「エシャレット」 日本人の半数は間違っている?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140722shallot

 

 

「エシャロット」は間違い

今日の写真に写っている野菜は
「エシャレット」です。

 

本当の名前は「エシャレット」なのですが
売り場でついていた名前は「エシャロット」。

 

「エシャロット」は間違いなのですが
この間違いは、かなり頻繁にあるそうです。
なぜでしょうか?

 

 

rakkyounohana     ラッキョウの花(写真/「みんなの趣味の園芸」

 

 

 

「エシャレット」はラッキョウ

本来この「エシャレット」というのは
品種名ではありません。

 

品種名はラッキョウ。
ラッキョウを若いうちに収穫したものです。

 

最初、これを売り出す時に「根ラッキョウ」
という名前を考えたそうです。

 

でも、その名前では売れないのではないか
との意見も……。

 

そこで東京築地の大手青果卸、
東京中央青果常務の川井彦二さんが考えたのが
「エシャロット」だったのです。

 

ヨーロッパの「エシャロット」に似ていたことから
「エシャロット」というお洒落な名前をつけたそうです。

 

 

 

本家本元の「エシャロット」

次の写真が、フランス料理には欠かせない素材として
知られている「エシャロット(eschalot)」。

 

 

3sharetto

 

 

スリムなタマネギ、といった感じですね。

 

ところがこのスリムなタマネギの
内部を見ますと、こんな感じだそう。

 

 

esharotto          エシャロット(「Wikipedia」

 

 

いわゆる私達の知っているタマネギというよりは
ラッキョウがいくつもかたまっているようにも見えますね。

 

ですが、勿論「エシャロット」はバラバラにはせず
このタマネギ状で販売されますので
お店に並ぶ姿は、若いラッキョウとは全く違います。

 

今日、御紹介の若いラッキョウが
このスリムなタマネギの「エシャロット」という
同じ名前をもらったのは1955年頃のこと。

 

その当時は、本物の「エシャロット」は
日本に入っていなかったので
混乱することはありませんでした。

 

 

esharotto1フランス産の「ベルギーエシャロット」(写真/「おいしい畑」
手前の紫色のものは皮をむいたところ

 

 

 

 

本物の「エシャロット」が日本に登場

ところが、だんだん本家本元の「エシャロット」も
日本の市場に登場してくるようになります。

 

となりますと当然のことながら
混乱が起きてしまいますね。

 

本家のスリムなタマネギも「エシャロット」、
根ラッキョウという名前がつけられそうになった
若いラッキョウも「エシャロット」と同名なのですから。

 

 

esharettohatake        エシャレット畑(写真/「SEIKA」

 

 

 

昔の名前は変えました

そこで本物の真似をしてつけられた
若いラッキョウの方の「エシャロット」は

 

「エシャレット」あるいは「エシャ」
と呼ぶようになったのだそうです。

 

というような経緯が尾を引いて
いまでも「エシャレット」を「エシャロット」
という名前で販売する店舗が後を絶ちません。

 

私が買ったお店もそうだったように。

 

そして、その結果として日本の多くの消費者は
今日の野菜「エシャレット」、「エシャ」を
「エシャロット」だと思い込んでいるということなのです。

 

 

img60167299-270x200      浜松産の「エシャレット」 ちょっと長ネギみたい

 

 

 

昔の名前でも出ています

農林水産省のサイトでは、昨年、2013年4月に
「エシャロット」と「エシャレット」の違いを
このように説明しています。

 

「若採りのらっきょうは、市場に出回り始めた当初、
「エシャロット」と呼ばれていました。
し かし、小型たまねぎの一種で、フランス料理やイタリア料理に
用いられる香味野菜「シャロット (英名)」のフランス名が
「エシャロット」で、前者と混同されたことから、若採りのらっきょ
うの方は「エシャレット」や「エシャ」と、小型たまねぎの方は
「ベルギー・エシャロット」と 呼ばれるようになりました。
したがって、両者は、全く別種の野菜です。「農林水産省」

 

最初がかんじんということですね。

 

一度、間違えて流布してしまうと
それを正すのは、本当に大変なものですから。

 

 

140722zucchini        添えられているのがエシャレットの葉

 

 

 

正しい表記で一本化して欲しい

ちょっとネットで「エシャロット」を検索すると
混乱ぶりが、よくわかりますよ。

 

「エシャレット」を「エシャロット」と間違っている人。
あるいは知っているけれど、間違えている人が多い
ことから両方表記してあるなど……。

 

明らかに間違っている人は仕方がありませんが
知っていながら2つ書くという変な「気遣い」はせずに
正しい「エシャレット」に一本化してほしいものです。

 

検索して出て来たものをいくつか読んでいるうちに
わけがわからなくなって、混乱すること請け合いです(!)。

 

 

140722esharotto

 

 

 

なぜ、全然別の名前にしなかったの?

ところで大きなお世話ではありますが
最初に、他の野菜の名前をつけてしまった
ということ以外に、私にはもう一つ疑問があります。

 

最初に命名された時は「エシャロット」が日本に
入っていなかったので、わからなくもありません。

 

わからないのは、本当の「エシャロット」が
日本に登場するようになった時点で
若いラッキョウの呼び方を変えた時のことです。

 

なぜ「エシャレット」、「エシャ」などという
紛らわしい名前にしたのでしょうか?

 

今までの名前に似ていた方が
覚えやすいからということなのかもしれませんが。

 

「エシャレット」などという、どっちだったけ?
となりそうな名前ではなく
「ラキョット」とか「アスラッキョウ」とか……。

 

(蛇足ながら、「アスラッキョウ」の名前の根拠は
「♬ 大きなヒノキに明日はなろう〜」のラッキョウ版、
明日はラッキョウという意味ね)

 

……、やっぱりダメ?

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “「エシャレット」 日本人の半数は間違っている?

  1. エシャロットは知ってるけど、エシャレットって名前は知らなかったかも。
    エシャロットはたま~に入っている料理があるけど、
    エシャレットは食べないからな~
    でもどう見てもらっきょうだよね?
    味噌とかつけて食べるやつでしょ?
    見た事はあるよ(笑)
    ほんと紛らわしくなるから全く違う名前にして欲しいよね。
    どう見ても和風の名前の方があってると思うけど…

    • また、笑っちゃっている(って、日本語がおかしいけど)……
      そうだよね、ラッキョウまんまだもの。
      外国の野菜、まさにフランスのエシャロットが日本に
      入ってきた時なら、エシャロットでいいけど、
      ラッキョウに、無理してお洒落な偽名をつけるというのも
      なんだかなと。
      最初の案の「根ラッキョウ」で全然OKだと思うよ。
      私は日本人の一番多くの人がそうだと思うけど
      エシャロットとエシャレットを混同していた、今まで。

コメントを残す