「ヘーゼルナッツ」の全生産量の75%はトルコ産 「ヘーゼルナッツ」の種類

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140510hezerynattu

 

 

 初めて買った生のヘーゼルナッツ、400グラム

「ヘーゼルナッツ」をネットショッピングで買いました。

 

カシューナッツを買った同じお店で
大阪守口市にある「フルーティヤフーズ」。

 

今回もカシューナッツは2キログラム買いましたが
「ヘーゼルナッツ」はお試しとして400グラムのものを購入。

 

生の「ヘーゼルナッツ」を買ってしまったのですが
ローストをしたものの方が良かったかもしれません。

 

かなり固くて丸のままは無理でしたので
包丁で小ちゃく切ったのですが、まだ固かった。
(これは、あくまで私の基準ですが)

 

 

58378

 

 

総生産の75%がトルコ産

トルコ産のヘーゼルナッツです。
「ヘーゼルナッツ」といえばトルコ、というほど
生産業も、輸出量もともにトルコが世界第1位。

 

「ヘーゼルナッツ」は、2300年前には
すでにトルコ共和国の黒海沿岸地方で栽培されており
約6世紀の長きに渡って海外へ輸出され続けています。

 

現在のトルコの「ヘーゼルナッツ」生産量は
年間で約60万トンにもおよび、これは世界の総生産量の
約75パーセントにあたります。

 

 

hezerunattu1

 

 

 

トルコの「ヘーゼルナッツ」の30%がドイツへ

輸出先はおもにドイツを始めとする
欧州連合(EU)諸国です。

 

トルコの全輸出量の30パーセントがドイツに行く
といいますので、いかにドイツがヘーゼルナッツを
使用しているかということですね。

 

それに対して、トルコから日本への
「ヘーゼルナッツ」輸出量は、2012年から2013年の
統計でいいますと、わずか760トン。

 

全癒狩猟600,000トンのうちの670トンですから
日本の「ヘーゼルナッツ」の使用の少なさがわかります。

 

 

220px-Illustration_Corylus_avellana0

 

 

 

「ヘーゼルナッツ」の形は大きく分けて3種類

私たちが普通、目にする「ヘーゼルナッツ」は
今日の御紹介したようなかたちをしたものですが
ほかにもいろいろなかたちがあるようです。

 

「ヘーゼルナッツ」のかたちは、おおきくわけますと
3種類あるそうです。

 

1 「丸形(ROUNDED)」

今日御紹介の「ヘーゼルナッツ」も
この「丸形」の中に入ります。

 

00_215

 

この「ヘーゼルナッツ」も分類でいいますと「丸形」です。
種類の名前は「カラガラック(Karagalak)」。
ちょっと栗みたいに見えますね。

 

 

 

2 「尖形(POINTED)」

2番目は「尖形」で、名前の通り「ヘーゼルナッツ:の
先端がとがっているものですね。

 

00_47

 

種類名は「クシュ」というようですが
「Ku」の次の文字がわかりませんので
そのままをつけておきました。

 

 

 

3 「長形(LONG)」

そして最後は「長形」です。

 

00_62

 

「ユワルラックバデム(Yuvariak Badem)」という
種類の「ヘーゼルナッツ」です。

 

この形は、日本でいうどんぐりのイメージに
一番近いような気もしますね。

 

ちなみに写真にうっすらと入っている縦横の線は
1センチを表しているようです。
(参照「トルコヘーゼルナッツ協会」

 




スポンサードリンク



コメントを残す