北海タコとチェーリートマト ピーマンとドライトマト添え「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130421pieruganyoru

 

 

ドレッシングがさすがプロの味

アークヒルズのANAインターコンチネンタルホテルの2階にある
「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」のサラダです。

 

名前は長くて、
「北海タコとチェリートマト  ピーマンとドライトマト添え」と
いいます。

 

「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」には、
常に何種類かのサラダがあって、それぞれおいしい。

 

自分で作るサラダと違って、野菜の種類も多いですしね。
ドレッシングの味が、さすがプロフェッショナルというお味です。

 

ハーブが少しずつ何種類も入っていたりして、なおなお嬉しい。
自分ではこれだけの種類のハーブを入れられませんからね。

 

このサラダの名前の後半部分、「ピーマンとドライトマト添え」
ですが、このドライトマトって、おうちでもできるんですってね。
ちょっと、驚きました。

 

 

tomaro

 

 

 

ドライトマト作りはプロでなくてもできるかも

例えばかぼちゃの種を乾燥させて云々、というのですと
まあ、可能かもしれないな、と思えるのですが
トマトって水分パンパンの野菜ですよね。

 

これを家庭にあるもので乾燥させることなど
到底できることではないと、私は思っていたのですが……。

 

ところが、作り方を見てみますと、
そんなに難しそうでもないようなんですよね。
ただ、乾燥させるだけですし。

 

それでは作り方を……。
材料はミニトマト20個に、味塩少々です。

 

1 オーブンを130度に温めておきます。
2 きれいに洗ったトマトの水気を拭きヘタを取った後半分に切ります。
3 クッキングシートを敷いた天板に並べて、上からお塩をふります。
4 オーブンで1時間半焼いて充分水分を飛ばした後、しばらく
オーブンの中に入れておき余熱で乾燥させたら出来上がりです。

 

ねっ、簡単でしょう?
時間は、まだ水分が残っているようだったら足す
というように様子を見ながら加減をしてくださいね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す