「商標登録」と「意匠登録」をしてある「天乃屋」の歌舞伎揚げ 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

rosenthakmateki140614hitokutikabuki

 

 

このおせんべいの名前も「歌舞伎揚」?

今日のおせんべいは、名前を見て買いました。
「ひとくち歌舞伎揚」という名前。

 

「ひとくち歌舞伎揚」の
「歌舞伎揚」の部分に注目。

 

私は「歌舞伎揚」というのは
昨日、御紹介した「株式会社天乃屋」の
登録商標だとと思っていました。

 

それなのに、「ひとくち歌舞伎揚」も
「歌舞伎揚」を名乗っているということは
違ったのかな?、と。

 

「歌舞伎揚」という名前はすでに、一つのおせんべいの
ジャンル(?)を表す言葉になっているのだろうか
という興味だけでこのおせんべいを買ってきました。

 

 

 

やっぱり「天乃屋」のおせんべいでした!

ところが、うちで製造会社を見ましたら
「歌舞伎揚」と同じ会社の「株式会社天乃屋」の
製品でした。

 

な〜んだ、そうだったんですね。
でも、ちょっとこの袋、

 

 

140614hitokutikabuki

 

 

普通の天乃屋の「歌舞伎揚」とは
感じが全然、違いますよね。

 

ダイエーやイトーヨーカドーなどのスーパーにある
無印お菓子シリーズのような雰囲気がしませんか?

 

ということで、「ひとくち歌舞伎揚」はやはり
「天乃屋」のおせんべいではあったのです。

 

 

 

1971年に「歌舞伎揚」商標登録

そこで確かめてみましたら、天乃屋は
「歌舞伎揚」の登録商標を1971年に取得していました。

 

翌、1972年には「歌舞伎揚」の意匠登録もしています。
(「株式会社天乃屋 会社概要」)

 

ところで「商標登録」という言葉はよく聞きますが
「意匠登録」の方は、あまりなじみがありませんね。

 

 

 

「商標登録」と「意匠登録」

この二つのごく簡単な説明としては

 

実際に形があるもののデザインを保護するのが
意匠登録で

 

物やサービスを提供する提供者を示す記号を保護するのが
商標登録なのだそうです。(「教えて!goo」

 

わかった?

 

つまり「歌舞伎揚」でいいますと、

 

「歌舞伎揚」という名前自体が「商標登録」で
「歌舞伎揚」のおせんべいの形(紋がついている等の)が
「意匠登録」というわけなのでしょうか?

 

天乃屋の「歌舞伎揚」は、想像通りに
商標登録をされているおせんべいでした。

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す