おせんべいとあられの歴史、おせんべいの名前の由来 棒柿 赤坂「柿山」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140401kakiyamamizuhodutumi

 

 

「棒柿」って面白い名前だね

今日も昨日と同じ、赤坂「柿山」のあられ
「みずほづつみ」のなかから「棒柿」。

 

赤坂「柿山」の、棒のようなおかきということで
「棒柿」なのでしょうか?
おもしろい名前ですね。

 

お醤油味のあきのこない嬉しい味です。

 

 

140401kakibou

 

 

 

「おせんべい」の始まりはわかっていない

昨日、「おせんべい」「おかき」「あられ」が
原料や大きさによって呼び方が異なる米菓だ
ということはわかりました。

 

そしてそれらが、1000年以上もの
歴史を持つものだということも。

 

ですが、そのおせんべいが、どのようにして
日本で作られるようになったのかは
はっきりとはわかっていないようです。

 

だいたいのところでは飛鳥時代(平安時代という説も)に
中国から来たという説が一般的なよう。

 

中国はおせんべいの発祥地とされ、前漢(紀元前202〜後8年)の
頃に作られるようになったのではないかといわれています。

 

 

 

「おせんべい」は小麦粉で作っていた!

日本で最古のおせんべいの記録としては
「小麦粉をねって、油で焼いた」
という文が、奈良の正倉院におさめられているそうです。

 

737年頃に書かれた古文書、『但馬国正税帳』に
「いりもちひ(煎餅)」と書かれているのだとか。

 

小麦粉で練って油で焼いたというこのおせんべいの
形状等もはっきりわかっていないよう。
「せんべいの歴史」

 

その後、小麦粉をお米に変えて作ったのものが
現在のおせんべいになったのではないか、といわれています。

 

 

140703hatimituhurai           蜂蜜ふらい「松崎製菓」

 

 

となりますと、「あぷりのお茶会」で
蜂蜜ふらい 『松崎製菓』」を取り上げた時に

 

「小麦粉で作っても『おせんべい』というようですね」
などと書いてしまいましたら、逆でしたね。

 

「おせんべい」は最初、小麦粉で作ったのですから
むしろそのようなものの方が「元祖おせんべい」かも。

 

 

doraemon-200x149

日本のトラディショナルスタイルの鏡餅
…..もちろん、ウソです

 

一方「おかき」は千年間、同じ 

それでは「おかき」はといいますと、
こちらも詳しくはわからないようですが、平安時代には
お餅を原料とした「おかき」が食べられていたようです。

 

お正月にお供えした鏡餅が硬くなってしまった頃に
油で揚げて食べていたといいます。

 

これなどは私が子どもの頃、お正月のお供え餅を
油で揚げてもらって食べていたことと、全く同じですね。

 

となりますと、「おせんべい」は小麦粉からお米という
原料のチェンジという大幅な改変が行われましたが
「おかき」のほうは、千年間、ほぼ同じということに。

 

「おかき」の名前の由来としては……、

 

硬くなってしまったお供え餅を小さくする時に
お正月早々、刃物を使うのは縁起が悪いということで
手で欠き取ったから、ということからきているそうです。

 

 

kagamimoti-200x149

 

 

「おせんべい」の名前の由来は?

一方、「おせんべい」の名前の由来に関しては
赤坂「柿山」のサイトには代表的なものとして
2つの説が載っています。

 

1つは以前、草加せんべいのところで御紹介したものです。
日光街道でお団子を売っていたおばあさんが、
売れ残ったお団子を乾燥して焼いて売っていました。

 

そのおばあさんの名前が「お仙さん」だったことから
「おせんべい」と名付けたという説。

 

 

soukasenbeihasshounoti           草加せんべい発祥の地の碑

 

 

今回、私が新たに知った「おせんべい」の名前の由来は
戦国時代の千利休の弟子だった、幸兵衛さんの名に因むという説です。
「お仙」さんではなく「幸兵衛」さんですね。

 

幸兵衛さんが、先ほどの小麦粉とお砂糖で出来たお菓子を作りました。
それが好評だったので名前を付けました。

 

師匠である千利休から「千」をもらい、
自身の名「幸兵衛」をつけ「千幸兵衛」と。

 

それが省略されて「せんべい」になったというものです。
(「赤坂『柿山』 おかきのこと」)

 

む〜ん、どっちがホントっぽいでしょうか?
どっちもちょっとウソっぽいですね。

 

私個人の趣味としては、「千幸兵衛」の方か
よりウソっぽくて(!)おもしろいかな?

 




スポンサードリンク



コメントを残す