わさびの種「みながわ製菓」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

rosenthalmateki140522

 

 

「わさびの種」

 

袋に「元祖」と断り書きがしてあるところをみますと
こちらが「わさびの種」の元祖なのでしょうか。

 

といっても私は「わさびの種」というおせんべいは
今回、初めて知りましたが。

 

ちなみに原料は、

 

うるち米(日本産、アメリカ産)、醤油、香味調味料、砂糖、食塩、
わさびパウダー(安曇野産本わさび)、デキストリン、酵母エキス、
ふうみ調味料(かつお)、植物蛋白分解物、調味料(アミノ酸等)、
加工デンプン、着色料(クチナシ、紅花黄、カラメル)、
香辛料(原料の一部に大豆、小麦、さばを含む)

 

 

wasabi-1

 

 

 

とびきりの辛さ

ヒッ〜!、と叫んで涙目になってしまうほどの
わさびの辛さでございます。

 

皆さんの感想を見てみますと、この辛さがたまらない、
あとをひく等々、とっても評判がよろしいのですが。

 

皆さんは、もしかしたらこの「わさびの種」を
1つぶ2つぶ、という単位で口に入れていらっしゃるのかも。

 

そこで私も、大量投入をやめて1つぶにしてみましたら……、
う〜ん、泣きそうにはなりませんでした。

 

 

 

000085-370x149                     わさび畑

 

 

 

「例えニーズが少なくても…..」 

最後に、「みながわ製菓」の社長のございさつが
ちょっとおもしろかったので紹介して終わりましょう。

 

みながわ製菓は1949年(昭和24)に創業、
1954年(昭和29)会社を設立しています。

 

日本一の新潟米を原料に……、とありがちが内容の
続きますが、その次が、

 

「商品面では『とうがらしの種』のようなオリジナルな
ものが多く、例えニーズが少なくとも本当に好きな方に
食べていただきたいと考え創造開発を行っております」
(「みながわ製菓」)

 

 

rosenthalmateki140522wasabi

 

 

「例えニーズが少なくとも、本当に好きな方に食べて
いただきたい」というところが、個人的にちょっと受けました。

 

万人受けはしないおせんべいではあっても
それを好んでくれるお客様もいらっしゃるのだから
その方々のために一生懸命つくりますよ、という感じでしょうか。

 

「そっちで行きます」宣言をしているわけではありませんが
ちょっとそんな雰囲気もして、こういう会社もいいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す