「ホワイトソルガム」小麦粉の代用としても注目されるソルガム

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

sorugamu1

 

 

 

第4の穀物といわれる「ソルガム」

昨日は、小麦粉に代わりに米粉や、大豆粉を使ったケーキ
御紹介しましたが、小麦粉の代わりに注目をされている
「ソルガム」という穀物があります。

 

これはイネ科の白高きびの一種で、アメリカでは、トウモロコシ、
大豆、小麦に続く「第4の穀物」として注目を集めています。

 

今日、最初につけた写真は「ソルガム」で作ったミニピッツァ。
(「エリカ・アンギャルさんのHappy sorghum Life 」)
とってもおいしそうですね。

 

 

imgres         ソルガム(写真/「myfood.jp」)

 

 

 

15世紀には日本に伝来していた「きび」
〜「Sorghum bicolor」〜

「ソルガム」の原産地はアフリカで、すでに紀元前3000年に
エジプトで栽培されていた穀物です。
イネや小麦が育たない、熱帯、亜熱帯といった乾燥地帯でも生育可能。

 

エジプトだけではなくアジアでも紀元前から栽培されていたといいます。
日本にも15世紀、室町時代には中国から伝来していました。

 

「第4の穀物」などというと、新しく発見、あるいは改良
されたものとおもいきや、昔からあるものだったのですね。
学名は「Sorghum bicolor」。

 

 

d8343-8-152485-1      こんなに大きいものも(写真/「BIGLOBEニュース」)

 

 

 

弥生時代からある「きび」
〜「Panicum miliaceum」〜

一方、この「きび」が15世紀に日本に伝来する以前の弥生時代から
既に日本には、「きび(黍・稷)」という穀物がありました。

 

学名は「Panicum miliaceum」といい、同じ「きび」では
ありますが、両者は別の植物だそうです。

 

「♬ お腰につけたきびだんご、一つ私に下さいな」と
桃太郎が持っていたきびだんごはこちらで作られていたということ。

 

原産地はインドで、実の色が黄色っぽいので
黄色い実 → きび、と呼ばれるようになったといわれています。

 

 

kibi-270x200         きび(黍・稷)(写真/「Wikipedia」)

 

 

 

「ソルガム」の栄養価にも注目 

さて現在、新たに注目されている「ソルガム」ですが
鉄分は白米の約4倍、カルシウムは約2倍、マグネシウムは約5倍
というように、栄養面でもなかなかのすぐれもの。

 

ソルガムは、タンニンの含まれる割合によって4種類に分かれます。
「ソルガム」「タンニン・ソルガム」「ホワイトソルガム」
と「ミックスソルガム」。(「中野産業株式会社」)

 

 

howaitosorugamu-270x200      「ホワイトソルガム」(写真/「富沢商店」)

 

 

「ホワイトソルガム」は苦みのもとであるタンニンを
取り除いたもので、名前の通り色が白く、お料理にも
使いやすいよう品種改良されたものです。

 

 

 

こんなものに変身?

といいとこだらけの「ホワイトソルガム」ですが
あえて欠点といえば小麦粉よりお値段が少々高いようですね。

 

また、この「ソルガム」次の写真を御覧になると
想像ができるかもしれませんが、おもしろいものに変身します。

 

 

sorghum            (写真/「Sorghaum.jp」)

 

 

こんなホウキが出来るそうです!

 

 

surugamuhouki-225x200

 




スポンサードリンク



コメントを残す