「和栗」を含む世界の5大栗 栗 赤坂「青野」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

141125kuriakasakaaono

 

 

野生のシバグリを品種改良した「和栗」

少し前から、お菓子などの説明に「和栗」という言葉が
よく使われていて気になっていました。

 

「和栗」とは、野生の「シバグリ(柴栗、芝栗)」を品種改良した
栗のことで、実が大きい上に風味も良い栗のことだそうです。

 

ただ、甘みはそれほどでもなく、また渋皮が剥がれにくく
果肉も割れやすいという欠点もあるそう。

 

色としては黄色が強く前回、御紹介したケーキのモンブランの色。
「日本で初めて『モンブラン』を作ったモンブラン」

 

 

1551_1_1

 

 

 

「世界5大栗」

「和栗」以外では、「朝鮮栗」「中国栗」「アメリカ栗」
「ヨーロッパ栗」の5大栗が果樹として栽培されています。

 

なお4大栗という分類もあるようですが、「和栗」と「朝鮮栗」は
近いとはいえ別の種類のようですので5大栗の分け方にしました。

 

 

141125akasakaaonojounamagasikuri

 

 

 

1 「和栗(Castanea crenata)」

野生のシバグリを品種改良したもので、現在種類は100ほど。
「筑波」「伊吹」「国見」「利平」「出雲」「森早生」など。

 

「和栗」の中で最も有名なものは、丹波栗でしょうか?
でも「丹波栗」というのは、品種名ではないそうです。

 

品種名は「銀寄(ぎんよせ)」「丹沢」「筑波」「石鎚」等。

 

 

tanbaguri       丹波栗(写真/「丹波丹波篠山:丹波栗」)

 

 

丹波栗が全国に広まったのは江戸時代だそうですが、昔は品種という
概念がなく、産地名で呼んだために「丹波栗」といったようです。

 

ということで「丹波栗」というのは
「京都の丹波地方で採れる大粒の栗」のこと。

 

丹波栗は有名なわりには、栗の全生産量の1パーセントに
過ぎませんが、それがまた希少価値を生んでもいるようです。

 

 

kuriwotaberurisu    「栗って、おいしいね!」この方も栗が大好きなのかな?

 

 

 

2 「朝鮮栗」

和栗ときわめて近い品種のものが古くから自生していたとのこと。

 

渋皮が剥きにくいというのは「和栗」と同じですが
「和栗」とは異なり、果肉は割れにくい性質を持つそうです。

 

 

 

3 「中国栗(Castanea mollissima)」

実は小型ですが、渋皮が実に密着していないので、小石で焼いた時に
皮が向きやすく、甘みも多いため甘栗の原料として使われています。

 

日本人にはお馴染みの天津甘栗という名称ですが、これは天津港が
主な海外出荷の拠点であった為に名づけられたものであり
栗自体の名前としては、板栗(バンリー/Banli)という品種。

 

 

tyugokuguri         中国栗(写真/「Chestnut Bark」)

 

 

中国河北地方が原産。
中国栗は天津甘栗には最適ですが、かたさがある為に
調理には向かないとのことです。

 

 

 

4 「アメリカ栗(Castanea dentata)」

北米が原産で「アメリカンチェスナット」ともいわれます。
栗の実だけではなく、木材としても使われる品種ですが
「焼き枯れ病(胴枯病)」によって現在は瀕死の状態だとか。

 

 

amerikaguri

 

 

この写真でもおわかりの通り、かなり小粒ですね。

 

 

amerikakuri        アメリカ栗(写真/「Chestnut Bark」)

 

 

 

5 「ヨーロッパ栗(Castanea sativa)」

南東欧、西アジアが原産で、ヨーロッパを代表する栗のこと。
日本の栗より、やや小さめで渋皮は剥きやすいそうです。

 

このヨーロッパ栗のことは、マロングラッセのお話
「マロングラッセは栗で作っていなかった」
をした時に出てきましたね。

 

 

IMG_5039_convert_20091005220726           フランスの栗、シャテニエ

 

 

大粒のものはマロングラッセに、小粒のものは焼き栗として
食べられることが多いようです。

 

 

 

赤坂「青野」の栗 

さて今日の最初の写真は、赤坂「青野」の栗です。

 

赤坂「青野」の栗も日本の栗ですから「和栗」といえば「和栗」と
いえるのでしょうが、「和栗」というより「赤坂栗」かな?

 

 

141125akasakaaonokuri

 




スポンサードリンク



コメントを残す