日本各地のかまぼこ 笹かまぼこ(シソ)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140722sasakamaboko

 

 

作っている「高浜」は「スギヨ」の関連会社

「あぷりのお茶会」初登場の「笹かま」です。

 

「笹かま」といえば仙台ですので、この「笹かま」も
宮城県塩竈市にある「株式会社 高浜」のもの。

 

創業は、なんと6年前という若い会社です。
平成20年4月に、株式会社スギヨとの新体制で
事業を開始したということです。

 

株式会社スギヨといいますと、以前「あぷりのお茶会」に
登場した「カラーにニンジン」をつくっていた会社ですよね。

 

「あぷりのお茶会」ではカラーニンジンでの御紹介でしたが
株式会社スギヨは「カニカマ」で有名なメーカー。

 

 

140722sasakamabokosiso

 

 

 

 小田原「板かまぼこ」

「笹かま」は仙台で有名ですが、かまぼこ自体は
当然のことながら日本各地で作られています。

 

私にとってかまぼこといいますと
これは地理的に近いせいかもしれないのですが
小田原が思い浮かびます。

 

小田原名物のかまぼこは、板についている
かまぼこなので「板かまぼこ」といわれます。

 

 

 

富山「昆布巻きかまぼこ」

小田原からちょっと飛んで富山県にいきますと
「昆布巻きかまぼこ」というものがあります。
このかまぼこも記憶があります。

 

小学生の時だったでしょうか、
どなたかから、お土産で頂いたものだったと思います。

 

 

kobumakikamaboko       昆布巻きかまぼこ(写真/「竹内屋」

 

 

 

愛知「簀巻きかまぼこ」

また、愛知県ではかまぼこにストローのようなものを
巻いてあって、これを「簀巻きかまぼこ」と呼びます。

 

 

sutoP_1
簀巻きかまぼこ(写真/「上野蒲鉾店」

 

 

確かに、かまぼこのまわりが、ストローで
押された(?)かたちになっていますよね。

 

このように簀巻きにする、というと私は
かまぼこよりも伊達巻きを想像するのですが
これも、地方によって違うのかもしれませんが。

 

 

 

山口「ふくかまぼこ」

愛知県からもっと飛んだ山口県では
トラフグをしようした「ふくかまぼこ」
というかまぼこがあるそうです。

 

トラフグで作ったかまぼこなんておいしそうですね。

 

こちらは残念ながら、どなたからも頂いた記憶は
ありませんが(!)、是非食べてみたいです。

 

 

 

島根「野焼きかまぼこ」

山口のお隣、島根県には「野焼きかまぼこ」
というかまぼこがあります。

 

 

noyakikamaboko        野焼きかまぼこ(写真/「岩永邦商店」)

 

 

これは御覧になっておわかりのように
工場での写真。

 

実際に販売されているのは、中の芯を外して
竹輪のような穴の開いた状態のようです。

 

 

 

「ちぎりかまぼこ」を作っているのも「高浜」

次のかまぼこは、ちょっと見ると「笹かま」に似ていますが
「笹かま」よりもう少し厚みがあるもう少し厚みがある
「ちぎりかまぼこ」というもの。

 

 

200       ちぎりかまぼこ(写真/「高浜株式会社」)

 

 

このちぎりかまぼこを作っているのは
今日最初に御紹介した「笹かま」をつくっている会社と
同じ名前の「高浜」という会社ですが、もちろん別会社。

 

宮城県から始まって
鹿児島県まで来てしまいましたね。

 

最初の「笹かま」を作っている
「株式会社高浜」は宮城県塩竈市にある会社でした。

 

一方、「ちぎりかまぼこ」の「高浜株式会社」の
住所は鹿児島県いちき串木野市薩摩山。

 

さつま揚げを作っている会社の住所が
「さつまやま」とは、おかしいです。

 

といっても、もともとさつま揚げという名前が
薩摩からきているのですから、何の不思議もないわけですが。

 

なにか、自分のシッポを噛んで、クルクルまわっている
子犬のワルツみたいになっちゃいましたので
今日は、ここでお話を終わりにしましょうね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す