スタバもマックもアメリカでは使用しないトランス脂肪酸 「太鼓せんべい」七尾製菓

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

141007nanaotaikouseibei

 

 

「太鼓せんべい」もちょっとハマったことが

「太鼓せんべい」を作っている七尾製菓は
1957年、昭和32年にでき
1988年に株式会社になりました。

 

「太鼓せんべい」は、株式会社になる
10年前の1978年に誕生した七尾製菓の人気商品。

 

「太鼓せんべい」は、水は一切使わずに
卵のみで小麦粉を溶いてあるそうですが
カロリーは、1枚約、85キロカロリー。

 

ちょっと、カロリーは高いかな?

 

 

 

カロリーも気になるけど

原材料は、
小麦粉、砂糖、落花生、鶏卵、マーガリン、
果糖、ぶどう等、デキストリン、食塩、
膨張剤、乳化剤、

 

とということで、カロリーもさることながら
私はやはりマーガリンが気になりますね。

 

 

130801sakurisutanyamazakiサクリスタン「ヤマザキ」
ここからの写真は「あぷりのお茶会」で紹介した
マーガリンを含むパンの一部

 

 

 

動物性油脂

食物一般で、動物性のものよりも
植物性のものの方が何となく体にいいような気がしますね。

 

確かに動物性の油脂は「飽和脂肪酸」を多く含み
コレステロール値を上げ、心筋梗塞、動脈硬化
といったリスクを高めることは周知のことです。

 

動物性油脂の溶ける温度、これを融点といいますが
これが高いために、常温では固体になり
体内でも固まりやすいからです。

 

 

130304sankakubou    三角帽のクロワッサン「パスコスペシャルセレクション」

 

 

 

だから植物性油脂

一方、植物油脂は「不飽和脂肪酸」を多く
含んでいる為に、動物性油脂とは反対に
コレステロール値を下げる働きがあります。

 

また、油の溶ける温度、融点も低い為に
常温では液体となり固まることもありません。

 

動物性油脂は、ドロドロのかたまりで
植物油は、サラサラというイメージがありませんか?

 

 

140510midorilpitua        スティックケーキ「サンデーブランチ」

 

 

 

マーガリンが出来たのは20世紀初頭

それでは植物油脂が万能か、といえば
そうともいえない部分もあります。

 

植物油は酸化しやすいので
すぐ品質が劣化してしまうのです。

 

体内ではともかく、お菓子やパンを作るに
あたっては、バターのような
常温で固体である油脂が必要でもあります。

 

それらのことから、バターに変わるものとして
20世紀の初めに新しくつくりだされたのが
マーガリンだったのです。

 

 

12.7.27.hiyasi        東京くるりぃむパン「サカスカフェ」

 

 

 

「水素添加」で酸化をふせぐ

植物性油脂の酸化しやすいという欠点は
「水素添加」という化学処理により
安定するようになりました。

 

これは水素添加によって
「不飽和脂肪酸」 → 「トランス型脂肪酸」
に変化したことを表しています。

 

不安定だった原子構造が、水素原子の移動(トランス)
により、きれいに並んで安定した構造になります。

 

その結果、常温でも固体を保ちながら、酸化もしにくい
というように扱いがきわめて便利になったのです。

 

 

140703hatimiturai470          蜂蜜ふらい「松崎製菓」

 

 

 

「トランス脂肪酸」の弊害

「トランス脂肪酸」は自然界にも存在しているもの
でもありますが、水素添加によって科学的にできた
「トランス脂肪酸」は、自然界には存在しないもの。

 

水素添加の科学的な「トランス脂肪酸」の
危険性が指摘されるようになったのは
20世紀も終わり近くになってのことでした。

 

多分みなさんも、「トランス脂肪酸」が
体に与える悪影響については、何らかの報道で
目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

悪玉コレステロールを増加させたり、肝臓に悪い影響を与えたり
心臓病のリスクを高める危険性に、アトピー性皮膚炎などの
アレルギーの原因になる等々。

 

 

130517sweetcranberryrosenthal    スイートクランベリー「パスコスペシャルセレクション」

 

 

 

「日本人は摂取量が少ないから大丈夫?」

現在、アメリカに住むM子ちゃんが
母親と、マーガリンについて話したそうです。

 

日本に住む彼女の母親は、こう言ったそう。

 

「日本人はアメリカ人と違って
そんなに多量にとらないので大丈夫」と。

 

多分、この意見は多くの日本人の
それでもあるでしょう。

 

 

121202busshudo     ブッシュドノエル「オーブンフレッシュキッチン」

 

 

 

ホント?

ここでは、WHO(国連世界保健機関)の勧告した数字等の
細かいことは省略しますが、日本人の摂取量は少ない
ということで一括りには出来ないような気もします。

 

たとえば、フライドポテトMサイズ1つで
すでに基準値を超えてしまうそう。

 

規制のあるアメリカでは、スターバックスも、
ケンタッキーフライドチキンもマクドナルドも
ショートニングは使っていません、

 

同じお店でありながら、それらの日本の店舗では
相変わらずショートニングを使い続けているのです。

 

日本の食品安全委員会は国民の「トランス脂肪酸」
摂取量が少ないと発表していますが、それらの統計には
これら外食産業でのショートニングは含まれていません。

 

その上、若年層は摂取量が多いと考えられていますので
全く問題がないとは言い切れないのではないでしょうか。

 

ショートニングも、マーガリン同様の
「トランス脂肪酸」であり、多くの市販のお菓子、
パン等には入っているものです。

 

また、自分でクッキーやケーキといったお菓子類を
作る人ならば使った経験もあるでしょう。

 

私はこれらの情報を知らなかった頃に、ショートニングを
たくさん利用してよくクッキーを作りました。

 

 

140901tappurikuruminomeronpan       たっぷりくるみのメロンパン「パスコ」

 

 

 

欧米だけではなく、アジアも

ニューヨーク市では、すでに2005年に市内の
飲食店やスーパーマーケットに、マーガリンを
調理用油として使用しないことを要請していますし、

 

ヨーロッパでは(アメリカでもカリフォルニア州は禁止)
発売禁止になっている国もあるということです。

 

欧米だけではなくアジアでも、韓国や台湾では
トランス脂肪酸の含有率を表示するよう
決められているということですよ。
「『マーガリン=健康的な油』はウソだった」

 

今日はたまたま「太鼓せんべい」に使用している
と書きましたが、以前にも「あぷりのお茶会」で
お話ししたように、多くの食品に使われています。

 

その一部の写真を今日のブログに載せました。

 

七尾製菓の「太鼓せんべい」が特に使用している
というわけではありませんので、誤解しないでね。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “スタバもマックもアメリカでは使用しないトランス脂肪酸 「太鼓せんべい」七尾製菓

  1. これすごく勉強になったよ
    そうなんだ
    知らなかったよ
    家でよくバターを使った料理をするけど
    バターよりヘルシーかな?と
    マーガリンを使ったり、
    チューブタイプのマーガリンが楽なので使ったりと
    マーガリンもよく使ってたわ
    これからは気を付けないとね
    画像のパスコスペシャルセレクションもよく買うよ~

    • 日本ではかなりのものにマーガリンって
      使われているよね。
      チューブのマーガリンは,初めて聞いた!
      そんなのがあるんだ。

      ねえ、ねえ、クッキーをつくる時とか
      ショートニングを使わない?
      私は、この事実を知らなかった昔は、お菓子のレシピに
      ショートニングと書いてあって、これはバターやマーガリン
      とは違う製菓用の特別なもの(いい意味)だと
      思っていたくらい。
      高価で質がいいとかいうものではなく、外見からして
      油分ではあるけどサクサク感を伴った仕上がりになるとか。
      プロが使う材料風と勝手に思い込んでいたよ。
      ところが実際は……。
      昨日,メゾンカイザーでポテトがさめてもかたくならずに
      おいしいとか言っていたでしょう?
      もしかしたら、メゾンカイザーのポテトは
      ショートニングで揚げていないのかな、とも思ったりして。

      そいえばusaponさんが教えてくれた
      トマトの缶詰ではなく箱入りトマトと、リンゴの「秋映」、
      手に入れたよ〜
      ありがと〜

コメントを残す