「私が会ったのは……、幽霊?」 存在しない居住者

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120814hasu

 

 

 怪談ではありませんが

今日は、旧のお盆ですね。
日本全体でいいますと、お盆というと7月より
今月、8月のお盆の方がメインでしょうか?

 

夏期休暇も「お盆休暇」などといって
多くの方が休みをとったりしますしね。

 

私には田舎というものがありませんので
小学生の時に、夏休みは田舎に帰るという
友達が羨ましかった記憶があります。

 

お盆だから、というわけではないのですが
今日は、ちょっと前に経験した不思議な話を……。

 

怪談というほどのものではありません。
ただ、今でも私が会った御一家が
誰だったのかはわからないのです。

 

そういえば、去年の8月のお盆には
私が犬の霊を見たお話をしましたっけね。
「死後にお別れを言いにきた犬 ペリ」

 

 

120901hasu

 

 

 

ゴミ置き場で出会った家族

現在の私の住んでいるマンションは、ゴミを置いておく
小さな建物が、マンションのそばに建っています。

 

その小さな物置のような建物は、マンションの
地階とつながっているということなのですが
私はそのあたりについてはよくは知りません。

 

その建物は、人がゴミを捨てに行くためにドアを開くと
夜は自動で電気がつくようになっているつくりです。

 

1か月ほど前にその場所にゴミを捨てに行った時のこと。
私が行くとすでに建物の中には、両親と男の子が
やはりゴミを捨てに来ていたようでした。

 

男の子は、小学生の高学年か中学生になったばかり
といった年頃で、私がゴミ捨ての建物に入ると
用事が済んだその御一家が出てくるところでした。

 

今まで、お目にかかったことがない人々です。
私は軽い会釈をしました。

 

 

130815hasunohana

 

 

 

引っ越して来た家族かな? 

私がゴミを所定の場所に置いて帰ろうとした時
なんと、その御一家がまた建物に入ってきたのです。

 

彼らが、何を持っていたからはっきりとは覚えて
いないのですが、段ボールのようなものだったような
気がして、その時に私は思いました。

 

彼らは最近、このマンションに越して来たばかりの
方で、その片付けを一家でしているのではないかと。

 

和気藹々とおしゃべりをしていて何かとても楽しそうです。
彼ら一家と私はその建物を一緒に出て
部屋に帰るためにエレベーターに乗りました。

 

 

130617hasunoha

 

 

 

Kさん御一家でしょうか?

うちのマンションは、エレベーターを降りると
正面にまっすぐ廊下があり、廊下を挟んで両側に
それぞれ部屋があり、全部で10軒ほどあります。

 

その他に、エレベーターの後ろ側にあたる場所にも
3軒の部屋があるので1階あたりの部屋数は全部で13 。
私はその時に当番理事を3年していたこともあり
13軒のうち、12軒までは住人の顔を知っています。

 

私が知らないのは、エレベーターの後ろにある方の
部屋にお住いのKさんという、1軒のお宅だけでした。

 

Kさんの御主人はここ数年、体を悪くされて
入退院を繰り返しているとのこと。

 

彼らがエレベーターの後ろの方に歩いて行くのを見て
私は、あの御一家がKさんだったのだ、と思ったのです。

 

引っ越しの片付けのように見えましたが
そうではなく、一時的に退院して来たお父さんと
一緒に家族で大掃除でもしていたのかもしれない、と。

 

 

130815hasunohana480

 

 

 

子どもはいませんよ

それから何日かたった後のことです。
うちのマンションは築50年という古さですが、建った
最初から住んでいらした住人と話す機会がありました。

 

その方は Kさんとは親しい方でしたので、私は数日前の
Kさん一家と思われる御家族に会ったことを話しました。

 

するとその方は、
「Kさん一家ではないわよ、子どもはいないもの」
と言うのです。

 

そういえば、あの御両親の年齢にしては
子どもが小さかったような気もします。
結婚してうちを出ているお子さんの子、つまりKさん
御夫妻からいえばお孫さんだったのかもしれません。

 

それを私が問うと、彼女は言いました。
「違うわよ、だから子どもはいないってば」と。

 

まあ、子どもと一緒にいたからといって
自分の子どもや孫とは限らないでしょう、
夏休みに親類の子どもが来ていることもありますからね。

 

とはいえ、何となく親子のような雰囲気でしたが。
私は、Kさん御夫妻の背格好等を聞いてみますと
私が会った御夫婦とは違うようにも感じられました。

 

しかも、Kさんの夫は現在も入院中とのことで
私が会った日も当然のことながら、病院にいたそうです。

 

 

130715hasutubomi

 

 

 

存在しない家族 

そうなりますと、私が会った家族は
存在しないことになってしまいます。

 

彼らは、知人や親戚の家に遊びに来ている
お客様、という感じではありませんでした。

 

あくまでも普段着で片付けていて、親子で
ゴミ置き場に出入りしていたとしか思えない様子。

 

私は毎月、理事会で同じ階の住人とは
顔を合わせていますので、彼らを見間違う
ということは絶対にあり得ません。

 

となりますと、あの3人は一体、誰なのでしょう?
そういえば、彼らの服装は昭和という感じもしないではなく
現代の子どもとはちょっと違う様子だったのも事実です。

 

私がその建物に入って最初に会った時、お父さんと
男の子が楽しそうに話している方を見るともなく見ると
お父さんがちょっと私を意識した表情をしました。

 

お母さんは私の会釈に対して、どなたかしら?
とも言いたげな表情でしたので、問われたら
部屋番号と名前を名乗ろうと思っていました。

 

それは別に不思議ではありませんが
ちょっと不思議に感じることがあるのです。
その後、彼らが一度、帰ってからまた3人で来た時のこと。

 

彼らが帰ってから私は持って来たゴミを所定の位置に置いて
すぐ出ようとしたのですが、その時は特別なゴミを持って
いたわけではないので、1分もあれば終わってしまいます。

 

それが1分ではなく2分であったとしても、彼らが一度
部屋に帰って、再びここに来るのには時間が短すぎます。
それだけではなく、何となく不自然な気もするのです。

 

考えてみますと、彼らに会った夜は
今からちょうど1か月前の7月15日。
お盆の日だったかもしれません。

 

あの御一家は、幽霊なのでしょうか?
以前、このマンションに住んでいらしたことのある。

 

言葉にはしなかったものの、女性が私に対して
「どちら様でしょうか?」というような表情をしましたが
あれは訪問者ではなく、住人でなければしない表情です。

 

彼女は私と初めて会って、おや?と思ったのでしょう。
彼女が住んでいた時に私は住んでいませんでしたから。

 

ですが、もし彼ら3人が幽霊だったのかもしれないと考えて
みても不思議なことに私にはまったく恐怖が感じられません。

 

楽しい時を過ごした大好きな我が家に
家族揃って再び訪れることができてよかったですね、
というのが正直な感想なのです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す