「シガール」ヨックモック

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150412yokkumokku

 

 

「ネコの舌」→「葉巻」へ 

ちょうど去年の今頃、六本木に六本木クローバーのお店が
なくなってしまい、ヨックモックに統合されたことを書きました。
「六本木クローバー閉店と六本木ヒルズの雲」

 

私は六本木クローバーも好きですが、ヨックモックも大好き。
ということで今日は、ヨックモックの「シガール」の登場です。

 

葉巻という意味を持つ「シガール」ですが
お菓子の種類としては、ラング・ド・シャですね。

 

ラング・ド・シャとは「ネコの舌」を意味すると
以前、お料理の本で読んだ気がします。

 

 

296ef278fc49975a4a7c11801ce12547

 

 

ちなみにラング・ド・ブーフというものもあって
こちらは「ウシの舌」という意味だそう。

 

当然のことながらネコの舌のラング・ド・シャの方が
薄くて繊細な焼き菓子ということになります。

 

 

130620hiruzenjajirandohimawariusi

 

 

 

1986年、パリで見たお菓子

この薄いラング・ド・シャを葉巻のように巻いた「シガール」。
ヨックモックがこのお菓子をいつ作り始めたのかといいますと
今を去ること29年前、1986年のことでした。

 

チョコレート菓子を作っていたヨックモックの創業者、藤縄則一さんが
競合する会社の発展を目にしつつ何とかしなくては、という思いで
ヨーロッパの視察旅行に行きパリで出会ったのがラング・ド・シャ。

 

帰国後、さっそく試してみましたが薄いラング・ド・シャは
何度作っても割れてしまいます。

 

そんな時、「巻いてみてはどうだろうか?」という職人の一言が
この葉巻(シガー)のように美しく、かつ強度なお菓子を
つくり出すことになったのです。

 

現在は「シガール」は機械で巻いていますが、当時は全て手作業。
これはかなり高度な技術を必要とするものだそうで
どの分野でも、昔の職人さんの技は卓越していたようです。

 

 

150412yokumokuendou

 

 

 

「ヨックモック」の社名はスウェーデンの都市から

パリのラング・ド・シャからヒントを得て生まれた「シガール」ですが
実は社名のヨックモックも、ヨーロッパと関係がある名前だとか。

 

スウェーデンにある森と湖に囲まれた小さな町「JOKKMOKK」が
お菓子のヨックモックの「社名のふるさと」なのだそうです。

 

この地図のスウェーデン北部の「 ● 」のあたりが
ヨックモックのある場所です。

 

 

jokkmokk

 

 

町の名前のスペルは「YOKU  MOKU」ではなくて
スウェーデン語で「JOKK  MOKK」と書くそう。

 

そうそう、そういえばスウェーデンのIKEAにも
「ヨックモック」という名前のダイニングセットがあります。

 

 

ikeajokkmokk    ダイニングセット「ヨックモック」(写真/「IKEA」

 

 

テーブルと椅子が4脚のセットで、なんとお値段は税込みで12,990円。
と思わずテレビショッピング風になってしまうほどのリーズナブルさ。
デザイナーは、Carina Bengs。

 

 

 

明日はこちらのお店

日本のヨックモックのお菓子「シガール」はパリのお菓子からヒントを
得たもので、社名のヨックモックはスウェーデンの都市の名前でした。

 

明日は、全く別の国のヨックモックのお店を御紹介したいと
思っていますが、どこの国だかおわかりでしょうか?

 

文字でわかっちゃいますね。

 

 

150412yokumoku            (写真/S子ちゃん)

 




スポンサードリンク



コメントを残す