ショコランタン「ロッテ」 フロランタンのヴァリエーション

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

rosenthalmagicflute140703shokorantan

 

 

お手本は「フロランタン」 

ロッテの「ショコランタン」。
食べ始めてから
「うん?、このお菓子、何かに似てる……」

 

と思って「ショコランタン」のサイトを
見てみましたら書いてありましたよ。

 

「キャラメルとからめたナッツ類を焼きあげて
つくる、フランスの伝統的な『フロランタン』
と『チョコレート』をひとつにした、新感覚の
チョコ菓子です」と。

 

そうか〜、「ショコランタン」って
フロランタンのヴァリエーションだったのね。
私はフロランタンが大好きなので
この「ショコランタン」もおいしく頂きました。

 

 

140703shokorantan

 

 

 

フロランタンは元はイタリアのお菓子

さてさて、この『ショコランタン」の
お手本となったフロランタンとは
どのようなお菓子かといいますと……。

 

かためのクッキー生地に、キャラメル
コーティングをしたナッツ類をのせて
焼いてあるお菓子です。

 

写真がボケていて申し訳ありませんが
パティスリー・サダハル・アオキ・
パリのフロランタン。

 

 

blog_import_515361e4e0a67-300x240

 

 

とってもコクがあり、食べた〜と実感する一品。
生地も上にのっているナッツも
ちょっとかたいけどね。

 

フロランタンは、カトリーヌ・ド・メディシス
が、イタリアから持って行ったお菓子です。

 

これって前に「メゾンカイザーのマカロン」を
御紹介した時と同じですよね。

 

マカロンは、16世紀、イタリアはメディチ家の
カトリーヌ・ド・メディシスが、フランスの王
アンリ2世に嫁ぐ時に持って行ったものでした。

 

 

120527makaron

 

 

 

カトリーヌ・ド・メディシスによりフランスに

マカロンと同様,フロランタンも
カトリーヌ・ド・メディシスによって
フランスにもたらされたお菓子だったのです。

 

といますか、多くのものがそうなのでしょうね。
今でこそ私たちは、ファッションも食事も
なんとなくフランス、と思いがちです。

 

ロッテの「ショコランタン」の説明にも
フロランタンを「フランスの伝統的な」
お菓子と書いてありますし、

 

また、Wikipediaを見てもフロランタンは
フランスのお菓子、と記してあります。

 

ですがカトリーヌ・ド・メディシスがフランス
に嫁いだ当時、文化の中心はイタリアでした。
フロランタンも、イタリアからフランスに
もたらされたものだったのです。

 

 

t02200293_0475063310288787705カトリーヌ・ド・メディシス

 

 

 

ドイツ名の意味は「フィレンツェのお菓子」 

このフロランタン、ドイツ語では
「フロレンティーナシュニッテン」
と呼ばれいます。

 

「フロレンティーナ」とは、フィレンツェのこと。
「シュニッテン」とは、お菓子。

 

「フロレンティーナシュニッテン」とは
フィレンツェのお菓子、を意味します。

 

つまり、カトリーヌ・ド・メディシスが
フィレンツェから持ってきたということで
フィレンツェのお菓子という名前が
ついているのですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください