発ガン制御物質の「オープテン」が含まれている「宇和ゴールド」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140614rosenthalmateki

 

 

「宇和ゴールド」って、知ってる?

初めて見た「宇和ゴールド」を買いました。

 

「宇和ゴールド」という名前ですから
愛媛県宇和島産の柑橘類です。

 

宇和島は地図でいいますと、ここのあたりです  ↓
四国の端なのですね。

 

 

赤い線で囲んだ部分が宇和島市

 

 

 

宇和島市吉田町は柑橘類で有名な町

宇和島市の吉田町は柑橘類の
おいしいところで有名な町だそうです。

 

「宇和ゴールド」は「宇和島ゴールド」ともいうよう。

 

ググってみますと、かなり評判がいいです。
おいしいからと、箱で取り寄せている人もかなりいるよう。

 

私の正直な感想は,まだ全部はいただいていませんが
最初の一つが、すっぱ〜〜という感じでした。

 

 

140614uwajimagorudo470

 

 

 

文旦が変異してできた「宇和ゴールド」

「宇和ゴールド」は、品種としては
「河内晩柑(かわちばんかん)」というのだそうです。
文旦から変異してできた果実だとか。

 

皮の表面の感じは,夏みかんというよりは
グレープフルーツに似た感じ。

 

今回買った「宇和ゴールド」は
大きさにばらつきがあり,大きいものと小さいものでは
全体量で1対2、か1対3の差があるほどでした。

 

また最初に切った「宇和ゴールド」は、めちゃめちゃ
タネが多かったのですが、次のものからは全くありません。

 

あまりに個体差が激しくて、今のところ
私は「宇和ゴールド」ってこういう柑橘類ですよ
ということが全く言えない状態。

 

 

 

 「オープテン」が含まれていますよ

「宇和ゴールド」の栄養分としては
ビタミンC、クエン酸、食物繊維などがあげられます。

 

なかでも、注目されるものは
「オープテン」というものがあるそうです。

 

「オープテン」は発ガン制御物質だそうで、
「宇和ゴールド」の皮の部分に含まれています。

 

その含有量は,グレープフルーツの4倍といわれています。
また「オープテン」は加熱しても残るそうですので
マーマレード、ジャム、ピール作りなどには丁度いいですね。

 

 

140614rosenthalmatekibouru

 

 

 

1本の木に、去年と今年と両方の実が?

「宇和ゴールド」は5月頃に花を咲かせて実を付けます。
その実が大きくなってから冬を越して
翌年の春以降が収穫ということになるそうです。

 

年を越した実の収穫は、3月頃から8月下旬まで
といいますのでかなり期間が長いですね。

 

ですので初夏を過ぎた頃は、同じ1本の木に
今年新しくついた実と、去年の完熟状態の実の
両方がついている状態になるといいます。

 

これは他の柑橘類、たとえば夏みかんだとかも
そうなのでしょうか?
不思議ですね、1つの木に去年と今年の実があるって。

 

 

 

それぞれが異なった味わい

長期にわたって木についている「宇和ゴールド」ですので
その味わいもまたヴァリエーションがあるそうです。

 

春から初夏にかけて収穫された「宇和ゴールド」は
果汁が多くて、とてもみずみずしく、

 

夏の盛りまで木についていて熟成された「宇和ゴールド」
になりますと、今度は水分が適度に抜けて
さっぱりとした甘みを感じられるそうです。

 

う〜ん、私はこちらの甘い方を
今度は試してみたいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す