ロメインレタス(Romaine lettuce) シーザーサラダの名前の由来(王様説)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130618romeinretasuisi

 

 

シーザーサラダといえば「ロメインレタス」

昨日は、1924年に誕生した
「シーザーサラダの本当のレシピ」を御紹介しました。

 

シーザーサラダといえば「ロメインレタス」を
外しては考えられませんね。

 

今日の写真の「ロメインレタス」は
「松戸市大橋地区 うまいものつくろう会 生産者高橋光好」
さんが作ったものです。

 

なぜ、名前まではっきりわかるのかと言えば
名札(?)がついていたから。

 

時々ありますね。
生産者の名前がついていたり、あるいは
写真がついていることもあります。

 

「ロメインレタス」はもちろんレタスの仲間なのですが
他のレタスといいますと、玉レタス、サニーレタス等
いろいろなレタスがあります。

 

これらはほとんど外見は同じような緑色の葉っぱなのですが
「ロメインレタス」はかなり個性的な味がしますよね。

 

 

 

「ロメインレタス」の知名度、10年前は1割

そんな「ロメインレタス」について意外なことを読みました。
ロメインレタスを栽培・販売している方のサイトでです。
「ロメインレタスとシーザーサラダの紹介

 

その中に書いてあったことによりますと、ロメインレタスは
日本の人にはあまり知られていないということでした。

 

20〜60代の人に
「ロメインレタスを知っていますか?」
と聞いたところ、

 

「ロメインレタスを知っている」
と答えたのは、なんと1割の人に過ぎなかったというのです。

 

このサイト自体は、2013年から始めたようでして
さきほどの調査をしたのは、2003年といいますから
今から約10年前のことではあるのですが。

 

といっても、たった10年前です。
ここ10年ほどで「ロメインレタス」は急速に広まり
多くの人々に知られるようになったのでしょうか?

 

 

130618romeinretasu

 

 

 

日本人に馴染みのない野菜、かなぁ?

私の感覚では、「ロメインレタス」は
そんなに珍しい野菜とは思えないのですが。

 

特に、高級食材を置いてあるようなスーパーにしか
置いていないという野菜でもありませんしね。

 

また普通のレタスと、お値段は
変わらなかったように記憶しています。

 

そこで私自身が、いつ「ロメインレタス」の存在を知ったのか
と考えてみたのですが……、これがはっきりとわからないのです。
かなり前だったような気もするのですが。

 

とにもかくにも10年前は、「ロメインレタス」を知っている人は
1割にしか過ぎなかったとは、ちょっと驚きですね。

 

 

121230siza-470x333    「ディーン&デルーカ」の温泉卵添えシーザーサラダ

 

 

 

シーザーサラダの名前の由来

「ロメインレタス」に関しては
もう一つお伝えしたいことが。

 

昨年、シーザーサラダの出来た日といわれる7月4日に
シーザーサラダの名前の由来を書きましたね。

 

ですが、その説以外にもシーザーサラダと
名付けられた説があるようです。
そちらは「王様説」といわれるものです。

 

シーザーサラダの名前の由来は、トーマの武将であり
政治家でもあった、ジュリアス・シーザー(紀元前100〜44)
その人からきているという説です。

 

 

130202siza         「メゾンカイザー」のシーザーサラダ

 

 

 

「ロメイン」とは「ローマの」の意味

「ロメインレタス」という名前自体も、
ローマ時代に多く利用されていたことから
「ロメイン(ローマの)」と名づけられたそうです。

 

「ロメインレタス」は別名を「コスレタス」ともいいますが
これはエーゲ海の「コス島」で栽培されていたために
この名がつけられました。

 

現在「ロメインレタス」を一番栽培しているのはヨーロッパです。
さまざまな品種があり、在来品種まで含めると300種類ほどあるとか。

 

一方、アメリカは「ロメインレタス」の在来品種は10種程度でしたが
品種開発がなされたために、現在では50〜60種類程度に増えています。

 

そして日本ですが、品種数はわずかしかないそう。
「日本国内の市場に出まわっている『ロメインレタス』は
緑色のものが中心」(「ロメインレタスとシーザーサラダの紹介
と書いてありました。

 

私は緑色の「ロメインレタス」しか
見たことがないのですが、他には何色の
「ロメインレタス」があるのでしょうね?

 




スポンサードリンク



コメントを残す