デニッシュグラノーラ「神戸屋」マルエツプチ赤坂店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140919koubeyadenisshuguranora

 

 

「グラノーラ」「グラノーラ」

昨日は、明治製菓の「チョコっとグラノーラ」
御紹介しましたが
今日は神戸屋の「デニッシュグラノーラ」です 。

 

昨年もアサヒフード&ヘルスケアの「グラノーラ」
見ていただきましたね。

 

もしかしたら、「グラノーラ」って流行っているの?
と思ってみてみますと……。

 

かなり前から流行っている、というか
流行っていたという感じのようですね。

 

 

130106guranora       アサヒフード&ヘルスの「グラノーラ」

 

 

「グラノーラ」が出来たのは、19世紀後半。

 

そして1960年代に再び「グラノーラ」は
脚光を浴びたということです。
ということは、今回は3度目でしょうか?

 

 

140919denisshuguranora

 

 

 

本当は「デニッシュペストリー」

今日の「デニッシュグラノーラ」の
「デニッシュ」という言葉ですが
本当は「デニッシュペストリー」というそうです。

 

そういえば「デニッシュ」も「ペストリー」も
両方とも普通に使っていますね。

 

 

 

何層ものバターでパイのように

「デニッシュペストリー」は
こねたあとのパン生地に、バターを層に
なるように入れ、のばして成形して焼いたもの。

 

焼いているうちに、バターの部分で
生地が分離します。

 

その結果、空気の層がたくさん重なることになり
やわらかい「デニッシュペストリー」が出来上がるのです。

 

中に詰物(フィリング)をしたり
また上部にフルーツ等をトッピングしたりと、

 

「デニッシュペストリー」は
ちょっとお菓子感覚のパンですね。

 

 

140828tyokottoguranola       明治製菓「チョコっとグラノーラ」

 

 

 

「デニッシュ」=「デンマークの〜」

「デニッシュペストリー」の
「デニッシュ」とは「デンマークの〜」という意味。

 

そういえば「ダニッシュ・ブルー」
「デンマークのブルーチーズ」でしたものね。

 

もう一方の「ペストリー」の方は
生地をパイ状に焼いたものを指すのだそうです。

 

ですからあえて言えば
このパンの形状を表す言葉としては、

 

「デニッシュ(デンマークの〜)」というよりは
「ペストリー(パイ状に焼いたもの)」
と言う方が正確なのかもしれませんね。

 

 

140919soylatte

 

 

 

デンマークでは「ウィーンのパン」

というくらいデンマークが前面に出てきている
パンの名前なのですが、それでは
デンマークではこのパンを何と呼ぶかといえば、

 

ヴィナーボズ(ウィーンのパン)」というのだとか。

 

デンマーク以外の国では、そして日本でも
「デニッシュ(デンマークの〜)」と呼んでいるものが、

 

当のデンマークでは
「ヴィナーボズ(ウィーンのパン)」
と呼んでいるわけです。

 

 

140919denisshuguranora

 

 

 

お互いを尊重したネーミングなのですね

デンマークで「ヴィアーボズ(ウィーンのパン)」と
呼ばれる理由は、このパンがもともとオーストリアの
ウェーンで考案されたからということのようです。

 

それがデンマークに伝わって
今のように発展したのだとか。
「ニコニコ大百科」

 

でも考えようによっては、「我が国が作り上げた」
「いや、私の方が先だ」と主張することなく
互いに譲り合っている、微笑ましい名前ともいえますね。

 

 

 

「神戸屋」おめでとう!

そうそう、最後になってしまいましたが
4年に1回、パリでパンのワールドカップといわれる
「クープ・デュ・モンド」が開催されています。

 

その個人戦ともいう「マスター・ドゥ・ラ・ブーランジェリー」
は世界で選りすぐりの24人で競いましたが、

 

この大会の「パン部門」で優勝したのは
神戸屋レストランの長田友起さん、

 

「飾りパン部門」で3位になったのが
今日の「デニッシュペストリー」を監修した
神戸屋の畑中尉夫さんなのだそうです。

 

武力で競わずに、美しいもの、おいしいもの、
素晴らしい芸術作品等を切磋琢磨して
各国が生み出していけたらいいですね。

 

って、今日はちょっと
お説教調になっちゃった?
でも最近、ちょっときなくさいしね。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “デニッシュグラノーラ「神戸屋」マルエツプチ赤坂店

  1. 勉強になりますの~
    デニッシュにはそういう意味があったのね
    デニッシュ生地は大好きで、シンプルなパンは食べるけど
    フルーツが乗ってるのは得意じゃないんだ
    フルーツで生地がビショっとなっているのと、
    どうもフルーツとパンの組み合わせがあまり好きじゃないんだよな
    甘すぎないナッツ系とかだったら好きなんだけどね

    グラノーラがシリアルコーナーでよく見かけるようになったのって
    いつ頃だっけ?
    あの頃、喜んで買ってたな
    流行ってたよね?
    1960年じゃないよ~(笑) まだ生まれてない
    日本では今が第二次あたりなのかな?

    • usaponさんに言われてあらためて思ったけど
      私もフルーツでビッショっというのはあまり好きじゃないや。
      でもusaponさんは、
      「フルーツがのっていて生地がビッショっ」というよりは
      フルーツそのものもダメなものがあるんでしょ?

      私はメゾンカイザーで、大好き度1、2位を争うのは
      セーグルクランベリーなんだけど。
      usaponさんはクランベリーはダメかな?
      それと本当の名前がわからないんだけどこれも好きなの。
      山盛りもりもりノワゼットで。
      あっ、でもこれはパンの部分がパサパサでだめか〜。

      グラノーラをシリアルコーナーで見かけるようになって
      流行っていた時期って?
      私、全然知らないよ〜!
      もちろん、生まれていたんだけど。
      そしてもちろん、外国で暮らしていたこともないんだけど。

      私はなぜか、そういうのめちゃめちゃ弱くって。
      別にスーパーマーケットに行かない、というわけでは
      決してないし、外国に行ってスーパーマーケットを
      見るのは大好きなんだけどね。

コメントを残す