「ブドウ」は「エビ」だった! えびせん「坂角」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

141020ebisenbankaku

 

 

坂角のえびせんべい

「坂角」と書いて「ばんかく」と読みます。

 

私はえびせんは自分では
買ったことはなく、これは頂きもの。

 

お皿の上の左側にある、丸い形のものが
一番有名な「ゆかり」です。

 

あとの2つは「きそひ」という名前で
それぞれ海苔が巻いてあります。

 

上の右側の正方形の方が「ふな旅」で
下の、短冊のような形のものは「ふな唄」。

 

 

141020bankaku

 

 

 

 百年以上の歴史を持つ「坂角」

坂角は百年以上の歴史があるそうですが
もっと前の寛文6(1666)年のことでした。

 

尾張藩主の徳川光友公が、愛知県東海市に御殿を
造営されている時に、漁師たちが海辺で
おいしそうなものを食べていました。

 

とれたてのエビのすり身を
あぶり焼きにして食べていたのです。

 

徳川光友公はそれを食されて
極上の美味と絶賛されたとか。

 

この時のエビのすり身をあぶり焼きにした
ものは「えびはんぺい」というそうです。

 

そして時移り、明治22年。
創業者である坂角次郎さんは、以前からあった製法に
工夫を重ねて「生せんべい」を作り上げました。

 

これが今日、御紹介の現在の「ゆかり」です。
「ゆかり」と命名されたのは、昭和41年のこと。
「坂角オンライン通販」

 

 

 

原料にはさまざまな種類のエビを使用

えびせんですから、原料は当然のことながら
「エビ」なのですが、製品によってさまざま種類の
エビを使用しているといいます。

 

車海老、芝海老、甘海老、桜海老という具合に。
この「ゆかり」に使用されているエビは

 

近いところでは三河湾、瀬戸内海、そして
ニューギニア近海のエビも使用しています。

 

 

ebi-270x140    「ゆかり」「きそひ」の原料のエビ(写真/「坂角」)

 

 

「ゆかり」1枚につき、写真に写っている
体長10センチほどのエビを7尾使ってあるそうです。

 

また「ふな旅」、「ふな唄」に使われている
海苔は地元、伊勢湾産の黒海苔。

 

 

 

「海老」と「蝦」

今、私は「エビ」と書いていますが、「エビ」には
「海老」や「蝦」という漢字がありますね。

 

「海老」は、歩くタイプのエビ(Lobster)
——イセエビをいい、

 

「蝦」は、泳ぐタイプのエビ(Shrimp、Prawn)
——車エビ、ボタンエビ、甘エビ、サクラエビをいうそうです。
「RICHO Communication Club」

 

 

 

「ブドウ」は「葡萄」と書いて「エビ」と読む?

また、現在ではブドウを漢字で書くと
「葡萄」と書きますが、

 

昔は「葡萄」と書いて
「えび」と読んでいたのだとか。

 

 

blog_import_515363352b7e1-300x231       「ブドウ」は「エビ(葡萄)」と呼んでいた

 

 

果物のブドウの色が、紫がかった赤い色でしたので
その色を「葡萄(えび)」色と呼びました。

 

また、果物のブドウと同じような色をしている
海の生き物も「葡萄(えび)」と呼ぶようになります。
「エビ色(葡萄色)」の生き物というわけ。

 

そして生き物のエビには、「海老」や「蝦」という
漢字が当てられるようになりました。

 

一方、本来「葡萄(エビ)」と呼んでいた果物は
ギリシャ語、またはウズベク語のブドウを音訳して
「ブドウ」と呼ばれるようになったのです。
「季節の花  300」

 

 

 

だから「葡萄色」を「えびいろ」と読むんだね

う〜ん、海老・蝦という生き物は、
「葡萄(えび)」と呼ばれていたブドウに似た色だった為に
「葡萄(えび)」といわれるようになり、

 

その後、「エビ」という音だけをもらって
「海老」や「蝦」の漢字を作ってもらったのですね。
つくってもらったという言い方も変ですが。

 

「海老・蝦」に「葡萄(エビ)」という音を
明け渡してしまったブドウは、本来「葡萄(エビ)」と
読んでいたものを、「葡萄(ブドウ)」と読むことにした、

 

ということです。
ややこし〜!

 

でも、今わかりました。
前から、「葡萄色」と書いて
なぜ「えびいろ」と読むのかわからなかったから。

 

現在では、色の名前にだけに
「ブドウ」が最初に名のっていた
「エビ」という音を残しているというわけですね。

 




スポンサードリンク



4 thoughts on “「ブドウ」は「エビ」だった! えびせん「坂角」

  1. おっ 坂角のえびせんですか
    最近食べてないけど美味しいよね
    二十数年前によくお土産に買ってたよ
    去年、名古屋の友達から名古屋限定の「ゆかり名古屋黄金缶」をもらったよ
    中身は同じだけど、黄金だよ黄金(笑)
    名古屋城と徳川家康?のイラスト入り~

    蒲萄と書いてエビと読む方が最初だったのね
    ぶどうがギリシャ語だったなんて…
    なんでも調べると奥が深いね。

    • くくくっ……
      「ゆかり名古屋の黄金缶」!
      笑いが止まらないよ〜
      笑いながらこれ書いてるんだよ〜

      実はね私、坂角に限らないんだけどえびせん
      あまり好きじゃなくて。
      お安い方のかっぱえびせんは食べるけど
      あれって、本当のえびせんではないよね。
      でもね、今回は坂角のおいしく感じたの。
      ちょっとは舌が進歩したのかなって。

      このえびせん、先週の土曜日の理事会でもらった
      いわくつきのものでして……、今度聞いてね。
      そうそう、キャンセルになっちゃった日、
      OKって、言ったけど、12時までっていうのも、
      全然OKだからね。
      usaponさんがせわしなくなければ。

      • あぷちーさん どこでパソコン開いてたの?
        笑いながらって変な人だと思われちゃうぞ~

        いわくつきのえびせん話楽しみにしてるね!

        • うちでもパソコンが出来るときもあるの。
          「出来るとき」ていうのが悲しいけど。
          昨日ね、夜寝る時も「中身は同じだけど、黄金だよ,黄金」を
          思い出しておかしくって……。
          それと◯十年前の商品券!
          今も、笑っちゃう。
          うん、ぜひ聞いてね〜!

コメントを残す