「ストール」だけではなく「スカーフ」もダメ! 「衆(参)議院規則」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

kokkaigijidou131126

 

 

前からヘンだと思っていました

数日前に、赤坂から少々歩いた場所にある国会で
赤いストールを巡ってなにやらあったもよう。

 

実は私は、もうずっ〜と前、まだ20世紀の頃から
このことに関して「ヘンだな」思っていました。

 

こんな機会がなかったら
多分、一生お話しすることはなかったでしょう。

 

今回報道されていることで
疑問に思うことかいくつかあります。

 

 

140408kokkaigijidou

 

 

 

その1
「同様の規則は衆議院にもあります」

「こんな変な決まりのある参議院はなくてもいい」、
あるいは参議院のみの規則のように書いている人もいますが、

 

この規則は別に、参議院に限ったことではありません。
私は国会に傍聴に行った時にしていたスカーフを
とるようにと言われたのは衆議院でした。

 

以下のように、衆議院、参議院ともに
同様の規則があります。

 

衆議院「衆議院規則」 昭和22年6月28日

第213条
議場に入る者は、帽子、外とう、えい巻、かさ、つえの類を着用
又は携帯してはならない。
但し、病気その他の理由によって議長の許可を得たときは、
この限りではない。

 

参議院「参議院規則」 昭和22年6月28日

第209条
議場又は委員会議室に入る者は、帽子、外とう、襟巻き、傘、
つえの類を着用し又は携帯してはならない。
ただし、国会議員及び国会議員以外の出席者にあっては
議長に届け出て、これら以外の者にあっては議長の許可を得て、
歩行補助のためのつえを携帯することができる。「変な法律」

 

 

kokkaigiinkaikan131120

 

 

 

その2
「松島法相が主張する『スカーフ』も禁止されている」

松島法相がこれは「スカーフ」だと反論していること。

 

上記のように、私は議場、委員会議室に入る際、
スカーフをとるように言われていいます。

 

松島法相は「スカーフは可だが、マフラーは不可」
と、誤解をしているのではないかと思われます。

 

産經新聞の10月2日(木)18時40分配信によりますと、

 

着用していたのは「スカーフ」としたうえで
「女性が洋服にセットで付いているスカーフを巻くことは、
(参院規則にある)『外套および襟巻きの禁止』には
まったく当たらない。
日本の女性のファションからスカーフというものを全部
追放したいとおっしゃる方なら、そうでしょうけど」
と反論した。
国会内の記者団の質問に答えた。

 

と書かれていました。(「Yahoo! JAPAN ニュース」)

 

 

kokkaigijidoushugiin131121

 

 

ここからわかるように、松島法相は参院規則では
スカーフは許可されている、と思い違いをしています。

 

その上で、これはスカーフなのだから参院規則で
禁止されている襟巻きには当たらない、と言っているわけです。

 

そものもスカーフが禁止されていることを
松島法相は知らないようですね。

 

 

kokkaigijidoumae131120

 

 

 

その3
「なぜ、松島法相は咎められなかったのか」

松島法相が勘違いをしているのはともかく、

 

なぜ、松島法相だけがストールなりスカーフをしていて
咎められなかったのか?、ということです。

 

kokkaimaeityou131204

 

 

 

この規則は、本当に必要?

私自身はこの件に関して、大臣だから咎められなかった
ということでしたら異議ありですが、

 

松島法相が勘違いをしてしまったように
スカーフをしてはいけない、という規則が
あることの方がおかしいように思えます。

 

衆参両方の規則にある、傘は持って入ってはいけない、
というのはわかります。

 

ですが杖を持って入ってもいけない、というのは
少々、疑問を感じざるを得ません。

 

それに関しては議長に届け、許可を得れば
可能だとは書かれてはいますが。

 

 

kokkaimae131204

 

 

 

道行きも?

昨年はこんなこともありました。

 

その日、私は和服で着物の上に道行きを着ていました。
すると係の人に咎められたのです。

 

つまり道行きは道行きコートともいいますので
衆(参)議院規則の「外とう」に当たるので
脱いでください、ということだったのでしょう。

 

私は、道行きはたしかに外に出る時に羽織るもの
でもありますが、室内でも着用するもの
ということを説明しました。

 

たとえば厚手のカーディガンを外出時に着て行き
室内に入る時に、必ずしも脱がずに
そのままでもいいというのと同じように、と。

 

 

yoroppakokurennhonnbu-270x200ヨーロパ国連本部(写真/「4travel,jp」
スイス、ジュネーブのパレ・デ・ナシオン( Palais des Nations)

 

 

 

 

ファッションと同時に温度調節機能

私が初めてスカーフは議場、委員会議室に持ち込めない
と言われた日は、梅雨時の少々肌寒い日のことでした。

 

私はワンピースを着た上に、レインコートを
羽織り、スカーフを持っていったのです。

 

委員会議室に入る時に、レインコートを脱いで
ロッカーにしまいました。

 

そしてレインコートをぬいだ後
少々寒く感じましたので、スカーフを
羽織って行こうとしたら咎められたのです。

 

松島法相は上記のように、
「日本の女性のファションからスカーフというものを全部
追放したいとおっしゃる方なら、そうでしょうけど」
と反論しています。

 

 

shugiinkaikan131120

 

 

私自身は、ファッションの要素を認めながらも
温度調節にスカーフをしばしば利用しています。

 

多くの報道にも書かれていましたが
国会では、このようなことではなく
もっと重要なことを審議してもらいたいと思います。

 

ですが、ジュネーブの国連本部に傍聴に行った時の
自由さを考えあわせてみますと、こんな規則は
いらないのではないか、とも思ってしまうのですが……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す