「空のなごり」 吉田兼好が『徒然草』に書いたのは「空」か「別れ」か?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140830kumo

 

 

2014年8月の終わりの空

今日で8月も終わっちゃいますね。

 

別にもう、小学生でも中学生でもないのだから
8月31日になったからといって夏休みが終わる
というわけでもないのに。

 

『智恵子抄』の「あどけない話」の中で
智恵子は「東京に空はない」と言ったと
高村光太郎は書いています。

 

智恵子の故郷の安達太良山を見たことはありませんが
私にとってこの東京の空はかけがえのない、私の空。

 

冒頭の写真は、8月30日の夕方少し前の空。

 

 

140816akegata

 

 

 

「空の名残」とは「空ろな別れの余韻」なの?

「徒然草」(吉田兼好)の中で兼好法師は
このように書いています。

 

「某とかやいひし世すて人のこの世のほだし
もたらぬ身にただ空のなごりのみぞ惜しき
といひしこそまことにさも覚えぬべけれ」

 

この部分を中学校か高校か忘れてしまいましたが
とにかく授業でこんなふうに学んだ気がします。

 

「ある世捨て人が、この世のほだし(係累)がない身にも
空のさまざまに変わる様だけは心にかかる、
と言ったが、本当にそうである」と。

 

ところが、今調べるとそうではないと書いてあるのです。

 

詳しい事は省略しますが
「日本古典文学摘集 古典を読む 徒然草」を見てね)
空の事ではないと。

 

そこには、このように書かれていました。

 

「この世の絆しも足らぬ身に、
ただ空ろな別れの余韻ばかりが心に残っている、
と読むのが自然でしょう」と。

 

 

140411yoake

 

 

 

「持たぬ身」or「も足らぬ身」?

まず「この世のほだしもたらぬ身に」の部分の
「もたらぬ」の解釈が違います。

 

私が今まで思っていた解釈でいいますと
「この世のほだし 持たらぬ身に」ということです。

 

ところが今回、知った解釈は
「この世のぼだしも 足らぬ身に」だというのです。

 

今までの方は、ほだし(係累)を持っていないとの意で、
今回知った方は、ほだしも足らぬ身、ということですね。

 

なにか「弁慶がなぎなたを(弁慶がな ぎなたを)」
みたいになってきましたが。

 

「もたらぬ」だけではなく
「空の名残」が「空」ではなく「うつろな」であり、
「名残」は「別れの余韻」のことだと。

 

とにかく、今日知った解釈によりますと
「空の名残」という意味は空のことではなく
「空ろな別れの余韻」の意味だということです。

 

 

140806Biz

 

 

 

それではわたくしめが申しましょう(!)

そうなんですか?
吉田兼好は「空」について書いてあるのではなく
「空ろな別れ」のことを書いているのですか?

 

今まで考えていた事と全く違うので少々戸惑っております。

 

本当の意味はそうであるならば、それでは
僭越ながら今度は私が書いちゃいます(!)。

 

「この世のほだしもたぬ身に
ただ空のなごりのみぞ惜しき」(by しのぶっち)

 

20歳ちょっと過ぎた頃、当時住んでいた家からは
富士山を包む美しい夕焼けが見えました。

 

その美しすぎる空を見るたびに、吉田兼好の「徒然草」の
この言葉が頭に浮かんでいたものです。

 

そして、それは今でも同じ。
今のうちは、富士山は見えないけどね。

 

この世のほだし持たぬ身(もたらぬ身ではなく)ではあり
いつこの世を去ってもいいとすら思いますが
この美しい空だけは、やはり心残りという気がするのです。

 

1302akapurizansho

 




スポンサードリンク



コメントを残す