間違い電話3 「ORIGAMI」キャピトル東急ホテル

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140627origamichocolate

 

 

もう一つ、思い出しちゃった 

昨日、「キャピトル東急ホテル」のオリガミでのお話
を書いていて、もう一つ思い出したことがあります。

 

今回のお話は、残念ながら
可愛いカルガモの親子は登場しませんが。

 

場所は昨日の話と同じ
キャピトル東急ホテルのORIGAMI。
カルガモ親子の話の、少しあとだったと思います。

 

やはり昨日と同じ市民運動の関係で
議員会館で記者会見が終わったあとのこと。

 

いつもは地味な議員会館の喫茶店で話したり
するのですが、その日はなんとなく
キャピトル東急ホテルに行きました。

 

 

 

Lounge_High_n_09231      オリガミ(写真/「ザ・キャピトルホテル東急」

 

 

 

ロビーの窓際でおしゃべり

彼女と私は、キャピトル東急ホテルの
ラウンジの窓側に座りました。

 

(この写真は、現在のザ・キャピトルホテル東急の
サイトからお借りしたものですので,今回の話の
キャピトル東急ホテル時代の写真ではありません)

 

私は今、思わず「窓側」と書いて
しまいましたが「窓」ではありませんね。

 

ホテルによくあるガラス一面の壁(?)に沿って
おいてある椅子という意味です。

 

向かい合わせで一脚ずつの椅子が置いてあり
間には小さめのテーブル。

 

この写真で言いますと
右側のガラスの窓沿いの席のような感じの所です。

 

 

 

origamirantiseto             ランチセット(写真/同上)

 

 

 

後ろに座っていた人は知り合い

随分おしゃべりをしたあと、二人で席を
立った瞬間、私は驚きました。

 

私の後ろに座っていた男性が知っている人だったのです。
私達が立つと、彼も気がついてオオッ、という感じに。

 

彼の家も、仕事場もここからかなり
離れた場所にあるはずですが。

 

お互いに背中合わせに座っていましたので
顔は見えませんでした。

 

ですが、その時は現在のORIGAMIとは違って
椅子と椅子の間隔がかなり狭く置いてありましたので
声は聞こえたはず。

 

彼の声は特徴的であり、普段でしたら
私は声だけでもわかるはずなのです。

 

彼らは、ロビーラウンジで話しているくらいですから
別にひそひそ話でもありません。

 

それなのになぜ、私は気づかなかったのでしょうか。
私には、偶然会ったことよりもそちらの方が不思議でした。

 

 

BlobServer20        メイプルナッツブレッド(写真/同上)

 

 

 

 番号が違いますよ

その時会った彼ですが、これはまた
それから5、6年たった頃のことだったと思います。
間違い電話をかけてきました。

 

あたりがほの暗くなった夕方。
携帯に出た私は「もしもし」とだけ言って
名前は名乗りませんでした。

 

すると彼は、「もう、店か?」と言うのです。

 

かなり親しい相手でなければ
言わないようなニュアンスの言葉遣い。

 

私はおもむろに
「番号が違っていますよ……」
と伝えました。

 

私の最初の「もしもし」ではわからなかったようですが
番号違いを伝えた時は、はっきり私とわかったよう。

 

「あひゃ〜っ」という
彼の心の中の声が聞こえた気がしました。

 

一年に一度も電話で話さない間柄なのに
省略番号を入れていたのでしょうか。

 

って、それほどたまにかける相手
だからこその省略番号なのかな?

 

まあ、どちらでもいいですが
あまり悪いことはしないようにねっ、Dさん!

 




スポンサードリンク



コメントを残す