「月」 溜池山王駅(南北線)アート17 狂言師・山本則直

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120616tameikesannou

 

 

溜池山王駅アートは今日が最後 

溜池山王駅アートの御紹介も
今日が最後となってしまいました。

 

2012年の2月3日の節分「柊鰯(ひいらぎいわし)」
から始まって、今日の「月」まで約3年間で
全部で17のアートを御紹介しました。

 

1 「柊鰯(ひいらぎいわし)」
2 「桜」
3 「ひょうたん」
4 「波に千鳥」
5  「茄子(なす)」
6 「菜の花」
7 「稲穂」
8 「蟹(かに)」
9 「木賊(とくさ)」
10 「萩(はぎ)」
11 「海老」
12 「うさぎ」
13 「竹」
14 「鴛鴦(おしどり)」
15 「蜻蛉(とんぼ)」
16 「菊」
17 「月」

 

一番最初の「柊鰯(ひいらぎいわし)」も
狂言の肩衣の模様でしたね。

 

そもそも溜池山王駅アートは
狂言の肩衣が多かったのですけれど。

 

 

tameikesannou.all_

 

 

 

これでもか、というほどの大きな月

今日の「月」は、溜池山王駅アートの中で
私が一番好きなものです。

 

溜池山王駅で電車を待つ間
たいていはこの「月」の前でうっとりとしています。

 

私は溜池山王駅では、この「月」のあるホームとは
反対側の電車に乗る場合が多いのですが。

 

くっきりと力強いインパクトのある月の輪郭。
そして対照的に、秋の草と月との境目のやさしさ、美しさ。

 

秋の野といえばすぐにススキが思い浮かびますが
これは桔梗の花がたくさん見えますね。

 

『秋野に月文様肩衣』、京都の大蔵流、
茂山千作家の所蔵です。

 

 

141007tuki左の建物(赤坂Bizタワー)と
隣りのビルの間にうっすら月が見えます

 

 

 

狂言師は素敵な人が多い?

今日は溜池山王駅アートの最後ということもあり
この素敵な装束を纏った舞台を拝見したかったと思う
私が一番好きな狂言師のお話をさせてくださいね。

 

そういえば、溜池山王駅アート9回目の
「木賊(とくさ」」の時には
お能の「木賊」にちょっとふれました。

 

何となくお能に花を譲って狂言はちょっと隠れ気味
とお思いになる方もいらっしゃいますが、
狂言はとってもおもしろく魅力的なもの。

 

そしてなんといっても
狂言師って素敵な方が多いのです。

 

今日の肩衣を所蔵していらっしゃる
大蔵流の茂山家の方々も大好きですし。

 

 

20141008kaikigesshoku0写真の右上の方にほんの少しだけ月が見えるのですが……。
左端に写っているビルが、先ほどの赤坂Bizタワー。
月食が終わり左上の部分から少し月が見えだした頃の月。

 

 

 

 山本家の三兄弟

そんな魅力的な方が多い狂言師ですが、私は中でも
山本則直(のりただ)さんの狂言に惹かれました。

 

山本則直さんは、大蔵流の狂言の御一家、
山本東次郎家の方です。

 

山本東次郎(とうじろう)さんが長男で
則直(のりただ)さんは二男、本名は倫士(つねお)。
三男の方が則俊(のりとし)さん。

 

 

02左が山本東次郎師、右の後ろ向きが山本則直師
(写真/「府中市民会館」)

 

 

 

この月の肩衣で山本則直さんの舞台を……

ここ十年近く、お能や狂言から少々遠ざかっていて
舞台もあまり見ることがありませんでした。

 

数年前、少々落ち着いたこともあり
出かけてみようと調べてみて驚きました。

 

「大蔵流本家の別会が『山本則直一周忌追善』として……」

 

一瞬、目を疑いました。
書いてあることの意味が理解できませんでした。

 

その1年ほど前の2010年に
山本則直さんは亡くなっていたのです。

 

 

141008gesshoku1

 

 

 

山本則直さんの魅力

信じられない思いで検索をしている時に
山本則直さんの芸に触れた文章を見つけました。

 

「則直師の芸風は毅然として大きく、
その声は天下一と言われた。」
「りんぷう会公式ブログ」

 

「山本家の狂言の好みは寂寥感漂う東次郎のものと、
いつも怒っているような則直のと分かれられる。

 

僕は強いて答えれば東次郎のそれが好きだが、
則直のロボットのような鋼の狂言が好きな人も多い。」
「ぶの雑感」

 

それらの文を読み、私が山本則直さんの狂言に
惹かれる理由がわかったような気がしました。

 

決して大きい声という意味ではないのですが
突き抜けるような、そして強い意志を含んだかの
響きのある声。

 

「ロボット」という言葉は誤解を招きそうな
言葉ではありますが、楷書体の芸とでも
いったらよいでしょうか。

 

崩れない、軟弱でない……、
などと私が言うのは百年早いのですが。

 

 

imgres        杉並能楽堂(写真/「神出鬼没日記」)

 

 

 

杉並能楽堂でかいま見た山本則直さんのお姿

随分前のことなのですが、私は能楽カメラマンの
森田拾史郎(としろう)さんに、山本家の杉並能舞台に
連れて行っていただいたことがありました。

 

山本東次郎さんからお話を伺ったあと
ふと受付の脇に、柱を背に立っている
山本則直さんのお姿が目に入りました。

 

(実は私の記憶では則直さんは
柱に寄りかかっていたのです。

ですがそれは、私が作った記憶かも
しれないと思い、立っているとしました)

 

「私、めちゃめちゃファンなんです!」

 

などということを言ってもみたいのですが
生来、内気で無口なものですので(!)
もちろん、何も言えずにそばにも行けず。

 

その時の山本則直さんから受けた印象は
ちょっと怒っている小学生の男の子。

 

当時でも山本則直さんは50歳前後の
立派な狂言師であり、別に怒っていらしたわけでも
ないのはわかっているのですが。

 

 

141008gesshoku2

 

 

 

「怒り」

則直さんのお兄様の東次郎さんの
お書きになった本を読んだことがあります。

 

狂言の魅力を、理性的でありながら
決して冷たくはない、東次郎さんの誠実なお人柄が
感じられる文章で綴ったものでした。

 

私はその本に感動して
思わず友人に勧めてしまったほど。

 

狂言のさまざまな魅力の一つに
反権力や世の中の不正、理不尽なことへの
抗議や風刺があります。

 

そのようなものを私は、山本則直さんの
芸のなかに見いだしていたのでしょうか。

 

 

141008gesshoku3

 

 

 

皆既月食……再び現れる月

今日のブログにつけた月の写真は
10月8日の皆既月食の写真です。

 

日本全国で、ほぼ始まりから終わりまでを
見ることの出来る皆既月食は3年ぶりとか。

 

最初の方につけた、まだあたりが暗くなって
いない、うっすらとしか写っていない月の後から
皆既食の終わりまでは見ることができませんでした。

 

写真をとることができたのは、夜8時過ぎて
月が左の上の方から見え始めるところから
部分食が終わるまでのもの。

 

部分食の終わりが9時35分頃でした。
最後のこの写真はそのあたりで撮ったものです。

 

 

141008geshhoku4

 

 

山本則直さんには、泰太郎(やすたろう)さん
と則孝(のりたか)さんという御子息がいらして
現在、共に狂言師として活躍していらっしゃいます。

 

そして泰太郎さんのお子さんの凛太郎(りんたろう)さん
をも舞台で拝見できるのは嬉しい限りです。

 

ひさしぶりに狂言を見たくなりました。

 

この溜池山王駅アートの最後「月」を
山本則直師に捧げます。

 




スポンサードリンク



コメントを残す