祖父を「詐欺師」と言い放つ孫娘「ORIGAMI」キャピトル東急ホテル

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130125denishu

 

 

昨日気づかなかった理由は…

昨日の、ORIGAMIで背中合わせに知人が座っていたのに
気がつかなかった事件(?)については
少々思い当たることがあります。

 

ちょっと長くなりましたので
昨日は書かなかったのですが。

 

私と背中合わせに座っていた知人の話し声が
聞こえなかったのは、彼の声が小さかったから
という理由ではないのかもしれません。

 

実は、私たちの方がちょっと話に夢中になっていて
他の人の声が聞こえなかったのかもしれないのです。

 

 

 

santoribijutukanshuzo         (写真/「サントリー美術館」

 

 

 

彼女の父親は造形作家

オリガミで一緒にコーヒーを頂いていた人は、ミーティングや
会合、といった場所では何年も前から知っていた人でした。

 

ですが、一対一でおしゃべりをするというのは
この時が初めてのこと。

 

彼女がプライベートのことを話しだしました。
彼女の父親は造形作家でした。

 

彼女は、父親の父親、彼女の祖父のことを
話しだしたのです。

 

私は初めて知ったのですが
彼女の祖父もまた、父親と同じ分野の人でした。

 

 

 

santoribijutukanshuzou               (写真/同上)

 

 

 

祖父もまた造形作家

彼女が、その祖父の話を、少々複雑な感じで
話し初めて少したった頃、私が言いました。

 

「まるで、◯◯みたいじゃない!」と。

 

私は、造形作家の◯◯についてのTV番組を
何度か見たこともありました。

 

彼について書かれた本も読んでいましたし
当然のことながら、彼の作品も見たことがあったのです。

 

すると彼女は眉をひそめる、という感じで言いました。

 

「何で知っているのよ?」
「何でって……、有名じゃない」

 

なんと驚いたことに、彼女の祖父というのは
◯◯その人だったのです。

 

 

 

santoribijutukan             (写真/同上)

 

 

 

「詐欺師よっ!」

そしてそれ以上驚いたことは
彼女はその祖父に強い嫌悪感を抱いていました。

 

確かに、私が見たNHKのTV番組の一つは◯◯について
「天才か? 詐欺師か?」
というようなタイトルだったと思います。

 

本来でしたら、祖父にあたる人についての
そのようなタイトルを本人の前で口にするの躊躇われます。

 

ですが彼女の口調と表情から、私は
そのTV番組、「◯◯は天才か? 詐欺師か?」を
見たことを告げました。

 

すると彼女はすかさず言い放ちました。
「詐欺師よ!」と。

 

口調の強さが、彼女の怒りを物語っていました。

 

 

 

santoribijutukanshozou             (写真/同上)

 

 

 

想像もできないこと

この日、彼女から聞いたことを今になって考えてみますと
私には半分も理解できていなかったと思います。

 

それは、彼女の言うことを信じない
というより、全く想像の外のことだったからです。

 

プライバシーの問題で、具体的なことには触れられない
ということ以前に、いくつかを羅列して理解できるような
単純なものではなかったのです。

 

私は彼女からその後、何度も何度も彼女の祖父のことを
聞かされるうちにやっと、なんとなく
ぼんやりとではありますがわかってきました。

 

 

 

glass_side2-300x201

 

 

 

愛情が憎しみに変わるとき

実際に何をしたということ以上に、どのような思いが
彼女の祖父にそのような行為をさせるのか、
ということが私には最も理解できないことでもありました。

 

大切な家族に、人は最大限の至上の愛情も抱けば
その裏返しのような憎しみが生まれることもあるのだと
私はしみじみ思い知らされました。

 

最初に、ORIGAMIで彼女から祖父の話を聞いた時には
既に、祖父は亡くなっていたのです。

 

しかし、その時は勿論、その後もずっと
そしておそらく現在でも、気の毒なことに
とうの昔に亡くなった祖父の亡霊に彼女は苦しみ続けているのです。

 

念願の家を建て、優しい夫と
可愛い子ども達に囲まれていながらも……。

 

 

sglass_bottom_2-300x201

 




スポンサードリンク



コメントを残す