「利休まんじゅう(黒糖まんじゅう)」宇部市「三田風月庵」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140722omanju

 

 

 「利休まんじゅう」ではない?

今日御紹介するのは昨日、御紹介した
「吹雪まんじゅう」の右側にあるおまんじゅうです。

 

昨日の「吹雪まんじゅう」と今日の「利休まんじゅう」は
いただいたもので、どこのお店のお菓子なのかはわかりません。

 

今日のタイトルなのですが、私はは当然
という感じで「利休まんじゅう」と書いてしまいました。

 

ところが、これとほぼ同じように見えるおまんじゅうで
「黒糖まんじゅう」なるものもあるようです。

 

ですから今日のおまんじゅうの
本当の名前はわかりません。

 

 

140722rikyumanju

 

 

「利休まんじゅう」には白餡も

材料としては、同じようなものですので
このようなおまんじゅうに二通りの名前がある
ということなのかもしれません。

 

「利休まんじゅう」とは、黒糖を入れた皮で
小豆あんを包んであるおまんじゅうのこと。

 

「利休」というのは、千利休が好んだ
おまんじゅうだからといわれています。

 

私は「利休まんじゅう」のあんは、小豆あんとばかり
思っていたのですが、白あんもあるそうです。

 

こちらは、宇部市にあった「三田風月庵」の名物
「利休まんじゅう」ですが、白あんですよね。

 

 

imgres

 

 

 

閉店の理由も似ていますね

「宇部市にあった」と書いたのは、残念なことに
昨年、2013年の3月に閉店してしまったからです。

 

1914年、大正3年の創業だったと言いますから
今年で創業100年でした。

 

第二次世界大戦中は材料が確保できずに
一時休業していたものの、1952年には再開。

 

昨年までは、4代目の竹本竹本寛さんが
社長を務めていたそうです。

 

その竹本社長が、79歳という年齢になったことと
後継者がいないことから、創業99年で閉店
ということになりました。(「山口宇部経済新聞

 

閉店の事情というのは、どこも似ているようです。
ちょっと寂しいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す