『ピーターラビット』の作者 ビアトリクス・ポター

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140915rosenthalmagicfluteoak

 

 

落語の三題噺ではありませんが

最近、国会の赤いストールの話を聞き
ブログでもそれに関することを書いてみました。
「赤いストール『衆議院規則・参議院規則』」

 

書いているうちに最初は考えてもいなかった
ジュネーブのヨーロパ国連本部のことに触れた瞬間、

 

私はジュネーブで出会った「オーク」の木々を
鮮やかに、そして懐かしく思い出したのです。

 

なんていいますと、まるで落語の三題噺の
ように聞こえるかもしれませんが本当のこと。

 

実は私の憧れの木が「オーク」という名前だと
知ったのはスイスのジュネーブだったからです。

 

 

140429oak420

 

 

 

なぜかオークが大好きで

私は小さい頃から、ドングリが大好きでした。

 

ドングリは何でもかわいくて好きなのですが
中でもある特定のドングリが「私のドングリ」。

 

私はそのドングリの名前が知りたくて、ドングリ図鑑等を
探してみたのですがどこにも出ていません。

 

一度は、葉の形が似ているので「柏」なのかな
と思ったりもしましたが柏の実は形が全然違います。

 

といっても私はその時点では「私のドングリ」を
実際に見たことはなかったのです。
多分、本の挿絵か写真ででも見ていたのでしょう。

 

成人するまでに実物を一度も見たことがなかったいうことは
日本ではごく普通にある木ではないということ。

 

実際のドングリは見たことはなかったものの、その姿形は
もうはっきりと私の脳裏に刻まれ
心の中にしっかりと住み着いていたのです。

 

 

141005ooak

 

 

 

街中オークだらけ、といっては言い過ぎですが

そして名前のわからなかった私のドングリの名前が
「オーク」だとわかったのがジュネーブだったというわけ。

 

オークという木の名前は知っていましたが
その実が「私のドングリ」だったとは……。

 

最初にジュネーブに行ったのは夏でしたが、2度目に訪れたのは
10月の終わりから11月にかけてのことでした。

 

驚くべきことに、街には私の憧れの木が
葉っぱを紅葉させてドングリを道に落としていました。

 

その時の私は、嬉しさにもう言葉もありません。
ただ、「!」のみです。

 

そして黙々とドングリを拾い続けました。
この世に、こんな幸せな場所があるのだと。

 

オークの木は街のいたるところにありました。
街中にあるといってはオーバーですが
特別な様子はまったくなく、ごくありきたりな感じで。

 

日本で必死になって目を皿のようにして探していても
お目にかかれなかったというのに。

 

もう、そこにもあそこにも……。
わあ、ジュネーブに住みたいなぁ、なんてね。

 

 

140915rosenthalmagicflute

 

 

 

ナショナルトラストのマークもオーク

そういえば欧米では、地名や通りの名前にも
よくオークという言葉が使われていますよね。

 

ということは、それほど親しまれている
ごく普通にある木ということなのでしょう。

 

ジュネーブで、私の憧れの木がオークだと
わかった2年後のこと。

 

イギリスで車に乗っていると、オークをデザインしたと
おぼしきマークがあちらこちらに見えます。

 

「あれはナショナル・トラストのマークなのよ」

 

車の運転をしながら
お友達のS子ちゃんが教えてくれました。

 

その年はナショナル・トラスト100周年の
記念の年だったのです。

 

わあ、イギリスに住みたいなぁ……。
も〜、単細胞なんだから!

 

 

themationaltrust-270x200    ナショナル・トラストのマーク(写真/4travel.jp

 

 

 

国会議員の前に、一人一人の意識

ナショナル・トラストができて100年と
聞いた時に、私は思いました。

 

やはり日本と違ってイギリスは自然を大切にする国なのだ、
国会議員の意識が高いのだ、と。

 

ところが実際は、産業革命によって自然破壊が
進むなか、なんとか美しい自然を守りたいと市民が
活動を始めたのがナショナル・トラストだったのです。

 

運動を始めたのは『ピーターラビットのおはなし』
を書いたビアトリクス・ポターたち。

 

彼女は、友人のハードウィック・ローンズリーたちと
力を合わせてイギリスの自然を守ろうと尽力しました。

 

ビアトリクス・ポターは『ピーター・ラビット』の
本で得た印税で湖水地方の土地を買い求めます。

 

そしてその土地は、彼女の死後に寄付されて
現在は誰もが訪れることの出来る場所になっています。
一度は訪ねてみたいですね。

 

 

thumb03       (絵/「ピーターラビット公式サイト」

 

 

 

逃げない人

おお〜っ、なんと国会・国会議員に
話が戻ってきたではないですか。
ホントに三題噺。

 

国会議員の質が向上して欲しいとは誰もが望むところでしょう。
今日も、小渕経済産業大臣が辞任しました。

 

ですが私は、ビアトリクス・ポターの
ナショナル・トラストの話を知った時に思ったのです。

 

やはり私たち一人一人が意識を高め
出来ることをしていかなくてはいけないのだと。

 

世界中で愛されている、あんなにも可愛い
ビーター・ラビットを描いたビアトリクス・ポターは、

 

可愛いこと、素敵なことだけを見るのではなく
現実を否認せずにしっかりと見つめた人だったのです。

 

そして、好ましくない現実を見て嘆くだけではなく
出来ることを実際に行動に移した人でもありました。

 

 

140429oakyoake

 

 

この写真の真ん中に立っているのはプルデンシャルタワー。
この向こうには国会議事堂が建っています。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “『ピーターラビット』の作者 ビアトリクス・ポター

  1. トップ画像のどんぐり
    きっとあぷちーさんが育てているオークなんだろうな
    と思いつつ、話題にするのを忘れていました。
    ごめんね。
    可愛いどんぐり~
    プランターでちゃんとなるって凄いね。

    ジュネーブはオークだらけなの?
    わーっ 素敵なんだろうね。
    あぷちーさん2回もジュネーブに行ってるんだ。
    いいな~
    スイスは一度転勤話がチラッと出たけど、
    話だけで終わってしまったわ。
    住んだら素敵なんだろうね。

    子供の頃拾ったどんぐりっていろんな形があったよね。
    まーるい樫の実もあれば、細くてとんがったのもあったよね?
    わたしもどんぐりわりと好き
    うちのトイレにも飾ってあるよ トイレでごめんね~(笑)

    • ありがと、ありがと。
      本当に、私もびっくりなの。
      今日も、他のことをググっていて、うちのオーク
      の年齢ではドングリはならないのが普通みたい。
      それも、土が少ない鉢なのにね。

      実は、今日は本当は「オーク」のことをアップする
      予定だったんだけど、いくら何でもまた、オーク
      の写真ばかりじゃと思って自粛したの。
      急遽,エビの話を12時過ぎに書いたりして。
      近い将来、アップするけど、去年(2013)の
      オークの葉っぱの色を見て欲しいの。
      そして、会った時にusaponさんの推測を
      是非、聞かせて欲しい。

      たった1つだけど、実がなってくれて嬉ぴい。
      でも、一昨日の、ということはピーターラピットを
      アップした日の午後3時頃に、落ちてた〜

      スイスって全然に詳しくはないんだけどいいよね。
      私、暑いの苦手だから寒くてもいいから涼しいの好き。
      転勤の話、またないの?
      物価はかなり高いけど、でも、収入が高いから
      同じだね、観光客じゃないし。
      ジュネーブは3回行ったんだけど、3回目は
      ドングリにあわせて同じ時期を選んだの。
      なのに、その時は全くなくて、紅葉も早かったよう。
      年によって、かなり違うんだと思った。
      スイスというよりイギリスなんてオークが
      いっぱいで本当に、本当にうらやましい。
      そうなのよ、色々な形があるからね。
      それぞれ可愛いよね。

コメントを残す