「なましょうゆ」と「 きじょうゆ」の違い 生醤油あげ餅「みながわ製菓」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

rosenthalmateki140615kijouyuagemoti

 

 

 これも「みながわ製菓」でした!

みながわ製菓の「生醤油あげ餅」。

 

つい最近、御紹介した「わさびの種」
「素朴揚げ」もみながわ製菓でしたよね。

 

この3つ、全部、違うお店で買ったものなのですが。

 

 

140316shouyukouji

 

 

 

「なましょうゆ」?

ということはさておき、今日御紹介の
「生醤油あげ餅」の名前の読み方なのですが……。

 

「なましょうゆあげもち」でしょうか?、あるいは
「きじょうゆあげもち」と読むのが正しいのでしょうか?

 

少し前まででしたら、私は全く何の迷いもなく
「きじょうゆあげもち」と読んでいたと思います。

 

ところが、最近知ったのですが
「なましょうゆ」という言い方があるそうです。

 

「なましょうゆ」とは加熱殺菌をしていないお醤油のこと。
これはJAS法で定められています。

 

「膜などで精密なろ過除菌をして火入れの殺菌処理をしたものと
同等であるものは『なましょうゆ』と表示して
製品化することを認めている」と。

 

 

0000003

 

 

 

「きじょうゆ」=お醤油そのもの

一方、「きじょうゆ」というのは、本来は料理用語です。
市販のお醤油そのもののこと、という意味ですね。

 

お寿司屋さんのようなお店で、
ダシなどを加えたものを「合わせ醤油」と呼びますね。

 

それに対して、調合していないそのままのものという意味で
「きじょうゆ」という言葉が使われているのだそうです。

 

加熱殺菌の加工が「ある」「なし」には関係ないそう。

 

お醤油を造っている方が、「なましょうゆ」のことを
「きじょうゆ」と呼ぶお客さんが多い、と書いてありましたが
さもありなんですよね。(「今週の私」

 

 

img_material_02

 

 

 

知っているつもりのものでも
結構知らないものなんだね

「それでは『きじょうゆ』ってどんなお醤油のことだと思ってたの?」
と聞かれたとしたら、う〜ん……。
となって答えられないのですが。

 

よくよく考えてみれば、先ほどの説明の通りに
お醤油そのままのことなのです、当たり前ですが。

 

日本で生まれて日本でずっと暮らしている日本人なのに
日本人には超おなじみのお醤油の
読み方さえわからないとはおかしいです。

 

知っている!、と驕りたかぶっちゃいけませんやね、
と思った深夜2時でありました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す