「赤坂サカス」と「赤坂」の名前の由来

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

rosenthalmateki140602teapot

 

 

「赤坂サカス」の名前に込められたもの

先日、「『ラジオ東京』から『TBS』へ」と称して
「赤坂サカス」ができるまでのお話をさせていただきました。

 

今日は、その「赤坂サカス」の名前について。

 

「奥ゆかしく色づく桜とともに、
人々にも笑顔をさかす、夢を咲かす」
「赤坂サカス コンセプト・概要」

 

「赤坂サカス」のサイトには、「赤坂サカス」の
コンセプトとして、こんな記載があります。

 

2008年3月20日にオープンした「赤坂サカス」、
その名前にはこのような思いが込められていたのですね。

 

 

130715TBSegaonotobira

 

 

新しい赤坂文化の花を咲かす 

新たな文化の発信地であると同時に
歴史のある伝統文化が息づく赤坂。

 

この両方を融合させて、新しい赤坂文化の花を咲かせたい
との思いが込められているそうです。

 

都心にありながら「和」のイメージをまとっている赤坂に
「赤坂 咲かす」という日本語の名称を付けています。

 

いわれてみれば、このような施設で日本語の「咲かす」が
つけられているというのは面白いですね。

 

 

140401sakasutakisakura

 

 

 

名前の中に「坂」がいっぱい!

ところで「赤坂」という地名をローマ字で書きますと
「Akasaka」となりますね。

 

これは上から読んでもしたから読んでもではなく
右から読んでも左から読んでも
「akasaka」となるのですが、御存知でした?

 

そして赤坂といえば、坂の多い街でも有名。

 

「三分坂(これは、さんぶ、ではなくさんぷんと読みます)」、
「薬研坂」、「丹後坂」、「氷川坂」、「円通寺坂」、「牛鳴坂」、
「南部坂」、「新坂」、「久郎九坂」、「檜坂」、「紀伊国坂」、
「乃木坂」、「弾正坂」などのたくさんの坂がある街です。

 

この坂は、赤坂6丁目にある「本氷川坂」。
「もとひかわざか」と読みます。

 

 

motohikawazaka     本氷川坂(写真/「港区産業観光ネットワーク」

 

 

 

「saca(坂)」「saka(坂)」「saka(坂)」 

「赤坂サカス」をローマ字で書きますと「akasaka sacas」。
続けてしまいますと「akasakasacas」となりますね。

 

今度は、この「akasakasacas」を右から読んでみましょう。
すると「sacasakasaka」となるでしょう?

 

区切ってみますと
「saca」「saka」「saka」となって、坂がいっぱい!
坂の多い街、赤坂サカスを表しています。

 

「赤坂サカス」という名前には「赤坂 咲かす」という
意味と同時に、その名前の中に赤坂の街の特徴である
「坂(saka)」がちりばめられている名前でもあったのです。

 

 

150327sacasbenisidarezakura

 

 

「赤坂」という名前は「茜坂」から

それでは「赤坂サカス」以前に、「赤坂」という
地名は、どのようにしてつけられたのでしょう?

 

これについては様々な説があります。

 

 

kinokunizaka        江戸時代の地図(「東京の坂と橋」

 

 

「赤坂」という地名は、江戸時代以前には
見られないものだそうですので
江戸期につけられたということですね。

 

現在、赤坂迎賓館がある場所は
その昔、紀伊徳川家のお屋敷がありました。

 

次の浮世絵は歌川広重の「名所江戸百景」のなかの
『紀ノ国坂赤坂溜池遠景』(安政4・1857年)です。

 

 

akasaka01-s

 

 

 

次の地図でピンク色の線で描かれている部分が紀伊国坂。

 

 

kinokunizaka              Mapionに加筆

 

 

その高台には「茜」か多くとれたところから茜山と呼ばれ
その坂を「茜坂(赤根坂)」と言っていたそうです。

 

その「あかねさか」の音がつまって「あかさか」になり、
その辺り一帯を「赤坂」と呼ぶようになったそうです。

 

「赤坂」という名前がついたいわれは様々ありますが
現在のところ、この説が正しいといわれています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す