「クッキー」と「ビスケット」の違い ムーンライト「森永」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140614moonright

 

 

「ムーンライト」はクッキー

森永の「ムーンライト」ですが
これはビスケットでしょうか
あるいはクッキーでしょうか?

 

と考えていましたら、「ムーンライト」
の箱に書いてありました。
森永の「ムーンライト」はクッキーだそうです。

 

 

140614munraito「森永」ムーンライトクッキー

 

 

 


「クッキー」と「ビスケット」の違い

ところで、このクッキーとビスケットの呼び方
ですが、どこでわかれるのでしょうか?

 

私自身は、外見が固めのものはビスケット、
柔らかめのものはクッキーかな?
と勝手に思っていましたが。

 

そもそも、ビスケットという意味は
「2度焼く」という意味ですよね。

 

 

「アーティザン」ツーバイツービスケット(イギリス)

 

 

 

ということで私には、ビスケットは保存の
ためにかたく焼いてあるもので、自分では
作らないというイメージがありました。

 

一方、クッキーはといいますと、自分でも焼ける
比較的柔らかめの、ぼそっとしたお菓子という感じ。

 

 

「アーティザン」ツーバイツービスケット(イギリス)

 

 

 

ビスケット協会(略)で決めました

クッキーとビスケットの違いについては
いろいろいわれていますが、一応の
決まりがあることはあるそうです。

 

「一般社団法人全国ビスケット協会
Japan Biscuit Association」が決めたものです。

 

 

アンナ「アーモンドビスケット」(スウェーデン)

 

 

ビスケットとは、
「小麦粉、糖類、食用油脂および食塩」
を原料として焼いたお菓子のこと。

 

ビスケットの中でも、
「手作り風の外観」があり
「糖類と油脂の割合が、全体の40パーセント以上」
のものをクッキーと呼ぶそうです。

 

「糖質と油脂の割合が,全体の40パーセント以上」
という数値で、はっきりしているのはわかりやすい
のですが、もう一つの方の「手作り風の外観」
というのはちょっと曖昧ですよね。

 

 

「ウェイトローズ」ナイスビスケット(イギリス)

 

 

 

あくまでも日本だけの決まりね

これを決めた「一般社団法人全国ビスケット協会」
は、1926年に出来ているのですが、その時の
名称は「全国ビスケット協会」でした。

 

その後、何度か名称を変更していますが
現在の名称になったのは2012年のこと。

 

当然のことながら、この協会に入っていなければ
ここにあげた基準を守らなくてもいいそうです。
とはいえ、ほとんどの会社は加入しているようですが。

 

 

上の「ウェイトローズ」のナイスビスケットで
と意義とで作った鯉のぼり

 

 

そしてこの決まりは「一般社団法人全国ビスケット
協会」という日本の団体が決めたものですので
あくまでも日本国内のみでのこと。

 

また外国でも、クッキーやビスケットの呼び方が
ビシッと決まっているものでもないようですよ。

 

 

「メルバ 」ブラウニークッキー(オランダ)

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください