「ヤマトアオドウガネ」セミに続いて、今度はエメラルドちゃんが……

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140815musi

 

今度は緑色の虫がわが家を訪問

15日のお盆の夜に、緑色の虫が
わが家を訪れてくれました。

 

昨日は、8月7日の夜に、セミが家の中に
入ってきたこと
をお知らせしたばかりですが。

 

今年の夏、わが家は
虫の当たり年なのでしょうか。

 

この緑色の虫、入って来た時はコガネムシかな?
と思ったのですが色が違います。

 

緑色の美しい虫。
体長は2,3センチくらいだったでしょうか。

 

石でいうとペリドットの緑色ではなく
エメラルドの緑色。

 

images-1              ペリドット

 

 

 

一泊二日の御滞在

この緑色の虫は、前回のセミのように
壁にぶつかっている様子はないので
その夜は、うちにいてもらいました。

 

夜中にお砂糖水を小さな容れ物に入れて
緑色の虫のそばにセット。

 

すると、エメラルドちゃん(仮名)は
そばにきて飲んでいたようです。

 

翌朝、あまり長い間家の中というのもよくないと思い
エメラルドちゃん(仮名)の乗っていた紙と
お砂糖水の容れ物一式ごと、そっと外に移しました。

 

日の当たらない場所でしたが、小さなカゴを
エメラルドちゃん(仮名)の上に傘のかわりに。

 

あまり動きがないので、心配だったのですが
数時間後に見ると、いなくなっていました。

 

どこかに飛んで行くことができたのでしょう。
よかった、ホッ。

 

juju_precious_photo_04              エメラルド

 

 

 

緑色の虫の本名は何なのでしょうか?

ところでこの緑色の虫は
一体、何という虫なのでしょうか?

 

ググってみましたら、コガネムシの仲間だと
書いている方がいました。(「生好 有怒苦」

 

別の方も「こんな緑色の虫は都会では珍しいのです」
とやはりコガネムシと。(「みんカラ」

 

アオドウガネというコガネムシの仲間と書いている方
「犬と歩けば」)もいましたが、これでしょうか?

 

 

aodougane          アオドウガネ(写真/「犬と歩けば」

 

 

この方は、「アオドウガネ」は鈍い緑色の光沢がある
緑色だが、個体差がある、とも書いていました。

 

アオドウガネに詳しい方のようですね。

 

 

 

「ヤマト」+「アオ」+「ドウガネ」?

ああ、やっとわかってよかったと思いきや
念のためにと他の写真を見ていると……、

 

「アオドウガネ」ではなく、「ヤマトアオドウガネ」
と書いている方もいるのです。(「山の春夏秋冬」

 

 

yamadoaodougane      ヤマトアオドウガネ(写真/「山の春夏秋冬」

 

 

まあ、「アオドウガネ」に「ヤマト」が
つくかつかないかということだけですので
かなり近いとはいえますが。

 

このブログを書いている方は、昆虫に詳しいようで
書いてある文章がおもしろいです。

 

「ヤマトアオドウガネは、南方系のアオドウガネよりも
ずっとドウガネブイブイに近い種類のようで、
ドウガネブイブイに緑色を付けただけのような印象です」
              (「山の春夏秋冬」」

 

なんてね……。
「ドウガネブイブイ」ですって、おもしろいね。

 

 

 

「ヤマトアオドウガネ」に決定!

調べていると、だんだん名前が長くなって行きそうなので
このあたりで決めてしまいましょう(!?)。

 

「ヤマトアオドウガネ」に、「ヒメ」だの「セイヨウ」だの
(って、セイヨウってことはないか、ヤマトがついているので)
落語のジュゲム状態になってしまいそうですので。

 

15日のお盆に、わが家を訪れた緑色の虫は
(一応)「ヤマトアオドウガネ」ということに
決めさせていただきます。

 

ふ〜っ、やっとお名前がわかりましたよ、エメラルドちゃん、
「ヤマトアオドウガネ」さんだったのですね。

 

何のおかまいもできませんでしたが
よろしければ、またいらしてくださいね!

 

140815tamamusi

 




スポンサードリンク



コメントを残す