「ハッピー離婚式」!?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

hanatabauedhingudoresu1

 

 

「ハッピー  結婚式  離婚式」

今年ももう残りわずかになってきましたね
今日は「ハッピー離婚式」のお話でもしましょうか。

 

「ハッピー結婚式」ではありませんよ、「離婚式」!
「ハッピー離婚式」という会社は
今年の4月に赤坂8丁目にできました。

 

業務内容は、離婚式の企画・運営。
鈴木えみさんという方が代表ですが、彼女は日本初の
女性「離婚式プランナー」なのだとか。

 

私は、女性初云々の前に、そのような資格があることさえ
知りませんでしたが、皆さん知っていました?

 

 

uedhingudoresu

 

 

 

「ハッピー離婚式」を作った理由

代表の鈴木さんは、お友達に離婚を伝えられた時に
戸惑った経験があったといいいます。

 

何と答えたらいいのか、また離婚理由を聞いてもいいのだろうか。
Facebookで離婚を伝えられた時「イイネ!」って押すの?、とかね。

 

「SNS上では結婚や出産の報告はできても、離婚したことは
なかない言いづらいもの。実際に友人等と顔を合わせることで
離婚した本人も報告がしやすいはず」と語る鈴木さん。

 

また、「決して離婚を勧めているわけではないが
自分のブロデュースする離婚式が、誰かの第二の人生を明るく、
楽しく再スタートできるきっかけとなってくれたらうれしい」とも。

 

 

kekkonyubiwa1

 

 

 

「最後の共同作業」

さて、肝心の「ハッピー離婚式」では
どのようなことをするのかといいますと……。

 

ハンマーを手に結婚指輪を2人で叩き割る「最後の共同作業」という
プログラムも選べますが、内容や場所などについては自由とのこと。

 

 

shanpan-200x149

 

 

あんなにかたい結婚指輪を叩き割ることって可能なのでしょうか?
私は、これはちょっと遠慮したいです……。

 

またこの「ハッピー離婚式」は「旧郎旧婦」2人揃って
というのが一般的だそうですが、一人での挙式も可能だとか。
もう会いたくない「旧郎旧婦」もいるでしょうからね。

 

とにもかくにも、自分自身の結婚のけじめや、その結婚を祝福
してくれた人々への、御報告のための離婚式だということです。

 

 

uedhingukekibara

 

 

 

「結婚=幸せ」、でも「離婚=幸せ」

まだ私が20歳位の時のこと、初対面の人たちと話をしている時に
一人の女性が言いました、「離婚したので幸せです」と。

 

聞いていた人は、思わず声をたてて笑ったのですが
すると彼女は、大まじめに言ったのです。

 

「私にとって結婚は失敗だったので
待ち望んだ離婚が実現し、やっと幸せになりました」と。

 

確かに失敗だったと思う結婚もあるのでしょう。
20歳の私は、「結婚=幸せ」で「離婚=不幸」という
単純なものではないのだと理解したことを思い出します。

 

少なくとも彼女は、「離婚=幸せ」だったのです。

 

 

images

 

 

 

子どもは、どう思っているのかな?

一方、離婚する夫婦に子どもがいた場合、子どもはどう思うのでしょう?
かなり前のことですが、こんなツイートを見たことがあります。

 

「結婚がよくて、離婚が悪いんじゃなくて、お母さんが
『不幸』なのが子どもはキツい。少なくとも、私は母が不幸な
ことに小さな時から気づいていて、よく不安になっていた」

 

離婚した夫婦の子どもが、全てこんなふうに思うのかはわかりません。
でも子どもって、お母さんが不幸だととっても悲しい……。
お母さんが幸せだと嬉しいんですよね。

 

 

hanatabauedhingudoresu

 

 

 

私は「ハッピー離婚式」しません!

『日本語俗語辞書』の中に「マルイチ」という言葉があります。
これは「マルイチとは、離婚経験がある人や離婚をしたこと」
をいうのだそう。

 

「バツイチ」という言葉と基本的には同じだそうですが
「経験した離婚に対して良いイメージで使われる」言葉で
第三者というよりは当事者が主に使うという説明がされていました。

 

そう考えてきますと、「ハッピー離婚式」という言葉も
少しも奇異ではなく、すんなりと心に溶け込んでくる気がします。

 

と納得している私がいますが、私は「ハッピー離婚式」はしません!
しないというより、その前の、結婚式が存在しないからね……(涙)。

 




スポンサードリンク



コメントを残す