プルデンシャルタワー 「ジブラルタル・ロック」プルデンシャル生命保険のロゴ

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140806kymo

 

 

2つの東急ホテルの間にある「プルデンシャルタワー」 

先日は「赤坂エクセルホテル東急」
皆さんに御覧いただきました。

 

この写真でいいますと、夕日を受けて
光っている建物のすぐ下の建物です。

 

この「赤坂エクセルホテル東急」の次は、赤坂にある
もう一つの東急ホテル「ザ・キャピトル東急ホテル」の
お話をさせていただく予定ですが、

 

その前に、その2つのホテルの中間にある
「プルデンシャルタワー(The Prudential Tower)」を。

 

この写真でいいますと、正面の真ん中で
一番高く見えるビルが「プルデンシャルタワー」です。

 

「プルデンシャルタワー」はすでに「あぷりのお茶会」では
一度御紹介したことがありますね。

 

(「プルデンシャルタワー」←「ホテルニュージャパン」
←「幸楽」)はもう2年以上前のことですが。

 

 

140411hibiyakoukou

 

 

 

ホテルニュージャパン、料亭「幸楽」の跡地に

「プルデンシャルタワー」ができたのは、いまから12年前の
2002年、平成でいいますと14年の12月16日のことでした。

 

それ以前はといいますと、

 

2.26にも関係の深かった日本料亭「幸楽」が
あった場所であり、

 

「幸楽」の後は、火災で33人もの死者を出して営業停止処分を
受けて廃業した「ホテルニュージャパン」が建っていた場所です。

 

 

226-7          料亭「幸楽」(写真/「写真で見る二・二六」

 

 

 

最初は、千代田生命保険が建設を 

1990年以降は、「ホテルニュージャパン」の
オーナー・横井秀樹の債権者として差し押さえていた
千代田生命保険が所有者となっていました。

 

ですが、この場所はなかなか次の建物が建ちませんでした。

 

1996年に「ホテルニュージャパン」が解体されるまでは
廃墟と化したホテルが放置されていて
一種、異様な雰囲気が漂っていたことを思い出します。

 

その「ホテルニュージャパン」も、
1996年にやっと解体されることになりました。
千代田生命保険がタワー建設に着手したのです。

 

ところがなんと、2000年には
その千代田生命保険が経営破綻をしてしまいます。

 

 

hoterunyujapan    「ホテル ニュージャパン」(写真/「時事ドットコム」

 

 

 

千代田生命保破綻後にプルデンシャル生命が

千代田生命は、AIGスター生命保険となったそうですが
当時、建設の途中だったタワーは
プルデンシャル生命保険が買収することに。

 

その後は、森ビルと共同で
タワーの完成までこぎつけることができました。

 

1998年着工の「プルデンシャルタワー」は
2002年11月に地上38階、地下3階、最高部分は地上から
158メートルもあるという高い建物が建ち上がりました。

 

なおグランドオープンは、2002年12月。
住所でいいますと東京都千代田区永田町2-13-10です。

 

 

 

プルデンシャル生命保険本社ビルとして

これらの様々なことを経て、現在「プルデンシャルタワー」は
日本プルデンシャル保険の本社ビルとなりました。

 

ですから、白いビルには「Prudential  Financial」の
文字とロゴがブルーで入っています(ボケてて、ごめん)。

 

 

140609prudential-445x299

 

 

この建物には、下の文字とロゴに
「 Financial」がついたものが書いてあります。

 

 

logo         (写真/「プルデンシャル保険」

 

 

 

プルデンシャル生命保険のロゴ

「Prudential」の文字の左についているロゴは
「ジブラルタル・ロック」呼ばれるものです。

 

ライフプランナーの世界最高峰を目指して
という意味が込められているそう。

 

このジブラルタルロックは年代とともにかなり変化をしていますね。

 

 

rogo

 

 

一番左側の、1896年に作られた「ジブラルタル・ロック」で
現在は、一番右のもの。

 

 

 

地中海にある難攻不落の山

「ジブラルタル・ロック」とは
地中海のジブラルタル海峡にある山をデザインしたものです。

 

ジブラルタルの要塞が難攻不落ということから
生まれたことわざである、

 

「As safe as the Rock(ジブラルタル・ロックのように安心)」
にちなんでいるそうです。

 

そしてこちらが、その「ジブラルタル・ロック」。

 

 

jiburarutarurokku      ジブラルタル・ロック(写真/「Wikipedia」)

 

 

プルデンシャル保険が、初期の広告に使用してから
ジブラルタル・ロックはアメリカプルデンシャル保険の
シンボルとなりました。

 

なお、このシンボルマークを使用している「ジブラルタ保険」
という会社もありますが、そちらもプルデンシャルの傘下だそう。

 

日本にプルデンシャル保険が入ってきたのは
許取得、会社を設立が1987年で、営業開始は翌1988年です。

 

 

140411purudensharubiru

 

 

 

オフィス、レストラン、マンションが入居

このロゴのついている「プルデンシャルタワー」の
1階、2階はレストランなどの店舗が入っています。

 

3階から24階まではオフィスに、そしてその上の
26階〜38階は「プルデンシャルタワーレジデンス」という
高級賃貸のマンションになっています。

 

1ベッドルームは55万円から、4ベッドルームですと
200万円からお部屋が用意されているようです。

 

ここで私は、あえて550,000円と書かずに
55万円、200万円と書きました。

 

2,00,000円を、20万円と間違えないようにね。
って、そんなの私だけでしょうか?

 

でも、住みたいです。
(「でも」の日本語の使い方が激しく間違っているけど)

 

140411purudensharu

 




スポンサードリンク



コメントを残す