「ズッキーニ」の各国での呼び名 「黄色いズッキーニ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140716zukkini

 

 

ズッキーニはカボチャの仲間

 

今日、御紹介する野菜は黄色いズッキーニです。
ズッキーニは、一見キュウリのように見えますが
カボチャの仲間というのは有名な話。

 

 

rosenthalmagicflute140717

 

 

 

食材としては1959年代以降

原産地ははっきりわかっていないようですが
アメリカ南部からメキシコのあたりということです。

 

Wikipediaによりますと、このズッキーニ、
ヨーロッパにはすでに16世紀頃には持ち込まれていたようですが
お料理の食材としての人気はいまいち。

 

ところが、イギリスのお料理研究家、エリザベス・デイビットが
紹介したことから一躍、お料理の素材としての人気が出たそうです。

 

それが1950年代〜1960年代ということですので
まだ、新参者(?)の食材なのですね。

 

 

rosenthalmateki140716

 

 

 

色々な名前で呼ばれるズッキーニ

現在一番よく見られる、今日のズッキーニのような
キュウリ状のものができたのは、かなり最近のこと。

 

19世紀後半のイタリアで
改良されたものなのだそうです。

 

このズッキーニという、おもしろい名前ですが
国によって、違う呼び名で呼ばれています。

 

 

ズッキーニ(zucchini)」というのは、アメリカとオーストラリア

コーフェット、クルジェット(courgette)」はイギリスやフランス

ズッキーナ(zucchina)」は、これはいかにもという感じでイタリア

サパージョ イタリアーノ(zapallo otaloano)」は南米というように。

 

 

また、アメリカではズッキーニやその仲間の
夏が旬のものを、「サマースカッシュ(summer spuash)と呼び、
秋冬が旬のものは「ウインタースカッシュ(winter spuash)」
と呼ぶそうです。

 

この「スカッシュ(spuash)」という意味は、カボチャ属の実を
意味するということですので、「夏のカボチャ」
「冬のカボチャ」と、まんまということになりますね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す