「母親から引き離された子馬」と「熊胆(ゆうたん)」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

kouma1

 

 

 

母親から引き離された子馬

左の上の方に、クマさんのぬいぐるみが見えるでしょう?
生まれてすぐ、無理矢理母親に引き離された子馬は
ぬいぐるみのそばに行き寄り添うように眠ってしまいました。

 

 

koumu2

 

 

この写真を見て、学生時代の授業を思い出しました。
教育心理(?か何かの)授業だったと思います。

 

赤ちゃんのサルを母親から離した時に
サルはそばにあるどんなものに抱きつくか、
という実験のお話でした。

 

 

571bf58aa85dc1eb8e9b0bbb311afe6c

 

 

はっきりとは覚えていないのですが
一つは針金のような金属的なもの。

 

もう一つは、それにふわふわとした
布を巻き付けたもの。

 

答えは、書かなくてももうおわかりですよね。
そうです、ふわふわの布の巻き付けてある方に
赤ちゃんザルは行って抱きつきました。

 

 

kouma4

 

 

 

ツイッターで流れてくる動物の悲惨な状況

今日の子馬の写真は、ツイッターに出ていたものです。

 

別のツイッターには,
「競馬から引退した馬の9割は殺されている」とも。
私は全く知りませんでした……。

 

また、こんなアニメの紹介もありました。
熊胆についてです。

 

YouTubeの動画なのですが、ブログに動画を
つける方法がわかりません、ごめん。
一応、「http://www.youtube.com/watch?v=-0EzhwVdFv8」です。

 

 

kumanotannou1

 

 

これは二日酔いなどの薬にする、熊の胆汁をとるために
生まれてから死ぬまで、ずっとオリの中に入れられて
お腹に管を刺されたまま生きる熊の話でした。

 

動けないように小さなオリに入れられ
日に数度、胆汁を抜き取る、その激痛にクマの生涯の
20〜30年間絶え続けるということとです。

 

「中国・熊の胆のうは、熊の生き地獄。
その生き地獄を支えているのは日本の消費者」

 

「熊胆」と書いて「ゆうたん」と読むそうです。
漢方薬でいう「熊の胆(くまのい)」。

 

人間って、驕っているのかもしれないね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す