TBS放送センターはてっぺんにある? 「三分坂」赤坂の坂2

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140904tbs

 

 

「語られることのないTBSの裏面」

昨日は「TBSの知られざる側面」(!)でしたが
今日は「TBSの語られることのない裏面」(!)です。

 

今日は「TBSの語られることない裏面」ですので
まず最初に、昨日に続く赤坂サカスの後ろからの写真を
御覧いただきましょう。

 

赤坂サカスの入口とは反対の
西側に面している道路から撮ったもの。

 

冒頭の写真の左の下の部分には「ジ〜ン」が……。

 

 

140904tbs

 

 

 

赤坂サカスの後ろにあるのがザ・ビー赤坂

数日前にホテル、ザ・ビー赤坂にある
イタリアレストラン「リアナ赤坂」の
ペペロンチーノとジンジャーエールを御紹介しました。

 

「ニンニクたっぷりのペペロンチーノ『リアナ赤坂』
「ジンジャーエール『リアナ赤坂』」

 

このザ・ビー赤坂というホテルは
赤坂サカスの裏手にあたるホテルです。

 

 

sanpunzaka    (地図/「株式会社 TBSテレビ」)に加筆をしたもの

 

 

道路をはさんで赤坂サカスの
向かい側に建っています。

 

 

140915hotelbakasaka

 

 

この写真でいいますと、右に少し写っているのが
ザ・ビー赤坂のレストラン「リアナ赤坂」のテラス席。

 

このテラス席からTBSのマークが
見えるのですがおわかりでしょうか?

 

 

140921hotelbakasaka

 

右下の方に、ちょっと斜めに「TBS」と見えるでしょう?

 

 

 

 TBS放送センターの後一帯がこのあたりのてっぺん

昨日は、赤坂サカスは入口から後ろにかけて
かなり高低差があるとお話ししましたね。

 

建物でいうと4階分ほどの差にもなると。

 

ですから赤坂サカスの一番後ろの方と
ホテルザ・ビー赤坂も含めて、その辺一帯が
このあたりの、いわば頂上(?)ということになります。

 

ということでここは頂上ですので
赤坂サカスのうしろからは、今度は下り坂。

 

それがこの写真の坂で、名前は「三分坂」といいます。
さんぶ坂」ではなく「さんぷん坂」。

 

 

140915sanpunzaka

 

 

 

赤坂で一番急な坂

昨日は「円通寺坂」を御紹介しましたが
赤坂にはその名の通り、たくさんの坂があります。

 

その中でも一番急な坂がこの「三分坂」でしょう。

 

写真ではちょっと感じがつかめないため、さほどとも
思わないかもしれませんが、かなりの急な坂です。
上ってくる時は、確実にゼイゼイします。

 

次の写真は、前のものと逆から、
「三分坂」の中間からTBS放送センターを撮ったもの。

 

 

140906tbssanpunzaka

 

 

TBS放送センターの右上に、ちょっとだけ見える
お皿状のものは以前、御紹介した「ビッグハット」。
「ビッグハット『TBS放送センター』赤坂サカス『てっぺん』」

 

 

TBSbighut140618-374x299

 

 

 

「三分坂(さんぷんざか)」 

「三分坂」を撮った今日の写真は2枚とも、1本の直線の
道しか写っていませんが「三分坂」は先ほどの写真の
右手前で直角に右折して赤坂通りに合流します。

 

地図でいいますと、こんな感じ。

 

 

sanpunzaka           ピンク色(∧∧∧∧)は「三分坂」

 

 

TBS放送センターの後の通りから急に
下り坂になっているこの部分「 ∧∧∧∧  」が「三分坂」です。

 

昨日、お話ししたように
赤坂サカスの一ツ木通り(東側)と
赤坂通り(南側)は平地です。

 

昨日、「赤坂の坂1」で御紹介した「円通寺坂」
がある円通寺通り(北側)で上り坂になり、

 

 

entujizaka-400x303         ピンク色(∧∧∧∧)は「円通寺坂」

 

 

今日お話しした「三分坂」(西側)で
急な下りになるわけですね。

 

 

 

「銀三分(ぎんさんぷん)」は百円余り

そもそも「三分坂」という名前の由来は
急な坂の為に車賃が銀三分増しになった為だといいます。
「MINATOあらかると」

 

「銀三分(ぎんさんぷん)」といいますと
現在の金額で百円あまり。

 

「銀三分(ぎんさんぶ)」と読んでしまうと
四分の三両という大金になっていますので
ここは「さんぷん」と読むのが正しいとのこと。

 

銀三分増しになったというのが頷ける本当に急な坂です。

 




スポンサードリンク



8 thoughts on “TBS放送センターはてっぺんにある? 「三分坂」赤坂の坂2

  1. 赤坂も20代前半の頃は仕事でフラフラしてたけど、
    最近は滅多に行かないからわからないな~
    赤坂サカスが出来てからなんて数回しか行ってないよ
    数年前に降りた事のない溜池から向かったら
    なぜかアメリカ大使館の方へ行っちゃったし(^_^;)
    今度案内してね~

    • 20代の頃は、仕事で赤坂に来ていたの?
      打ち合わせをしていて、かわいそうに
      コーヒーを出されたなんかして……。
      赤坂サカスが出来てから数回とはいえ
      マキシムのランチの食べ放題何回か行っているんでしょ?
      いいな〜。
      なくなると何かむしょうに行ってみたかったなんて、
      それならば行けばよかったのにね。

      • コーヒーの件はたしか川崎の方だったと思う(笑)
        赤坂はホテルや大使館、旅行会社に使いっぱしりで行かされてた~
        ひと駅電車に乗るのがめんどくさくて、よく歩いたな

        マキシムの食べ放題無くなるなんて思ってもみなかったよ
        だからいつでも行けると
        食べ放題じゃないけど、ランチはやってるみたいね
        ちょっと高いけどね

        • そうなの、川崎の方なんて特定できるほど
          コーヒーの被害が少なかったというのは
          ある意味よかったね。
          コーヒーって、すぐ出されるような気がするから。

          今ちょっとだけマキシムのランチ見た。
          う〜ん、ちょっと高いけど。
          でも、また研究(?)が足りないのだが、
          マキシムは、ドミニク・サブロンのパンのおかわりOK
          ということは食べ放題ってことで
          それはそれでいいよね。

          • お茶を出してもらえるようなところは数箇所しかなかったからね
            殆どが使いっぱしりだったから(笑)
            新入社員は大変だよね

            マキシムはパン食べ放題じゃないと思うよ
            1Fのコートドルージュがパン食べ放題みたい
            マキシムでブッフェをやっていた時に、ドミニクサブロンのパンも食べ放題だったけど、種類少なかったし、他のお料理に目がいって食べなかったな
            コートドルージュのランチがパン食べ放題がついて1000円ぐらいみたいだから、あぷちーさんふらっと行ってみたら?
            一人でも入りやすそうなお店だよ

            • くわし〜!!
              えっ?、そうだっけ?,と思って今
              ググってみたらその通り!
              笑っちゃったよ〜!
              なんでそんなにくわしいの?
              うん、1000円なら行けるかも。
              ここね、引っ越しの前にオークだけは
              手で運んだの。
              その時、一人でランチしたんだけど
              冷製パスタの何とかかんとかで、いわゆる
              コートドルージュのランチはまだ食べたことない。
              私、お茶はともかく、食事って一人で入れなくて。
              でも、行っちゃおうかな〜!
              大人だから(!)

  2. えっ あぷちーさん一人で食事しないの?
    いつもカフェに行ってるから全然平気だと思ったよ
    私はわりと大丈夫だよ
    夕飯作らなくていい日は、喜んで一人でどこか寄っちゃうよ
    今日は何食べようかな?とね
    入りやすいお店だけだけどね
    カウンターや高そうなお店、ブッフェなんかは無理~
    コートドルージュだったら一人で入りやすそうだよね?
    大人のあぷちーさんだったら大丈夫だよ
    行ってらっしゃ~い

    • そうなの〜、全然ダメ。
      usaponさんって、社交的で活発で
      中身が本物の大人だから平気なんだよ。
      「夕飯作らなくていい日」というのはわかる〜。
      なんとなく開放感が想像できておかしい。

      うん、だからコートドルージュは行けたの。
      でもあの時は、オークと一緒だったんだけどね。
      ドキッ!
      行ってきます〜!

コメントを残す