映画「365日のシンプルライフ」 全てのモノを1年間、倉庫にあずけたら……

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

141026nuigurumipiano

 

 

最後に記念撮影

この写真に写っている全てのものは
もう、私のものではありません。

 

ぬいぐるみにピアノに、家。
数年前の引っ越しの時に処分してきたものたち。

 

現在の私の部屋は、今までの半分ほどの
広さしかありません。

 

2つあった食器入れも、当然のことながら
その中に入っていた食器も処分しました。

 

 

 

理想の住まいは? 

私はモノを持つのが嫌いなのですが
皆さんがどうでしょう?

 

前にお友達に私の理想の暮らしを話したことがあります。

 

それは、ひろ〜い、だだっ広いともいえるスペースに
いくつかの植物と、あぷり(うさぎの名前)の写真を
1つだけ置いた部屋。

 

すると、それを聞いた友達がいいました。
「それじゃ、仙人だよ」と。

 

 

images     まあ、ここまで大きくなくてもいいですが……(!)

 

 

 

映画「365日のシンプルライフ」

かなり前ですが「断捨離」という言葉がありましたね。

 

その究極版(?)のようなドキュメンタリー映画が
最近、東京で上演されたそうです。

 

これからも日本各地で上映される予定だそうですよ。
詳しくはこちらを →(『365日のシンプルライフ』

 

この映画の監督・脚本・主演を努めたのは
ヘルシンキに暮らすペトリ・ルーッカイネンという26歳の男性。

 

失恋の痛手をモノで埋めようとしていた生活を
やめよう、と彼はある日、決意をします。

 

1 持っている全てのものを家の近くにある倉庫に預ける
2 一日に1つだけその倉庫からモノを持ってくる
3 それを1年間続ける
4 その1年間は、何も買わない

 

この4つのルールを作りました。
ゼロからの出発です。

 

ということは当然、目覚まし時計もありません。
毎朝、近所に住む彼の弟さんが
起こしにきてくれたそうです。

 

 

p_director1      監督・脚本・主演 ペトリ・ルーッカイネン

 

 

 

社交的になり、人との絆も深まる

テレビやパソコンという、モノがあればあるほど
家の中ですることが多くあるということ。

 

彼は、1年間それらがないために外に出かけて行き
とても社交的な暮らしだったそうです。

 

また、あらゆるモノがないということは
まわりの人のお世話になることでもあります。

 

その方々に迷惑をかけてしまったと思う一方、
その分、絆が深まったとも感じているとか。

 

 

365sinpururaihu        (写真/『365日のシンプルライフ』)

 

 

 

「こういうものがあったんだ」

興味深いのは、1年間の実験が
終わった後の彼とモノとの再会。

 

自分にとって大事なモノであり
それらが幸せをもたらすと思っていたモノへの
愛着が薄れていたことに彼は気づきます。

 

「こういうものがあったんだ」
という程度の感じしかなかったそう。

 

1年間、自分の目の触れるところになかったことにより
愛着と関心が薄れていて、それらは自分の人生に
関係がないモノになっていたのです。

 

 

 

結局、倉庫の多くのモノを処分

1年間の実験後、全てのものを預けた倉庫に
彼は、何ヶ月も行くことはありませんでした。

 

2度ほど行って、子どもの頃の思い出の写真や
一部の生活実用品を持ってきただけ。

 

それ以外のモノは、人にあげたり
リサイクルセンターに持って行ったりと。

 

この実験の終了後も、彼は何ヶ月もの間
買い物が出来なかったということです。

 

モノを買おうという気持ちが起こらず
それ以来ほとんどモノを買っていないそう。

 

モノを買うことは、それを所有することであり
いずれは捨てなければなりません。

 

そのリサイクルを考えるようになり
責任を感じるようになったからだそうです。

 

実験前は、いかに自分がモノに執着していたか、
また、モノが幸せをもたらしてくれると思っていたか。

 

現在ではウソのように感じられると
ルーッカイネン監督はいいます。

 

 

365nitinosinpururaihu        (写真/『365日のシンプルライフ』)

 

 

 

自分にとって「家」とは?

また彼はこんなふうにも思っているそうです。

 

モノと距離をつくったことは、自分にとっての居場所、
家とは何なのかを考えることだったのかもしれないと。

 

それまで、「家」とはあくまでもモノがあっての家であり
好みのインテリアやモノに囲まれること。

 

ところが実験後は、ありのままの自分自身を知り
受け入れられるようになったそうです。

 

「物質的な家」ではなく「内なる家」。
自分が安心していられる居場所であると気づいた、と。

 

 

365nitisinpururaihu     ペトリ・ルーッカイネン監督を迎えてのトークイヴェント

 

 

 

自分の人生に本当に必要なもの

私は学生時代の2年ほど、実家を出て
暮らしたことがあります。

 

その大学専用のアパートでした。
狭いアパートで、クローゼットも半間の
ものしかありません。

 

アパートに入らない、多くのモノを
実家に置いてありました。

 

ですが、生活に必要なものがなくて
実家にとりに行った、という記憶はありません。

 

本当は必要のないものを
たくさん持っていたのですね。

 

私は数年前、これが最後の引っ越しになるかも
という移動を済ませました。

 

今までの約半分ほどの広さですので
私としてはかなりモノを処分したつもり

 

ではありますが、やはりまだまだ……。
もう一度、見直してみなくてはいけないようです。

 

 

 

映画の中の言葉たち

では最後に、映画に出てきた
素敵な言葉を御紹介しましょう。

 

「何が本当に必要かは自分で決めないとね」

「持っているモノの多さで幸せは計れない」

「人生はモノでできていない」

 

どれも当たり前の言葉なのですけど深い言葉。

 

40平方メートルの部屋に住んでいた彼が持っていた
モノは数でいうと、5,000〜20,000点だろうとのこと。

 

ところで、彼が最初の日に倉庫から
持ってきたモノは一体、何だったのでしょうね?

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “映画「365日のシンプルライフ」 全てのモノを1年間、倉庫にあずけたら……

  1. バラエティ番組でこれ見たよ
    最初に持って来たもの見たような気がするけど
    なんだったかな? 忘れてる~
    スーツやコートを選んでるのは覚えてるけど…

    私も若い頃に狭い部屋で2年間一人暮らしをしたよ
    何にもなかったな~(笑)
    でも楽しかった
    今の家に引っ越す前は、4年に1回ぐらい引越しをしていたので、
    ある程度片付いた生活をしていたけど、
    この家に引っ越してきて10年…
    スッキリ生活したいのに、物に囲まれて時々イライラ…
    毎日捨てなきゃ捨てなきゃって思ってるよ
    引越しの時がチャンスだけど、あぷちーさん思い切ったね
    最近サボっていたオークションを再開して、ちょっと物を減らそう!
    こういうのを見ると、やる気が出てくるわ
    ありがと

    • そうか、TVで紹介していたんだ。
      ネットでの説明等には、最初に持って来たものは
      誰もが、なるほど、と思うものって書いてあるの。
      それとは別のところに書いてあった文章には
      最初は目覚まし時計も、なんと下着もなくて
      この映画は、全くの裸の監督が走っているシーン
      から始まると。
      ということは、私としては下着を最初の日に
      持って来たのかな?という気がするんだけど
      そうでもないみたいで……う〜ん、わからん。

      すっきりした暮らし、あこがれるね。
      4年に1度の引っ越しとは,大変そう。
      でも、確実にモノは整理できるだろうね。
      私は今回,かなり思い切ったつもりで
      越して来た時は、収納場所がほとんどなかったのに
      結構すきまがある、嬉しい状態だった。
      それがあっという間にきつきつになってしまい……。
      ほとんど何も買っていないと思っているんだけど。
      自覚をしないで、結構買っているんだよね。
      いや〜こちらこそ、励ましてくれてありがとう!

コメントを残す