのだそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す