「サモトラケのニケ」 を象ったビル

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

samotorakenonike

 

 

 

このビルはどの都市に似合うかな?

さてさて、昨日のアラブ首長国連邦のアブダビには
近い将来、ルーブル美術館の分館が出来るということでした。

 

ということで、昨日のキャピタル・ゲート・アブダビの18度傾いた
ビルに、勝るとも劣らないビルが今日の写真です。

 

ルーブル美術館にある「サモトラケのニケ」を
モチーフにした大胆なビル。

 

すごいインパクトですよね。
こちらがアップの写真ですが、うお〜っ!です。

 

 

samotorakenonikepiruup

 

 

美しいと絶賛する声が渦巻いていますが
私は正直に言うとちょっとこわいです。

 

こんなにインパクトのあるビルは、一体どこにあるの?
と思いますが、残念ながら実際にはまだどこにもありません。

 

これはロシアの建築家、ヴァシリー・クリューキン(Vasily Klyukin)
が「実現したい未来」としてサイトに公開している
コンセプトデザイン。(「Don Japan」

 

 

 

ルーブルの至宝「サモトラケのニケ」

ルーブル美術館のサモトラケのニケといえばこちらですね。

 

 

150417midtownsamotorakenonike

 

 

フランス語では「 Victoire de Samothrace,」
英語ですと「 Winged Victory」、
全然わかりませんがギリシア語は「Νίκη της Σαμοθράκης」だそう。

 

2014年7月、ルーブルの至宝、サモトラケのニケは10カ月の
修復作業を終えて、大理石本来の白い輝きを取り戻しました。

 

 

 

ニケとは勝利の女神の名前

1863年、ハドリアノポリス(トルコ)のフランス副領事だった
シャルル・シャンポワソは、エーゲ海の北東サモトラキ島で
見つかった数多くの断片をフランスに送ります。

 

 

 

MilosSamothraki

 

 

 

それらの断片は一年後の1864年ルーブル美術館につき、修復作業の後
1866年に現在の形ではなく体の主要部分のみが展示されたようです。

 

サモトラケのニケの頭部、腕や足は見つからずに復元されず
1884年の修復後には現在の展示場所である、ルーブル美術館の
ダリュの階段の踊り場に展示されることになりました。

 

 

samotorakenonike

 




スポンサードリンク



コメントを残す