ビッグなうさぎ「シュウちゃん」 チョコレートが好きだったらね…

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

     タマッチ湖(写真/「NATIONAL GEOGRAPHIC」)

 

 

この世ではないような美しさ

「天空の島」と題されたこの写真は
タマッチ湖(Tumuch  Lake)というカナダの美しい島。

 

カナダ,ブリティッシュ・コロンビア州に
ある湖だそうです。

 

2014年6月24日、「NATIONAL GEOGRAPHIC」の
「今日の写真」に選ばれた作品です。

 

この美しい景色の写真を撮ったカメラマンは
シェーン・カリン(Shane  Kalyn)さんという方。

 

現実のものとは、実際にこの世に存在するとは
思えないほどの美しさ……。

 

 

 

shuchanシュウちゃん
(写真/「シュウ(うさぎ)の自由だらけ」

 

 

 

この世を去ったうさぎさん

今月の1日に、お友達のうさぎさんの
シュウちゃんが、この世から旅立ちました。

 

3キロ以上もある、普通のうさぎさんより
かなりビッグな男の子でした。

 

体の大きさだけではなく、性格もたたずまいも。
他のうさぎさんを温かく見守るリーダーのような
風格を持っていたシュウちゃん。

 

初めてシュウちゃんと、うちのあぷりが
藤沢の病院で会った時に
シュウままさんが教えてくれました。

 

「手術の時、うさぎ用の針が皮膚を通らなくて
先生は犬用の針を使ったんだよ」と。

 

シュウちゃんと仲の良いお友達は
シュウちゃんを「犬」と呼んでからかったりも。

 

 

 shutyankutyan1右がシュウちゃん、左は仲良しのくうちゃん
(写真/同上)

 

 

 

あぷりに分けてくれた無農薬のお野菜

シュウままさんは、シュウちゃんの御飯用のお野菜を
うちのあぷりに何度も送ってくれました。

 

シュウままさんのお父さんが、シュウちゃんのために
家庭菜園で無農薬のお野菜を作っていたのです。

 

シュウままさんは、そのお野菜を惜しげもなく
うさ友さん達に送ってくれました。
たくさんの人たちに、何度もです。

 

「私が好きで送っているのだから気にしないで」
と、あくまでも送られた側の負担にならないような
言葉まで添えて。

 

そんな貴重なお野菜なのですが
あぷりは、他のうさぎさんは大喜びで食べるものさえ
ほとんど食べることができませんでした。

 

かわりにといってはなんですが
私がいつもおいしくいただきました。

 

 

kyabetuhana

 

 

 

最後に「ありがとう」の思いを……

ところが、あぷりが最後の入院から
帰ってきた時のことです。

 

食欲のないあぷりが珍しく
一生懸命、キャベツを食べていました。

 

いつも送ってくれるのと同じようなキャベツなのに、
と私は少々不思議でした。

 

シュウちゃん用のお野菜を、わざわざ手間をかけ
何度も送ってくれたシュウままさんの優しさ。

 

そのシュウままさんの思いを、あぷりは最後に
体の中におさめたのではないか、
そんな風に私は思っています。

 

 

image_produit_bunnyb_reduction

 

 

 

間に合わなかったヤギミルク

その他にも、シュウままさんには
色々お世話になりました。
「うさぎからの贈り物『シュウママさん』」

 

それなのに今回、シュウちゃんの具合が悪くなった
と聞いても私は何もしてあげることができず……。

 

シュウちゃんの最後の通院になってしまった
先月の29日、病院の先生に
ヤギのミルクがいいと勧められたそうです。

 

私はそれを、日付が変わった
30日の始めに知りました。

 

ヤギのミルク?
初めて聞きましたが、調べてみると有名なようです。
早速ネットで手配しました。

 

粉末の方が扱いやすいように思えるのですが
生の方がおいしくて口当たりがいいのでは?
と普通の牛乳のような瓶入りのものにしました。

 

シュウちゃんのおうちにつくのは
翌日の31日ではなく、8月1日とのこと。

 

でも北海道からシュウちゃんのおうちに
直送されたヤギミルクは、間に合いませんでした。

 

シュウちゃんは、その日の朝早く
5時5分に息を引き取っていたのです。

 

 

130715janporuebantyoko

 

 

 

チョコレートが好きだったらね……

シュウままさんと同じように、たくさんのうさぎさんの
面倒を見て優しく守ってくれたシュウちゃん。

 

そんなシュウちゃんは、今度はY先生のお孫さんとして
生まれかわるかもね、というメールが昨日届きました。

 

主治医のお一人であったY先生のお孫さん!
そっか〜。

 

Y先生のたくさんの知識を吸収して、人間に生まれかわった
シュウちゃんは、きっと多くの人を救うことでしょう。

 

 

130815hasunohana480

 

 

いいな〜!
私もY先生の孫に生まれたいなぁ。
そしたら、シュウちゃんの妹か、弟だね。

 

シュウちゃんは、チョコレートが大好きな子でした。
(本当はうさぎさんはチョコレートはダメですよ!)

 

シュウちゃんは、あらゆる意味でうさぎさんではなかったので(!?)
その特別な体質故、獣医さんからチョコレートを食べても大丈夫
という許可を得ていたのです。

 

だからね、将来、Y先生のお孫さんが生まれて
その子がチョコレートが好きだったら
「シュウちゃんだと気づく」って。

 

そうしたら私は、
「おにいちゃんたら、チョコレートがおやつの時は
いつも多くとっちゃうんだから!」

 

「他のおやつの時は、私の方を1つ多くしてくれるけどね……」
なんて言っているのかな?

 

 

140614oakaporo

 




スポンサードリンク



コメントを残す